アイブロウ

男性のバレない自然な眉毛を書く方法!自眉を整えてペンシルで書こう

eyebrow pencil men

「男性のバレない眉毛を書く方法が知りたい」

眉毛は顔の印象の8割を決める重要なパーツと言われており、アイブロウペンシルを使うだけで、ガラリと雰囲気を変えることができます。

とはいえ、眉毛の書き方は様々で、書き方を誤れば不自然に浮いてしまうという心配もあります。

この記事では、化粧していることがバレいくい、自然な眉毛を書く方法や、使用するアイテムについて紹介していきます。

男性でも書ける化粧がバレない眉毛とは?

pens

最近では身だしなみの一つとして、眉毛を書く男性も増えてきています。化粧がバレない眉毛とはどのような形でしょうか。

eyeblow before after

書きすぎて化粧をしている感じが露骨に出るのには抵抗があるという人は、元々の生えている自眉の形を活かしながら、隙間を埋めるようにして書くのがおすすめです。

Before After eyebloe

長い毛や余分な産毛だけを処理し、足りない部分をアイブロウペンシルで書くことで、遠目ではメイクをしていることが気づきにくい、自然な仕上がりになります。

男性のバレない眉毛を書く時に使うアイテム

eyebrow pencil like a pen

男性は、しっかり眉毛の形を書くというよりも、自眉の足りない部分を補うものとしてアイブロウペンシルを使うのがおすすめです。

自眉の形をある程度整えておくことで、アイブロウペンシルを使った時に、書いている感がない自然な仕上がりにすることができます。

この章ではメイクがバレない眉毛を作る時に必要なアイテムを紹介しておきます。

コーム

コームは毛の流れを整える時に使います。眉毛は生えている向きがバラバラなので、まずは毛並みを揃えます。また、眉切りハサミで長い毛をカットするときにもコームで毛を持ち上げることができるので便利です。

眉切りハサミ

眉切りハサミは全体の毛の長さを均一にする時に使います。眉毛の長さは4mm程度が清潔感が出ると言われているので、長すぎる毛はカットするようにしましょう。

シェーバー

シェーバーは眉毛の形を決めた後に、不要な毛を処理する時に使います。眉間や眉の上、眉の下に生えている産毛そ剃っていきましょう。

シェーバーがない方はカミソリでも代用することができますが、肌に負担がかかってしまうので、使用後は必ず乳液等で保湿をするようにして下さい。

アイブロウペンシル

アイブロウペンシルは、先端が鉛筆のような芯になっていて、反対側にブラシがついているものが多いです。

眉毛を書くアイテムは、アイブロウパウダー、アイブロウマスカラなどもありますが、初心者の男性はアイブロウペンシルを使うのが無難です。

アイブロウペンシルはMULCのものがおすすめです。初心者でも使いやすいように太い線も細い線も描ける仕様になっています。

mulc eyeblow

男性のバレない眉毛を書く方法

eyebrow men

男性の眉毛は4つのアイテムを使えば簡単に整えることができます。この章ではメイクをしている感がない、自然なバレない眉毛の書き方を紹介します。

まずは、眉頭、眉山、眉尻のポイントを決め、アイブロウペンシルで印をつけるか、外枠を縁取りします。

次にブラシで毛並みを整えて、長い毛を持ち上げながらハサミでカットしていきます。さらに残った不要な産毛はシェーバーで処理するようにしましょう。

眉毛の下準備ができたらアイブロウペンシルを使います。まずは眉山を決め、眉尻まで1本1本書き足すように書いていきます。

次に眉の中央から眉山に向けて書いていきます。最後に眉頭を書きますが、この時濃くすると不自然になってしまうので、毛が少ない部分の隙間をうめる程度でいいです。

眉毛が書けたらブラシでほかして、眉毛と馴染ませましょう。

男性のバレない眉毛を書く時の注意点

eyebrow pencil and good eyes

男性の眉毛はただ左右対象に書けばいいというものではありません。あくまでも書いている感がない自然な仕上がりが理想です。

この章ではバレない眉毛を書く時の注意点を3つ紹介します。

眉毛を剃りすぎない

男性の眉毛はアイブロウペンシルで少し書き足すだけでも十分に印象を変えることができます。そのため、自眉は剃りすぎず、残しておくのがおすすめです。

ペンシルで書く部分が多いと、化粧している感がどうしても出てしまいます。ナチュラルメイクにしたい人こそ、しっかりこだわって眉毛を書く前の、事前の下準備をするようにしましょう。

濃くしすぎない

アイブロウペンシルは足りない部分を補うものとして使うのがベストです。使用する際は、濃くしすぎないことを意識するようにして下さい。

濃く色を塗ってしまうと、自然な毛並みではなく、書いている感の強い眉毛になってしまいます。

全体の色味を均一にするイメージで、薄い部分にだけアイブロウペンシルを使うようにしましょう。

髪色や自眉に合う色を選ぶ

男性用のアイブロウペンシルは黒や焦げ茶のものがほとんどですが、髪色や時眉の色に合うものを選ぶようにするのがおすすめです。

自眉よりも少しだけ明るい色を選ぶようにすると、薄く馴染んでより自然な仕上がりになるので試してみて下さい。

男性はアイブロウペンシルでバレない眉毛を書くのがおすすめ

what kind of eyebrow shapes do you like

男性は、自眉を生かしてアイブロウペンシルで薄い部分を補うようにすると、バレない自然な仕上がりにすることができます。

アイブロウペンシルを使うだけで、男らしく凛々しい印象に変えることができるので、ぜひこの機会に試してみて下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-アイブロウ