パンツ

【メンズ向け】夏に白パンツを着こなすコツとコーディネート事例12選

2022年7月1日

夏になると気分も明るくなってきますよね。
いつも黒いパンツやデニムを履いていると、「夏ぐらいは白パンツを履きたい!」
と思ったことのあるメンズは少なくないと思います。
でも自分で白パンツを選んで、コーディネートするのって結構難しいですよね。

この記事では、夏の白パンツの着こなしのコツとコーディネート事例を紹介します。
ぜひ参考にしてもらって、白パンツを履きこなす夏のオシャレさんになりましょう!

■夏にコスパの良いおしゃれな着こなしをもっと知りたい方はこちらの記事もおすすめです
【コスパ抜群!】GUで作れるメンズ向けオシャレな2022年夏コーデ12選
【メンズ向け】2022年夏のユニクロコーデ12選!おすすめの夏服は?

メンズが夏の白パンツを着こなすコツ

heading-314-couple-place-sea

最初にメンズが夏の白パンツを着こなすコツを紹介していきます。
着こなしのイメージを膨らませていきましょう。

他のアイテムに暗めのトーンを使う

他のアイテムには黒やネイビーのような暗めのトーンを取り入れましょう。
白は膨張色であり目立つ色なので暗めのトーンを使うことで、落ち着いた着こなしにバランス調整ができます。
オールホワイトでコーディネートするときでも、小物で黒やネイビーを取り入れるのがおすすめです。

ワイドパンツでトレンドを取り入れる

coordinate-285-nothing-t-shirt-white-sandal-small

(出典:wear,「ごん」

2022年の現在のトレンドでは、リラックスしたシルエットがトレンドになっています。
パンツも例外ではないので、スキニーよりもワイドパンツを選ぶのが良いでしょう。
また、白は膨張色でありスタイルを悪く見せてしまう場合があります。
ワイドパンツのように体型を拾わないシルエットであれば、その点も心配いりません。

大人っぽい雰囲気を意識する

白は明るい印象であると同時に幼く見えてしまう可能性のある色です。
その色を下半身全体で使うことになるので、油断すると子どもっぽい着こなしになってしまいます。

そこで、光沢感のある素材などで大人っぽさを意識しましょう。
他のアイテムでレザーのバッグや靴を使うというのもおすすめです。

夏のメンズ白パンツのコーディネート12選

heading-398-item-clothes-season

この章では実際に白パンツを使った夏のオシャレなコーディネートを12選で紹介していきます。
ぜひお気に入りのコーディネートを見つけてください。

ボーダーTシャツをタックインしてきれいめマリンコーデ

coordinate-793--t-shirt-white-sandal

(出典:wear,「三木 克海」
ワイドのカーゴパンツを使った白パンツコーディネートです。
カーゴパンツは無骨な雰囲気のあるアイテムですが、白だとクリーンな印象になりますね。

ボーダーTシャツを使うことでさらに爽やかになっていますが、タックインも使うことできちんと感もプラスされてとてもオシャレな着こなしです。

■白パンツがダサいと思われるNG着こなしを知りたい方はこちらの記事もおすすめです
メンズの白パンツはダサい?流行りのアイテムのオシャレな着こなし12選

流行りのリンガーTシャツをアクセントに

coordinate-794--t-shirt-white-sandal

(出典:wear,「風早ゆうた」
リンガーTシャツとは襟や袖のリブ部分が、メインの生地色と異なった配色になっているTシャツのことです。

このコーディネートでは、襟がネイビーのリンガーTシャツですね。
キャップもネイビーを使っているので、全体が引き締まった印象に見えますね。

グレーベースのモノトーンで大人っぽく

coordinate-792--t-shirt-white-sneakers

(出典:wear,「kota」
こちらはグレーベースのモノトーンコーデのきれいめな着こなしです。
グレーのような中間色は優しい印象を与えることができます。

加えてタックインを使うことでさらに大人っぽい印象になっていますね。

オールホワイトはトーンを変えるとこなれ感

coordinate-791--t-shirt-white-sneakers

(出典:wear,「げんじ」
オールホワイトのワントーンコーデは難しい印象を受けると思いますが、
オフホワイトやアイボリーなど若干トーンを変えると着こなしやすくなります。

全体的にゆるいシルエットになっていますが、上品なアクセサリーを使っているので、大人っぽい印象に仕上がっています。

ブルーのオープンカラーシャツで爽やかに

coordinate-795-shirt-t-shirt-white-sneakers

(出典:wear,「TJ」
ブルーとホワイトはとても相性の良い色です。
クリーンな印象のあるホワイトと、爽やかな印象のあるブルーを合わせると好青年な仕上がりになります。

オープンカラーシャツは、抜け感のあるアイテムで夏にピッタリです。

■夏のおしゃれなシャツコーデをもっと知りたい方はこちらの記事もおすすめ
【夏に映える!】メンズのオシャレなシャツコーデ!コーデ事例12選

柄シャツをタックインして上品に仕上げる

coordinate-798-shirt--white-sandal

(出典:wear,「まさ」
柄シャツを使ったモノトーンコーデになります。
柄シャツのような少し派手なアイテムは、夏という開放的な季節にピッタリなアイテムです。

白パンツを合わせるとやんちゃなイメージになりやすいですが、タックインを使うことできちんと感を出しています。

セットアップのホワイトコーデを黒で締める

coordinate-796-shirt-t-shirt-white-leather-shoes

(出典:wear,「ryuji」
オールホワイトコーデに挑戦する場合、セットアップという選択肢もあります。
セットアップは上下のバランスを考える必要が無いので、初心者さんにこそおすすめしたいアイテムです。

また、セットアップにはジャケットやシャツとスラックスを使うので、清潔感のある着こなしになります。

ギンガムチェックを合わせてクリーンな印象に

coordinate-797-shirt--white-sandal

(出典:wear,「まさ」
ギンガムチェックはきちんと感のあるアイテムです。
白パンツと合わせた時もシャツのベースの色に白が入っていることもあり、しっくりハマります。

加えて、黒の巾着バッグや黒のグルカサンダルを使うことで、全体を引き締めています。

淡色トーンをネイビーのベストで締める

coordinate-799-vest-t-shirt-white-sandal

(出典:wear,「kota」
2022年現在ではベストもトレンドのアイテムになっています。
こちらのコーディネートでもベストが無ければカジュアルな印象になりますが、ベストがあることでドレスな印象に仕上がっています。

ここでも小物で黒を使うことで大人っぽく仕上げていますね。

黒のサマーニットで高級感をプラスしたきれいめカジュアル

coordinate-800--knit-white-leather-shoes

(出典:wear,「coba」
ハーフジップのニットポロシャツと白の少しワイドなスラックスを合わせたコーディネートになります。
夏にニットは暑そうですが、サマーニットの素材はウールではなく麻などの通気性の良い素材になっています。

こちらのサマーニットは光沢のあるアイテムなので、スラックスと合わせて上品なコーディネートになっています。

ネイビーのノーカラーシャツできちんと感とリラックス感

coordinate-801-shirt-t-shirt-white-sandal

(出典:wear,「つね。」
ネイビーのノーカラーシャツを使ったコーディネートになります。
ノーカラーシャツとは、襟が無いシャツのことです。

襟が無いことでシャツとTシャツの間のようなイメージで着ることができます。
こちらのコーディネートも、ドレス感とカジュアルさのバランスが良いですね。

流行りのグリーンカラーを小物で締める

coordinate-802--t-shirt-white-sneakers

(出典:wear,「風早ゆうた」
グリーンとホワイトも明るさと清潔感のある組み合わせなので相性が良いです。
白パンツでもスラックスであれば、カジュアルな印象よりもクリーンできれいめな印象になります。

また、長袖Tシャツを型掛けにしたり小ぶりな帽子を被ることで、こなれ感を足しています。

夏のメンズ白パンツコーディネートがダサくならない方法

夏の白パンツは爽やかになる一方着こなしで気をつけないとダサくなってしまいます。

ここでは白パンツを履くときの注意点を紹介します。

下着が透けないように気を付ける

(出典:「Amazon」

白パンツは下着が透けやすいです。
しかも夏は汗をかくのでいつもより透けやすくなっている季節です。

よって、白パンツを履く際に黒やネイビーなどの濃い色の下着を履くのはやめましょう。
透けづらく男っぽさもあるグレーの下着はおすすめです。

汚れが目立ちやすいのでしっかり洗濯する

(出典:「Amazon」

白は最も汚れが目立ちやすい色です。
よって、気付かない間にすぐ汚れてしまうものです。

汚れてしまうものは仕方がないので、しっかりと洗濯しましょう。
汚れはすぐに洗濯した方が落ちやすいです。
また、落ちない汚れや強そうな汚れには、ウタマロ石鹸のような部分使いする石鹸もおすすめです。

細すぎる白パンツは避ける

細すぎる白パンツはやめましょう。
2022年現在のトレンドからも外れていますし、スキニーのような細い白パンツはやんちゃなイメージをを持たれやすいです。

また、白は膨張色なうえに細いパンツは体型を拾うので、脚も短く見えてしまいます。

夏の白パンツのコーディネートをプロに教わるのもおすすめ

ここまで夏の白パンツについて解説していきましたが、自分で選ぶのはまだ難しいという方も多くいらっしゃると思います。
そんな方はプロのスタイリストにコーディネートしてもらうのもおすすめです。

FUKUJOY(フクジョイ)

FUKUJOY(フクジョイ)は、まず2時間22,000円からという業界最大級のコスパが魅力です。
3時間買物同行と撮影もついて29,700円というお得なプランも存在します。

また、同社の出張撮影サービスPhotojoyは47都道府県で展開しており、信頼のある会社が運営しています。

専属スタイリストは様々なアパレル経験者が揃っており、婚活用のスマートカジュアルからスーツやデート服まで、
幅広いコーディネートに対応できるスタイリストが揃っているのはFUKUJOYの強みです。

また、スタイリストの採用時にはコミュニケーション能力を重要視しており、
お客様と事前にヒアリングしながら当日のコーディネートを考えていくので、初心者にも安心のサービスです。

全国12拠点という幅広いエリアで展開しているのもFUKUJOYの強みですね。
(北海道・秋田・宮城・神奈川・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・奈良・広島・福岡)

夏は爽やかにメンズ白パンツをコーディネートしよう

heading-355-scenery-text-summer

夏の白パンツについて解説していきましたが、いかがでしょうか?

難しいアイテムのように感じますが、相性の良いアイテムや着こなしのコツを覚えていれば、意外とすんなり取り入れられるものです。

この記事を参考にして、夏の白パンツコーデをオシャレに着こなしちゃいましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

asotaro

コーディネート同行サービスFUKUJOYの責任者。関西出身、新卒で上京。母親は元アパレル店員。父親は新聞記者。「メンズの一張羅はシャツとジャケット」がモットー。恋活・婚活に悩むすべての男性にオシャレを楽しんでもらいたいという思いで執筆。趣味はAPEX LEGENDS。ランクはマスター。

-パンツ