洗顔

【20代・30代・40代】年代別おすすめメンズ洗顔12選

man-wash-face

「メンズにおすすめの洗顔が知りたい!」

洗顔はスキンケアの基本で、清潔で健康的な肌を維持するために欠かせません。洗顔料は毎日使用するアイテムなので、自分の肌状態や好みに合っていることが大切です。

男性の肌と一口にいっても、年代や個人によって状態は異なります。そのため、自分の肌を理解し、正しくケアする必要があります。

この記事では、メンズの肌状態を年代別に解説し、メンズにおすすめの洗顔を年代別に紹介します。

年代によって肌質は変わる

heading-207-man-nothing-stand

男性の肌質は年代によって変わります。使用するスキンケアアイテムや、手入れの方法も変わるので、肌の特徴を理解しておきましょう。

20代の肌の特徴

20代はニキビや吹き出物に悩む人が多いです。その原因として、過剰な皮脂の分泌や、生活習慣の乱れが挙げられます。10代の思春期ニキビとは異なり、炎症を繰り返し、なかなか治らないのが特徴です。

20代の肌には、肌の炎症を抑える洗顔料や、過剰な皮脂を取り除く洗顔料がおすすめです。また、スキンケアだけでなく、睡眠や食事などの生活習慣の見直しもしてみましょう。

30代の肌の特徴

30代になると、肌のテカリやベタつきに悩む人が多くなります。男性は皮脂の分泌量が多く、年齢を重ねても減少しないという特徴があります。また、肌の乾燥が原因でテカリが出てしまうこともあります。

テカリやベタつきが気になる30代の肌には、肌に必要な潤いを残しながら、皮脂を吸着する洗顔料がおすすめです。また、洗顔後の保湿も心掛け、化粧水や乳液を使用するのがおすすめです。

40代の肌の特徴

40代になると、乾燥が気になる男性が多くなります。また、肌が一気に老け込み、くすみやたるみといったエイジングサインを感じる人も多くなるでしょう。

40代の肌には、保湿効果の高い洗顔料がおすすめです。また、紫外線のダメージは肌の老化を促進させるため、日焼け止めでUV対策もおこないましょう。

メンズ洗顔料の選び方

heading-212-man-nothing-good

洗顔料は様々な種類があり、どのアイテムを使用するのがよいか悩みますよね。この章では、メンズが洗顔料を選ぶときの3つのポイントを紹介します。

悩みに合わせて選ぶ

まずは、肌の悩みに合わせて選ぶことが大切です。肌の状態は年齢とともに変化しますが、人によっても様々です。

乾燥しやすい人は保湿成分が豊富に含まれているもの、テカリや毛穴が気になる人は皮脂吸着成分が配合されているものを確認し、肌悩みに合わせて選びましょう。

肌が荒れやすい人には、敏感肌でも使用できる優しい処方のものもあります。また、ニキビなどの炎症がある人は、有効成分が配合された医薬部外品の洗顔料がおすすめです。

ペースト・固形・泡などタイプで選ぶ

洗顔料には、ペーストタイプや固形タイプ、泡タイプなどの使い方が異なる種類があります。ペーストタイプが一般的ですが、肌の状態や使いやすさ、好みの使用感で使い分けてもよいでしょう。

固形タイプは肌に優しいものが多く、きめ細かい泡立ちが特徴です。

ペーストタイプや固形タイプなどの泡立てが苦手な人や、面倒と感じる人、時間のない朝の洗顔には、泡で出てくるタイプの洗顔がおすすめです。

その他にも、さっぱりとした使用感のジェルタイプや、皮脂を吸着するパウダータイプなど、用途に合わせて選ぶことができます。

仕上がりの感触で選ぶ

使用感も様々で、使用する洗顔料によって洗い上がりの肌も異なります。さっぱりしたものやしっとりするものなど、肌状態や好み、季節に合わせて選ぶのもよいでしょう。

20代向けおすすめメンズ洗顔4選

heading-281-item-important-placed

この章では、20代のメンズにおすすめメンズ洗顔を紹介します。

アクネバリア

face-wash-20-acne-barrier-acne-cream
メンズアクネバリアの洗顔料

メンズアクネバリアの洗顔料は、メンズのニキビ肌をケアする医薬部外品の洗顔料です。

天然ハーブが配合されたマイルドな処方で、男性の過剰に分泌された皮脂を洗浄します。値段は100gで1,430円です。

メンズビオレ

mens-biore-wash-bubble-acne
メンズビオレの泡タイプ薬用アクネケア洗顔

メンズビオレの泡タイプ薬用アクネケア洗顔は、ニキビができた繊細な肌を優しく洗う泡タイプの洗顔料です。お手頃な価格で、スキンケア初心者の男性にもおすすめです。値段は150mlで329円です。

無印良品

mujirushi binkan fae soap
無印良品の泡洗顔フォーム・敏感肌用

無印良品の泡洗顔フォーム・敏感肌用は、アルコールやパラベンなどが使われていません。20代に限らず、肌に赤みやヒリつきが出やすい人にもおすすめです。値段は200mlで750円です。

Aesop(イソップ)

aesop two minds facial cleanser
Aesop(イソップ)
トゥーマインズフェイシャルクレンザー

Aesop(イソップ)のトゥーマインズフェイシャルクレンザーは、かさつきとベタつきのバランスを整えるジェルタイプの洗顔料です。デザインや香りにもこだわっており、女性からのウケもよいアイテムです。値段は100mlで3,520円です。

30代向けおすすめメンズ洗顔4選

この章では、30代のメンズにおすすめメンズ洗顔を紹介します。

ORBIS Mr.(オルビスミスター)

bb-cream-9-orbis-beige
ORBIS Mr.(オルビスミスター)の洗顔料

ORBIS Mr.(オルビスミスター)の洗顔料は、テカリやベタつきが気になる男性におすすめです。クレイと炭を配合しており、毛穴汚れや皮脂を吸着します。値段は110gで1,540円です。

suisai(スイサイ)

suisai beauty clear powder
suisai(スイサイ)の洗顔パウダー

suisai(スイサイ)の洗顔パウダーは、角栓やざらつきを除去するパウダータイプの酵素洗顔です。皮脂を分解する2種類の酵素と洗浄効果の高いアミノ酸系の成分が配合されており、皮脂量の多い男性におすすめです。値段は32回分で2,200円です。

MULC(ムルク)

face-wash-3-mulc-dry-foam
MULC(ムルク)の洗顔料

MULC(ムルク)の洗顔料は、保湿成分のセラミドが配合されたメンズ向けの泡タイプの洗顔料です。乾燥しやすい肌に潤いを与えながら優しく洗います。かさつきやすい男性や泡立てが苦手な男性におすすめです。値段は150gで1,386円です。

POLA(ポーラ)

POLA b.a.man
POLA(ポーラ)の洗顔料

POLA(ポーラ)の洗顔料は、濃密なボリューム泡が特徴の固形タイプです。男性でも泡立てやすく、硬くゴワついた肌をやわらかくし、成分が浸透しやすい肌に導きます。値段は100gで5,500円です。

40代向けおすすめメンズ洗顔4選

heading-200-man-nothing-stand

この章では、40代のメンズにおすすめメンズ洗顔を紹介します。

Nile(ナイル)

face-wash-12-nile-sensitive-cream
Nile 洗顔料

Nile(ナイル)の洗顔料は、保湿成分のヒアルロン酸が配合されており、乾燥が気になる男性におすすめです。上質なラフランスの香りが特徴で、リラックス効果もあります。値段は100gで2,000円です。

ニベアメン

face-wash-26-nivea-men-normal-cream
ニベアメンのフェイスウォッシュモイスト

ニベアメンのフェイスウォッシュモイストは、皮脂吸着成分が配合されており、すっきりとした洗い上がりが好みの男性におすすめです。ドラッグストアなどで市販されており、気軽に購入することができます。値段は100gで364円です。

Attenir(アテニア)

attenir
Attenir(アテニア)
ドレスリフトフェイシャルウォッシュ

Attenir(アテニア)のドレスリフトフェイシャルウォッシュは、コラーゲンが配合されており、肌のハリをサポートします。たるみを予防したい40代の男性におすすめです。値段は120gで1,870円です。

Kiehl’s(キールズ)

Clearly Corrective Brightening & Exfoliating Daily Cleanser
Kiehl’s(キールズ)の洗顔料

Kiehl’s(キールズ)の洗顔料は、スクラブと洗顔が1本になっており、不要な角質を優しく落とします。美白有効成分も配合されているため、くすみなどのエイジングサインが気になる40代の男性におすすめです。値段は150mlで4,180円です。

正しい洗顔のやり方

how-to-422-three-face-wash-man-1

洗顔は朝と夜の1日2回おこないましょう。また、朝はヒゲ剃り前、夜はお風呂から上がる直前がおすすめです。メンズの正しい洗顔方法は以下の通りです。

①ヘアバンドで髪を留める
まずは、洗顔の準備として、顔にかかる髪をヘアバンドやヘアクリップでまとめましょう。

②清潔な手で顔を濡らす
洗顔の前にはハンドソープで手を清潔な状態にします。32~34度のぬるま湯で、顔を濡らしましょう。

熱すぎるお湯や冷水の使用は、肌への負担になるので避けましょう。

③洗顔料を泡立てる
適量の洗顔料を手に取り、水を含ませながらしっかりと泡立てます。泡立てることで肌への摩擦を軽減することができ、毛穴の汚れも落としやすくなります。洗顔料の使用量はアイテムによって異なるため、商品や箱の裏面を確認しましょう。

泡立てるのが苦手な人は、洗顔ネットや泡で出てくるタイプの洗顔料がおすすめです。また、泡洗顔は、泡立てが面倒と感じる人や、忙しい朝のケアにもよいでしょう。

④円を描くように洗う
洗顔料を顔に乗せるときは、皮脂の出やすい額や鼻から、乾燥しやすい頬や口周りの順がおすすめです。ゴシゴシと擦らず、円を描くように1分程度優しく洗います。

⑤すすぐ
32~34度のぬるま湯でしっかりとすすぎましょう。すすぎ残しは肌トラブルの原因になるので注意しましょう。髪の生え際や小鼻は特にすすぎ残しが多い部分なので、鏡で確認しながらすすぐのがおすすめです。

⑥清潔なタオルで拭く
洗顔後は清潔なタオルで水分を拭き取りましょう。この時もゴシゴシ擦るのはNGです。顔を覆うように優しく押さえましょう。また、一度使用したタオルは雑菌が繁殖しやすくなるため、常に新しいものを使用します。

洗顔の後には正しい保湿を

man lotion

洗顔をした後は保湿ケアが必要です。洗顔の後は乾燥しやすい状態になっています。顔の水気を拭き取った後は、できるだけ早く化粧水や乳液を付けましょう。

自分の肌状態に合わせたおすすめの洗顔を選ぼう

how-to-174-face-wash-shed -man-2

肌の状態は年代や個人によって様々です。ただ洗うだけでなく、肌の悩みや好みの使用感に合わせたアイテム選びが大切です。自分の肌状態に合わせたおすすめの洗顔を選び、正しく洗顔をしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nana

元美容部員。百貨店などでメンズスキンケアの販売をおこなっていた経験を元に、スキンケアやメイクの方法を初心者に分かりやすく伝えます。 ■所得済み資格 ・日本化粧品検定1級 ・美容薬学検定1級 ・JMAメイクアップ技術検定試験2級 ・日本エステティック協会認定フェイシャルエステティシャン

-洗顔