ビジネス

オーディションでは写真が大事!合格できる写真の撮影方法は?

asotaro

コーディネート同行サービスFUKUJOYの責任者。関西出身、新卒で上京。母親は元アパレル店員。父親は新聞記者。「メンズの一張羅はシャツとジャケット」がモットー。恋活・婚活に悩むすべての男性にオシャレを楽しんでもらいたいという思いで執筆。趣味はAPEX LEGENDS。ランクはマスター。

オーディションにおいて最初の難関である書類審査を突破するためには、写真は非常に重要な要素になってきます。
これはモデル、アイドル、タレント、女優、声優に限らずどのジャンルでも言えます。

しっかりとオーディションの写真にこだわっていますか?

審査員はその道のプロですし何千何万とオーディション写真を見てきています。

審査員の目を引くような素敵な写真を使って、オーディションをどんどん通過しちゃいましょう!

絶対やめて!NGなオーディション写真

heading-420-woman--surprise

まず最初に落選確率の高いNGなオーディション写真を紹介します。

画質の悪い写真、加工の強すぎる写真

まず画質の悪い写真は熱意すらも伝わらないのでNGです。
スマホのインカメラだったり離れすぎた写真だと顔がわかりずらくなるので、なるべくアウトカメラで顔がわかる距離で撮影しましょう。
また、加工していることが一目でわかる写真もやめましょう。
「本当の顔がわからない。」と判断されてしまうという点においては、画質の悪い写真と同レベルです。

複数人で写っている写真やカジュアルすぎる写真

集合写真の楽しかった想い出はとても共感できるのですが、オーディションの写真には適さないと言えます。
カジュアルすぎるスナップ写真なども個性は出ますが、貴方自身の姿を適切に伝える必要があるのでオーディションという場所には適さない写真です。
多少のカジュアルさや個性のある写真は場合によっては、サブ写真などで使えることもあります。

フレームとのバランスが悪い写真

これは素人が撮ったり、自撮りをするとよく起こる現象です。
オーディション写真ではバストアップと全身写真が必要になると思いますが、どちらの写真もフレームとのバランスが重要になってきます。
トリミングをすれば位置の修正はできますが、真正面から撮ったり自分が綺麗に見える角度から正確に撮影することは素人では難しいのです。
被写体の良さを引き出すには、ある程度撮影を経験して構図の意識を持つことが必要になってきます。

良いオーディション写真の要素

heading-469-woman-korean-smile

次にこれだけは押さえておきたい、良いオーディション写真の要素を3つ紹介します。

背景がすっきりしている

背景が無地である必要はありません。屋外でも屋内でも大丈夫です。
しかし、意外と気にできていないのが背景です。背景は写真の良し悪しを決める際にとても重要になってきます。
もちろん、応募しているのはあなた本人ですが、貴方の魅力を引き立ててくれるのが背景です。

服装はシンプルで体型を活かすもの

奇抜すぎる服装や体型の全く出ない服装はやめましょう。
女性であれば少しタイトなワンピースやブラウスとスカートなんかも良いでしょう。
ロング丈のスカートやゆとりのあるパンツは、脚が見えなくなるので避ける方が良いでしょう。
色も原色など奇抜なものは避けましょう。モノトーンが無難ですが、
パーソナルカラー診断などで似合う色を見つけて使うと顔が明るく見えますよ。

晴れの日に撮影した写真

自然光は光のバランスが良く、あなたを明るい表情にしてくれます。
その中でも晴れの日の太陽光が最も良い光と言えるでしょう。
屋内で撮影する際にも窓から入ってくる光はとても重要になってきます。
こういったことから撮影は晴れの日が吉です。
ロケ撮影であれば自然光を存分に取り入れられるので、表情もかなり明るくなり肌もきれいに写ります。

オーディション写真でおすすめの撮影方法

最後にオーディション写真においておすすめの撮影方法を紹介していきます。

スマホのカメラでもOK!

最近のスマホはかなり高画質になっているので、オーディション写真の撮影にも対応できます。
もしスマホのカメラで撮影する際は、インカメラではなくアウトカメラを使うようにしましょう。
なるべく自分一人ではなく友達や家族に撮ってもらって、同じカットでも何枚も撮るようにしましょう。

スタジオ撮影

スタジオに撮影を依頼すればプロのカメラマンに撮ってもらえるので、自分で背景やポージングを気にする必要がありません。
間違いなく良い写真が撮れるといえるでしょう。
ただ、背景は多くないので個性を出すという点は、少しデメリットと言えるかもしれません。
また、料金も安くはないので2万円程度は必要になるかもしれません。

出張ロケ撮影サービスを依頼する

まとめ

いかがだったでしょうか?

今まではなんとなく撮影していたかもしれないプロフィール写真ですが、
こだわることでオーディションの合格率は格段にアップします。

この記事を参考にして合格できるオーディション用のプロフィール写真を撮影しましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

asotaro

コーディネート同行サービスFUKUJOYの責任者。関西出身、新卒で上京。母親は元アパレル店員。父親は新聞記者。「メンズの一張羅はシャツとジャケット」がモットー。恋活・婚活に悩むすべての男性にオシャレを楽しんでもらいたいという思いで執筆。趣味はAPEX LEGENDS。ランクはマスター。

-ビジネス