コーディネート

【写真付き解説】低身長で太めのメンズにおすすめのお手本コーデ18選

2022年4月15日

「低身長で太めのメンズにはどんな服装が合うのかな?」

身長が160㎝代で太めの方は、何を着てもマネキンのようにカッコよく決まらず、オシャレが楽しくないと感じている人も多いのではないでしょうか。マネキンなどは元のスタイルがよく作られているので、同じ格好をしてもオシャレにならないケースがあります。

低身長で太めのメンズにおすすめなのは、シルエットを意識したコーディネートです。スタイルが悪く見える原因は全身のバランスが関係しているので、シルエットでバランスを整えてあげることが大切です。

この記事では低身長で太めのメンズにおすすめのお手本コーデ18選を紹介します。

低身長で太めなメンズにおすすめのコーディネート

heading-126-man-clothes-

低身長で太めな方は、どんな服を着ても野暮ったく見えてしまい、オシャレを楽しめずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

全身のシルエットとバランスを考えたコーディネートにするだけで、野暮ったい印象を拭い、スタイルを良く見せることができます。

この章では低身長で太めなメンズにおすすめのコーディネート例を紹介します。

上半身にボリュームのあるアイテムを選ぶ

coordinate-257-blouson-shirt-denim-leather-shoes-small-big

(出典:wear,「まさる氏」

低身長で太めの方は上半身にボリュームを持たせたYラインシルエットがおすすめです。

Yラインシルエットとは、アルファベットのYをイメージさせたシルエットのことを指し、スタイルアップ効果があります。

上半身はゆとりを持たせたブルゾンでボリュームを出し、下半身は体格に合ったサイズを選ぶだけで綺麗なYラインシルエットに仕上がります。

トップスは首まわりが詰まっていないものを

coordinate-258-nothing-shirt-denim-sneakers-small-big

(出典:wear,「tetetete」

トップスは首まわりが詰まっていないものがおすすめです。胸板の厚さが強調されることで太さが際立つので、Vネックやボートネックのトップスで首周りをスッキリさせましょう。

アウターは収縮色で引き締める

coordinate-263-coat-sweat--sneakers-small-big

(出典:wear,「ひぐまさん」

アウターの色は黒やネイビーなどの収縮色を選び、引き締まったコーディネートを意識しましょう。

白や赤などの明るい色は膨張色と呼ばれ、膨らんで見えるのに対し、黒やネイビーなどは収縮色と呼ばれ、細く見せてくれます。

黒のアウターを着ることでスタイリッシュな印象にも仕上げることができるのでおすすめです。

全体のバランスは縦のシルエットを意識

coordinate-266-coat-t-shirt-slacks-sneakers-small-big

(出典:wear,「がきお」

低身長で太めの方は縦のシルエットを意識したIラインシルエットもおすすめです。

Iラインシルエットとは、アルファベットのIをイメージしたシルエットのことで、身長を高く見せてくれるなどのスタイルアップ効果があります。

全身細身のアイテムを選べばIラインシルエットにすることはできますが、細すぎてピチピチになってしまうと格好悪いです。例え細身のアイテムでなくても、体格に合ったサイズで上下を合わせれば、Iラインシルエットに仕上げることができますよ。

パンツは細身でストレッチが効いたものを

coordinate-248-nothing-t-shirt-slacks-leather-shoes-small-big

(出典:wear,「TAKUMA」

パンツは細身でストレッチが効いたものを選びましょう。

太い方が細身のパンツを履くと、ピチピチになり着心地がどうしても悪くなってしまいます。ストレッチが効いているものであれば楽に着こなすこともできますし、細身なのでスタイルも良く見えておすすめです。

ドレス:カジュアルを7:3にする

coordinate-256-jacket-t-shirt-set-up-leather-shoes-small-big

(出典:wear,「ぽぽ」

ドレスとカジュアルの割合を7:3にすると、大人っぽく見えるのでおすすめです。

身長が低いと幼い印象を与えてしまいますが、ドレスライクなアイテムを着れば、大人っぽさを演出することもできます。

ただし、アイテムの全てをドレスライクなものにするときっちりしすぎてしまいます。セットアップのインナーがTシャツにするなど、ワンポイントにカジュアルさを加えるのがコーディネートのコツです。

低身長で太めなメンズにおすすめのファッション8選

heading-111-man-clothes-

ファッションは季節ごとに変えていく必要がありますが、どの季節にどんな服装が似合うのか悩ましいですよね。低身長で太めのメンズで、スタイル良く見せたいと思うと特に困ってしまいます。

この章では低身長で太めなメンズにおすすめのファッション8選を季節別に紹介します。

春のスタイルUPコーデ

coordinate-265-shirt-t-shirt-chino-pants-sneakers-small-big

(出典:wear,「kaaaaz」

春にはストライプ柄のシャツでスタイルアップさせましょう。

縦のラインが入ったものをストライプ柄と呼びますが、ストライプは体型が気になる人には特におすすめの柄で、縦のシルエットを意識させることができ、横幅をカモフラージュしてくれます。

coordinate-261-jacket-t-shirt-set-up-sneakers-small-big

(出典:wear,「ひぐまさん」

セットアップは春の大人コーデにぴったりのアイテムです。

セットアップは簡単に着こなすことができるので、ファッション初心者の方におすすめです。白Tシャツを合わせるだけで女性ウケの良いキレイ目コーディネートの完成です。

夏のスタイルUPコーデ

coordinate-254-shirt-t-shirt-half-pants-sneakers-small-big

(出典:wear,「Shinshin」

夏にはシャツで涼しさを出しつつ、上半身にボリュームを持たせたYラインシルエットのコーディネートがおすすめです。

夏に大活躍のパンツは、下半身をスッキリさせてくれるアイテムです。肘が隠れる程度のゆとりあるシャツと組み合わせてオシャレに着こなしましょう。

coordinate-253-nothing-t-shirt-chino-pants-sandal-small-big

(出典:wear,「NISHIDAX」

白と黒だけのシンプルさを追求したモノトーンコーデも夏におすすめです。シンプルさゆえの上品さがあり、スタイリッシュなコーディネートに仕上がります。

またタックインは腰の位置が高くなるので低身長の方におすすめのテクニックです。更にサンダルを履いて、夏らしい着こなしを目指しましょう。

秋のスタイルUPコーデ

coordinate-264-coat-shirt-slacks-sneakers-small-big

(出典:wear,「ひぐまさん」

秋にはロングコートを使ったYラインシルエットのコーディネートがおすすめです。

秋は寒くなってくると、上半身の着用アイテムが増えて、どうしても着ぶくれしてしまいます。そんな時は収縮色のアイテムで揃えれば引き締まって見せることが可能です。

コーディネートはシルエットと配色でスタイルUPを目指しましょう。

coordinate-268-coat--sweat-sneakers-small-big

(出典:wear,「harabow1971」

体のサイズに合った上下のアイテムを着て、Iラインシルエットのコーディネートに仕上げましょう。

ステンカラーコートは襟のあるコートで、大人っぽさを演出してくれるので低身長の方におすすめのアイテムです。足元をスニーカーにすることで程よいカジュアルさが加わり、出かけ先を問わないコーディネートになります。

冬のスタイルUPコーデ

coordinate-232-blouson-knit-slacks-sneakers-small-big

(出典:wear,「なぎ」

低身長で太めの方は、冬は上半身にボリュームを持たせるようにしましょう。

冬にはニットなどの厚手のアイテムが多く、必然的にボリュームが出てしまいます。太めの方にとってはボリュームができるのは避けたいところですが、下半身をスッキリさせることで全身をスマートにまとめることもできます。

ニットにブルゾン、細身かストレートのパンツを合わせてYラインシルエットを意識しましょう。

coordinate-244-coat-sweat-denim-sneakers-small-big

(出典:wear,「Shinshin」

低身長の方は上半身と下半身のカラーを同系色のものにしてスタイルを良く見せるのもおすすめです。

上下同系色にすることで腰の位置がカモフラージュされ、スタイル良く見せることができます。また、袖で手が隠れるほどの大きめのアウターを着ることでYラインシルエットにもなるのでおすすめです。

【年齢別】低身長で太めのメンズファッション

heading-197-man-clothes-stand

年齢に合った服装選びは好感を持ってもらう上で大切なポイントになります。

この章では年齢別の低身長で太めのメンズファッションを紹介します。

スタイルアップを意識したシルエットや配色のコーディネートを紹介するので是非参考にしてください。

10代・高校生・大学生

coordinate-262-mountain-sweat-chino-pants-sneakers-small-big

(出典:wear,「ひぐまさん」

大学生までの年代はフレッシュさのあるコーディネートがおすすめです。

学生の間は全身キレイ目で揃えるよりも、カジュアルさを出したコーディネートが好感が持てます。

黒のマウンテンパーカーで上半身を引き締めて、スウェットやカーゴパンツ、スニーカーなどでカジュアルテイストのコーディネートに仕上げましょう。

20代

coordinate-259-coat-shirt-slacks--small-big

(出典:wear,「はやと」

20代は学生から社会人へと変わり、コーディネートにも大人な雰囲気を出していけると良いでしょう。

ブラウンのステンカラーコートで重厚感と大人っぽさを出して、インナーにストライプ柄のシャツを着ることで縦ラインを意識したIラインシルエットのコーディネートに仕上げましょう。

30代

coordinate-260-coat-knit--leather-shoes-small-big

(出典:wear,「Apparelkun」

30代はインナーとパンツ、靴を黒に統一することでスタイリッシュな印象になります。また、トレンチコートにスキニーを合わせてYラインシルエットにすれば、年齢に合ったスタイルUPで大人の余裕を見せることができます。

40代・50代

coordinate-267-jacket-knit-chino-pants-leather-shoes-small-big

(出典:wear,「野坂幸史」

40代や50代の方は素材に拘ったベーシックなアイテムで上品さを演出するのがおすすめです。

ツイード素材のジャケットは季節感を出してくれる、秋や冬にぴったりのアイテムです。チノパンと革靴を合わせることで気張りの無い上品な着こなしになります。

プロにコーディネートを任せるのもおすすめ

30-50の大人になると自分でトレンドを勉強したり、スタイルアップできる服を探す時間が無いという方もいますよね。

そんな方にはプロのスタイリストに買い物同行してもらうサービスがおすすめです。

トレンドにあった服をデートや婚活用、日常使いなど一人一人の使用用途に合わせた服を選んでくれます。

事前ヒアリングがあるので当日の不安をなくせるのも良いですね。

Fukujoy

Fukujoy(フクジョイ)は、まず2時間22,000円からというコスパが魅力です。3時間の買物同行と撮影がついて29,700円というコスパプランも存在します。

「買物同行で1ランク上の自分に」をコンセプトに、1000人に迫るコーディネート実績と、同会社の撮影サービスPhotojoyは47都道府県で展開しているという信頼のあるサービスです。

スタイリストはアパレル業界の経験者など知識も豊富で、事前ヒアリング等でも利用者の要望を聞いてくれるコミュニケーション能力の高い方ばかりです。

現状でも全国12拠点という幅広いエリアでサービスを展開しています。

低身長で太めのメンズは細身に見えるアイテムを選ぼう

man jacket smartphone

低身長で太めのメンズはマネキンと同じような格好をしても格好よく決まりません。しかしシルエットを意識したアイテムを選ぶことでスタイル良く着こなすことができます。

低身長で太めのメンズはスタイル良く見せるために細身に見えるアイテムを選んでオシャレを楽しみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

koji

アプリはこれまでペアーズ、タップル、with、Tinderを使用。withは1カ月で1000いいねover! マッチンアプリ専門のカメラマンとしても活動中:フラッシュ撮影: プレイヤー側、アドバイス側の両視点を持って、書かせてもらいます! 新居でカーテンが欲しい

-コーディネート