コーディネート

【2022年6月メンズ】梅雨の6月!快適に過ごせる服装を紹介

2022年5月24日

asotaro

コーディネート同行サービスFUKUJOYの責任者。関西出身、新卒で上京。母親は元アパレル店員。父親は新聞記者。「メンズの一張羅はシャツとジャケット」がモットー。恋活・婚活に悩むすべての男性にオシャレを楽しんでもらいたいという思いで執筆。趣味はAPEX LEGENDS。ランクはマスター。

6月は暑くなってきて半袖でも過ごせるかなという気候になってきます。
しかし、ここで考えものなのが梅雨です。

「暑いのに雨が降って、濡れた身体がエアコンで冷えて寒い。」みたいなお出かけを一度は経験したことがあると思います。

季節感を持った着こなしができていますか?
カッコいい雨グッズを持っていますか?

YESと答えるか少しでも悩んでしまうメンズは、ぜひこの記事を参考にしてください。

この記事では、メンズの快適でオシャレな6月の着こなしを紹介します。

【2022年5月メンズ】暑さを感じ始める5月!爽やかな服装を紹介
【2022年7月メンズ】夏の7月!暑さに負けず快適に過ごせる服装を紹介

2022年6月にメンズにおすすめの服装

June

最初に2022年6月のメンズにおすすめの服装を紹介します。
気温や季節感を踏まえて紹介していきますね。

最高気温が30度を超える日は半袖

June-temperature

(出典:accuweather,「2021年6月」

まずは、気温の紹介ですが平均気温は27度程度になります。30度を超える日であれば、1日中半袖で過ごせる気候です。したがって気温で考えれば、半袖か薄手の羽織程度があればよいと捉えましょう。

最低気温は20度前後の日は、人によっては羽織もの

coordinate-632-jacket-t-shirt-denim-leather-shoes-small-aged

(出典:wear,「Hiro Funatou」

6月は梅雨の季節なので、雨の翌日などは気温が少し下がりがちです。

最低気温が20度程度の日であれば、カーディガンなどの羽織があると安心です。
気温が低くても、湿度が高いので大ぶりのコートなどを着ると暑くなってしまいます。

風通しの良い素材のアイテム

coordinate-585-shirt-t-shirt-chino-pants-sneakers

(出典:wear,「takumi」

6月は暑さに加えて湿度が高いことで、少し過ごしづらい季節です。
麻やシアサッカー素材、薄手のアイテムを選んで風通しを良くしましょう。鹿の子編みのポロシャツも良いでしょう

風通しが悪いと熱がこもって単純に暑いですし、汗を逃がすことができないと体臭も発生してしまいます。

汗を吸うインナー

6月は汗を気にして過ごしましょう。
汗をかく量は7、8月の方が多いはずですが6月の汗は乾きづらいので、対策が必要です。

具体的にはインナーを、できることならUNIQLOエアリズムなどの吸水速乾や防臭効果のある機能性インナーを使いましょう。

柄物やアクセサリーを取り入れる

hare-silver-bracelet

(出典:HARE,「バングル」

これは季節というよりトレンドの話ですが、2014年あたりから最近までノームコアというシンプルなものが流行でした。

2022年ではノームコアが飽きられてきており、色柄やシルエットに少しデザイン性のあるファッションが好まれるようになってきました。
そこで、アクセサリーや柄物を積極的に使ってみましょう。

アクセサリーならば、細めのシルバーやレザーのブレスレット・ネックレスなら上品で悪目立ちしません。

2022年6月にメンズおすすめの服装・コーディネート12選

次に2022年6月のメンズにおすすめの、具体的なコーディネートを紹介します。
気温や季節感を踏まえて紹介していきますね。

薄手のシャツとTシャツで涼しげに

coordinate-630-shirt-t-shirt-wide-pants-leather-shoes

(出典:wear,「Paraboot_shop_staff」

薄手のシャツとTシャツを使うことで、清涼感のあるコーデになっています。
下半身を黒のパンツと黒の緩和靴でしっかりと引き締めることで、全体がだらしなく見えないようにバランスを取っています。

Tシャツにシャツを羽織るコーデは基本なので、ぜひ覚えておきましょう。

シンプルなブラウンコーデをTシャツで遊ぶ

coordinate-620-nothing-t-shirt-slacks-leather-shoes


(出典:wear,「sshuho」

全体をブラウン系でまとめた、ナチュラルな雰囲気のあるコーデですね。
ここでも靴は、黒のローファーを選んでいるので、大人っぽい印象をプラスできています。

Tシャツは無地ですが、袖を折り返すと色が変わるデザインになっており、とてもオシャレです。
ブレスレットを使う小物使いも、トレンドを押さえていますね。

黒コーデはベージュを合わせて明るさを足す

coordinate-625-shirt-t-shirt-chino-pants-sneakers-small


(出典:wear,「Oshuman」

黒のシャツに黒のパンツのブラックコーデです。
たしかに、モノトーンは女子ウケも良いですが全身黒だと重たすぎます。
ここでは、インナーにベージュを使うことで軽さを出していますね。

明るいベージュは春や初夏に季節感を感じる色なので、積極的に使っていきましょう。
タックインしてスタイルアップさせていることも、オシャレなポイントです。

ワイドなカーゴパンツはシャツを合わせて上品に

coordinate-631-nothing-shirt-wide-pants-sneakers-small


(出典:wear,「D.nakamura」

ワイドなカーキのカーゴパンツです。アイテム単体で見れば、かなり無骨です。
そこにシャツを合わせることで、大人のカーゴパンツコーデに仕上がっています。
ボタンを上まで留めて最大限に上品さを出しています。

ちなみに、カーゴパンツはポケットなどの装飾があるので、今のトレンドになりつつあります。
少しオシャレに慣れてきたら、取り入れてみるのも良いですね。

テーパードパンツとカーディガンは万能性が高い

coordinate-632-jacket-t-shirt-denim-leather-shoes-small-aged


(出典:wear,「Hiro Funatou」

デニムのアンクル丈のテーパードパンツとキャメル色のカーディガンを合わせた、リラックスした雰囲気のコーデです。
カーディガンは羽織として活躍するシーンが多いです。

テーパードのきいたデニムはスタイルを良く見せる上品さがありつつ、カジュアルさもあるアイテムです。
カーディガンと靴の色をブラウン系のトーンで合わせているのも、統一感があっていいですね。

チェックシャツもタックインしてモードに仕上げる

coordinate-633-shirt-t-shirt-skinny-denim-sneakers-small


(出典:wear,「KCBB」

こちらは、シャツに黒スキニーを合わせた王道コーデになります。
ただ、シャツをチェック柄にしてアクセントを加えていますね。

チェック柄は子どもっぽく見えがちですが、タックインすることで上品に見せています。
また、全体のシルエットをジャストサイズにすることで、スマートに見えてスタイルアップ効果があります。

Tシャツのレイヤードとグルカサンダルで夏っぽく

coordinate-634-nothing-t-shirt-slacks-sandal


(出典:wear,「Ryunosuke Nakayama」

Tシャツをレイヤードして色を変えることで、表情が出ます。パンツもネイビーで合わせることで、スマートな印象にを与えていますね。
サンダルだとカジュアルすぎるなという時に、グルカサンダルがおすすめです。

レザーのベルトを編み込んだ形になっており、革靴のような上品さも少し持っています。
最近のトレンドなので、持っておくと使いやすいアイテムです。

ゆるいシルエットの白ベースコーデ

coordinate-635-shirt-t-shirt-wide-pants-sneakers


(出典:wear,「daisuke」

オフホワイトのワイドパンツに白Tシャツと、ブラウンのカーディガンを合わせた、白ベースのグラデーションコーデになります。
濃さの違う色を合わせていくのも統一感を持たせられてオシャレな着こなしです。

靴は黒にして全体がぼやけないようにしています。ただ、革靴ではなくスニーカーにすることで軽さが消えないようにしているのもオシャレなポイントです。

ONでもOFFでも使えるジャケパンスタイル

coordinate-636-jacket-shirt-slacks-leather-shoes-small-aged


(出典:wear,「Jirorhythm」

セットアップではなく、ジャケパンスタイルのコーデです。シルエットもゆるめではなくジャストサイズを選んでいるのでかっちりした雰囲気になりますね。

大人のメンズがONのジャケパンスタイルをするなら、こういったスマートな着こなしが渋くてかっこいいです。
ここに、スニーカーを合わせるとより季節感が出ますね。

長めのシャツと短いハーフパンツでメリハリとリラックス

coordinate-626-shirt-t-shirt-half-pants-sneakers


(出典:wear,「小野 文也」

長めのシャツと短いハーフパンツを合わせたリラックスコーデです。
蒸し暑い日には、ハーフパンツが過ごしやすくていいですね。

長さでメリハリをつけているところが、普通に見えなくてこなれ感がありますよね。
足元はサンダルを合わせていますが、アウトドアにも使えるような機能性の高いサンダルなので、歩きやすさと涼しさの両取りです。

サマージャケットでONにも対応

coordinate-638-jacket-t-shirt-slacks-sneakers

(出典:wear,「山手 匠」

サマージャケットを使えば、蒸し暑い気候の日でもジャケットを使うことができます。

サマージャケットには明確な定義はないですが、麻素材や薄手の清涼感のあるものの通称です。
ジャケットは難しいように見えて、さらっと羽織れる便利なアイテムなので、夏用にも一着持ってるとコーデの幅が広がりますよ。

セットアップにボーダーでカジュアルダウン

coordinate-640-jacket-t-shirt-slacks-sneakers


(出典:wear,「SHIN FUJITA」

セットアップはきちんとした印象がある分、堅苦しく言えてしまう可能性はあります。暑い季節になるとなおさらです。
そこで、インナーにボーダーなどのカジュアルなものを入れるといっきに季節感が出ます。

暗めのトーンではなく、グレーのセットアップなのも明るさがあって良いですね。
OFF使用のセットアップコーデですが、女性とのデートにも対応できるハイブリッドです。

▼気温別の服装が気になる方はこちら
最高気温20度で着て行けるメンズの服装をズバリ12例紹介!
【最高気温25度】メンズの服装をズバリ12例紹介!もう迷わない!

2022年の6月に持っておきたいアイテム

clothes

2022年6月にメンズおすすめのコーディネートを紹介してきました。

次は6月に持ってると便利なおすすめアイテムを紹介します。

サマージャケット

coordinate-391-set-up-t-shirt-set-up-sneakers-young

(出典:wear,「syun.」)

まずはサマージャケットです。
先ほどのコーデでも紹介しましたが、サマージャケットには明確な定義はないですが、麻素材や薄手の清涼感のあるものの通称になります。
セットアップが流行している最近では、サマージャケットも豊富にあります。

麻素材や生地に凹凸のあるシアサッカー素材は清涼感があるのでおすすめです。
選ぶときは少し明るめのネイビーや、ベージュ、グレーなどが使いやすいですよ。

雨用の靴

moonstar

(出典:moonstar,「810s」

雨の日に使う靴を用意しておきましょう。雨の日に白スニーカーや革靴は使えないですよね。
おすすめの雨靴はmoonstarというブランドのスニーカーです。

moonstarは誰でも履いたことのある、上履きで有名なブランドです。最近810sというファッション性の高いラインが誕生しました。
そのラインは様々な作業靴をモチーフにした靴なので、耐久性が非常に高いです。
そのスニーカーにはレインブーツもありますし、合皮で作られているので雨にも最適です。

良い傘を使う

umbrella

(出典:amazon,「ポロラルフローレン」

お気に入りの雨傘は持っていますか?コンビニでも傘は買えますし、いつも使うものじゃないですがカッコいい傘を持っているのも、梅雨を楽しむ1つの方法です。

また、一見普通の黒い傘だったとしても、柄の部分がオシャレな木製だったりすると、大人の男性の雰囲気が出てきますよ。
普通ならあまり気にしないところにこだわっていると、いざという時にオシャレさんになれちゃいますよ。

プロにコーディネートを任せるのもおすすめ

ファッション初心者さんだと自分でトレンドを勉強したり、女子ウケの良い初デート服を探す自信が無いという方もいますよね。

そんな方にはプロのスタイリストに買い物同行してもらうサービスがおすすめです。

トレンドにあった服をデートや婚活用、日常使いなど一人一人の使用用途に合わせた服を選んでくれます。

事前ヒアリングがあるので当日の不安をなくせるのも良いですね。

買い物同行サービス:FUKUJOY

サービス名FUKUJOY(フクジョイ)
運営株式会社アルファブル
コーディネート実績グループ全体1,000人以上(2022年7月末現在)
価格11,000円~
コーディネート時間90分~
コーディネートエリア12都道府県(北海道・秋田・宮城・神奈川・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・奈良・広島・福岡)
コーディネートプラン90分、2時間、4時間、コーディネート+撮影
コーディネートオプション全プラン内に事前ヒアリング込み、1週間程度のアフターフォロー

買い物同行サービス/パーソナルスタイリストって何?

服の専門家であるスタイリストが、
あなたの買い物に同行して服やコーディネートを選んでくれるというサービスです。
一般的にスタイリストはテレビや雑誌で活躍していますが、
パーソナルスタイリストはそれを個人が受けられるサービスです。
もちろんファッション初心者の方にはオシャレの一歩目としておすすめですし、
もっとオシャレになりたい方や服を選ぶ時間の無い社会人にも役に立つサービスです。

FUKUJOYの何がおすすめなの?

恋活・婚活に特化していること
料金がリーズナブルなこと
スタイリストのコミュニケーション能力が高いこと

上記の3つがおすすめFUKUJOYのポイントです!
FUKUJOYは母体がアルファブルという男性事業に特化した会社なので、
グループ全体として女性ウケを得意としています!
プラン料金に関しては2時間30,000円程度が相場ですが、
FUKUJOYは90分11,000円からサービス展開
しており、
事前ヒアリングやアフターフォローなどもプラン料金に含まれています!
FUKUJOYはスタイリストの採用の際に必ず面談を行い、
利用者に寄り添ったコーディネート、やり取りができるかを重視して採用しています。
よって、ファッション初心者の方には特に使っていただきたいサービスです。

6月のジメジメ時期も快適に過ごせる服装を覚えよう

coordinate99

どうでしょうか?
6月になって暑いのにじめじめするような気候でも、オシャレを楽しめそうでしょうか?

コーデの工夫やアイテムを使うことで、快適に過ごすことができるので、この記事を参考にしてオシャレに過ごしちゃいましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

asotaro

コーディネート同行サービスFUKUJOYの責任者。関西出身、新卒で上京。母親は元アパレル店員。父親は新聞記者。「メンズの一張羅はシャツとジャケット」がモットー。恋活・婚活に悩むすべての男性にオシャレを楽しんでもらいたいという思いで執筆。趣味はAPEX LEGENDS。ランクはマスター。

-コーディネート