コーディネート

太め・ぽっちゃりメンズがオシャレに見える春の着こなしコーデ12選

2022年4月8日

fat-corde-men-spring

「太め・ぽっちゃりメンズがオシャレに見える春の着こなしが知りたい」
「似たような体型のモデルのコーディネートを参考にしたい」

新生活が始まる春。
春は新しい出会いにワクワクすると同時に、自分が初対面の人にどう思われるか気になって、緊張することもあると思います。

自分の体型にあったコーディネートができていますか?
お花見に向かうその姿に清潔感はありますか?

もし、この質問に自信をもってYesと言えないなら、一旦立ち止まってぜひこの記事を読んでください。

この記事では、太め・ぽっちゃりメンズがオシャレで、清潔感のある春の着こなしを紹介します。

太め・ぽっちゃりメンズだからこそ似合うコーディネートを取り入れて、新しい出会いを良い思い出にして、最高の新生活をスタートさせましょう!

太めメンズが春にオシャレになれる着こなしのコツ

heading-201-man-nothing-smile

体型の大きい方は雑誌やネットに載っているモデルや着こなしは、自分と違いすぎて参考にならない。なんてこともあるのではないでしょうか。

ここでは、体型に合った着こなしのコツを3つ紹介しますので、ぜひ覚えてみてください。

プロにコーディネートを任せるのもおすすめ

ファッション初心者の方だと自分でトレンドを勉強したり、服を探す自信が無いという方もいますよね。

そんな方にはプロのスタイリストに買い物同行してもらうサービスがおすすめです。

トレンドにあった服をデートや婚活用、日常使いなど一人一人の使用用途に合わせた服を選んでくれます。

事前ヒアリングがあるので当日の不安をなくせるのも良いですね。

Fukujoy

Fukujoy(フクジョイ)は、まず2時間22,000円からというコスパが魅力です。3時間の買物同行と撮影がついて29,700円というコスパプランも存在します。

「買物同行で1ランク上の自分に」をコンセプトに、1000人に迫るコーディネート実績と、同会社の撮影サービスPhotojoyは47都道府県で展開しているという信頼のあるサービスです。

スタイリストはアパレル業界の経験者など知識も豊富で、事前ヒアリング等でも利用者の要望を聞いてくれるコミュニケーション能力の高い方ばかりです。

現状でも全国12拠点という幅広いエリアでサービスを展開しています。

Yラインを意識してパンツを細くする

太め・ぽっちゃりメンズがスッキリと見せるためには、シルエットにメリハリをつけることがおすすめです。
その中でもYラインシルエットが一押しです。ボリューミーなアウターやトップスに、細身のパンツを合わせることで、上半身の体系をカバーしスッキリ見せることができます。

下半身が大きい方は、パンツをUNIQLOでも大人気のテーパードパンツを使うと楽に着こなせます。
テーパードパンツとは、腰回りはゆったりしていて、裾にかけて細くなっていくパンツのことです。
ストレッチ素材のものもあり、履き心地は楽なのに裾が細いので脚がスッキリ見えます。

また、裾が長すぎても野暮ったくなるので、その場合は裾上げしてもらいましょう。UNIQLOでは購入商品は無料で裾上げしてもらえます。
UNIQLO以外でも、街のお直し屋さんもあるので、ぜひ利用してみてください。

羽織りを使ってスタイルアップさせる

Tシャツやシャツ1枚ではなく、ジャケットやコートなどの羽織を使いましょう。
羽織を使うことで縦の長さが強調されて、体型をカバーすることができます。丈の長い羽織を使うと、その分縦の長さもより強調されるので、効果もより大きくなります。

ドレスアイテムを取り入れる

太め・ぽっちゃりメンズは、アイテムのサイズ的にどうしてもカジュアルに寄ってしまいがちです。
そんな問題を解決するために、積極的にドレスアイテムを取り入れましょう。

具体的には先ほど紹介したジャケットやコートに加えて、革靴や革のバッグがおすすめです。

特に服ではなく靴や小物であれば、サイズ感に左右されることなく、ドレッシーな雰囲気を作ることが可能です。

春色を取り入れる

体型を隠そうとして、暗い収縮色ばかり使っていませんか?収縮色ばかりだと、暗い印象になってしまいます。

そこで、春らしくアースカラーやパステルカラーも使ってみましょう。

難しく思うかもしれませんが、例えばネイビージャケットなど収縮色のセットアップのインナーや、靴下に取り入れるという使い方があります。
なぜなら全体の外側を収縮色にして、引き締めることで、パステルカラーを使っても膨張して見えないのです。

太め・ぽっちゃりメンズは、可愛らしい印象も与えやすいので、春色を取り入れることで、優しく柔和な雰囲気を作ることもできます。

太め・ぽっちゃりメンズにおすすめの春のコーディネート12選

heading-127-man-clothes-

着こなしのコツやおすすめのアイテムはわかったけど、実際にコーディネートするのは難しいと思う方も多くいると思います。

ここでは、太め・ぽっちゃりメンズにおすすめの春のコーディネートを紹介していきます。

キレイめコーデはシャツから試そう

coordinate-562-cardigan-shirt-chino-pants-leather-shoes-big


(出典:wear,「ryooooota」

きれいめコーデは、ベーシックな白や青のシャツから試していきしょう。
ジャストサイズよりも少し大きいサイズを選ぶことで、体型を隠しつつゆるいシルエットになり優しい印象になります。
とても爽やかなコーディネートなので、デートでも日常使いでも間違いなしです。

ストンと落ちるパンツでキレイな雰囲気を

coordinate-561-cardigan-shirt-chino-pants-leather-shoes-big

(出典:wear,「ライキ(100%相互フォロー)」

シャツをストライプにして、パンツもストンと落ちたストレートなものにすることでより縦のラインが強調されています。

ブルーのカーディガンによって、清潔感がとても増しています。清潔感があり好印象なコーディネートなので、初対面の女性とのデートにもピッタリです。

春らしい白を基調にしたコーディネート

coordinate-560-cardigan-t-shirt-chino-pants-leather-shoes-big


(出典:wear,「kaichi」

春らしく白を基調にしたコーディネートです。白を多く使っても、アウターの黒の面積が大きいので引き締まって見えます
パンツに対して上半身にボリュームを出すことで、Yラインシルエットになっていますね。
春らしさと同時に黒のアウターがワイルドさも演出してくれるコーディネートです。

パンツの裾を捲るのもあり

coordinate-255-nothing-shirt-denim-sneakers-small-big

(出典:wear,「Shinshin」

シンプルなシャツ、デニム、スニーカーのコーディネートですが色々なテクニックが詰まっています。
まず、シャツを白ではなく青にすることで引き締め効果、デニムの裾をたるませず折り返すことでスッキリした印象になります。
また、キャップを被ることで目線を上にあげる効果があり、全体をブルー系で統一し、切れ目をなくすことで縦のラインを強調しています。

穴あきデニムをジャケットで中和

coordinate-234-jacket-knit-denim-leather-shoes-small-big


(出典:wear,「Takehiro Takahashi」

穴あきのスリムなデニムという一見難しそうなアイテムを、ジャケットで中和し縦のラインの強調も持たせています。
また、襟の高いシャツはドレッシーな印象を与えることができるため、雰囲気の良い場所でのデートにもピッタリなコーディネートです。

春らしい黄色をセーターで取り入れる

coordinate-235-military-jacket-knit-denim-sneakers-small-big


(出典:wear,「Shinshin」

このコーディネートでは、春らしい鮮やかな黄色のニットを使っていますね。インナーに使えば春色も馴染むことが伝わるかと思います。

また、パンツに対して大きめのフライトジャケットを合わせ、Yラインシルエットを作っています。
明るいコーディネートですし、お花見やアウトドアにもばっちりな着こなしです。

ロングのアウターでYラインを作る

coordinate-236-military-jacket-shirt-denim-sneakers-small-big


(出典:wear,「Shinshin」

長めの黒のモッズコートを羽織ることで、縦のラインを強調させたYラインシルエットを作っています。
スニーカーやシャツは明るい色ですが、コートとキャップを黒で統一することで、全体を引き締めています。
きれいな美術館のような場所でも、気軽な飲み会でも使える万能なコーディネートです。

セットアップをキャップで着崩す

coordinate-238-jacket-t-shirt-slacks-sneakers-small-big


(出典:wear,「Chubby」

濃いめのグレーのセットアップというドレッシーな組み合わせに、キャップとスニーカーを合わせて上手くカジュアルダウンさせたコーディネートです。
見える範囲はグレーの面積が多いので、引き締まった印象に見せることができます。

女性とのレストランに行くようなデートでも、友達と買い物に行くようなシーンでも、どちらでも活躍してくれるオシャレなコーディネートです。

シンプルなジャストサイズ

coordinate-239-military-jacket-t-shirt-chino-pants-sneakers-small-big


(出典:wear,「SEISHIRO」

今回はシンプルなジャストサイズのコーディネートです。
パンツ以外を黒に統一することで、メリハリを持たせています。
特にキャップと靴を黒で合わせることは、頭とつま先という身体の先端を引き締めることができます。
カジュアルでありつつもオシャレと思わせるコーディネートです。

カジュアルコーデは手首と足首を出す

coordinate-247-nothing-shirt-denim-sneakers-small-big


(出典:wear,「いっくん」)

首、手首、足首を出してスッキリと見せたカジュアルコーデです。身体の先端である、首、手首、足首の肌を見せるとスッキリとしてさわやかな印象を与えることができます。
また、上下をブルー系で揃えることで統一感を出しています。

足を長く見せるタックイン

coordinate-253-nothing-t-shirt-chino-pants-sandal-small-big


(出典:wear,「NISHIDAX」

白Tシャツに黒のスラックスというシンプルなコーディネートですが、Tシャツをタックインすることで、足を長く見せることができます。
見ている方はタックインをしている場所を腰の位置と錯覚するので、結果的に脚が長く見えます。
また、モノトーンコーデの差し色に赤のキャップを使い、アクセントを加えているのもとてもオシャレです。

体格が良ければ柄も様になる

coordinate-233-nothing-shirt-slacks-sneakers-small-big


(出典:wear,「suyama」

こちらもタックインをして、脚を長く見せています。そして、体格の良い方は柄シャツがよく似合います。

柄の強さに身体が負けないので、よく身体に馴染みます。また、無地のシャツに比べ柄があることで生地の凹凸がわかりにくくなり、体型が出づらいメリットもあります。
柄シャツに挑戦する方は、大柄で色数の少ないものが使いやすいので、おすすめです。

汗染みや体臭には要注意

heading-267-item-caution-placed

ここまで紹介したコーディネートでせっかくオシャレになっても、汗染みや体臭で清潔感を失ってしまえば台無しです。

予防策として、制汗剤を使いましょう。汗自体やにおいを抑えてくれる優れモノです。足や脇の特定の部位に使えるものもありますが、最初は全身用が使いやすいです。商品によっては小型で持ち運べるものもあります。

太め・ぽっちゃりメンズも春にオシャレをして、お出かけを楽しもう

heading-231-man-nothing-ride

太め・ぽっちゃりメンズも春におしゃれを楽しむコツやコーディネートは見つかりましたか?
むしろ、太め・ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートもあるんです。

ぜひ、今回の記事を参考にして、最高の新生活をスタートさせましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

aso-taro

コーディネート同行サービスFUKUJOYの責任者。日本のメンズ全員にオシャレを楽しんでもらうために執筆。「男の一張羅はシャツとジャケット」がモットー。夢は世界一オシャレなAPEXプレデターになること。

-コーディネート