アイブロウ

メンズ眉毛を書く時におすすめの商品6選!自然なモテ眉が簡単にできる

men eyebrow pencils

「メンズにおすすめの眉毛を書くコツが知りたい」

顔の印象は眉毛で8割が決まると言われていますが、メイク初心者のメンズにとって、自分に似合う眉毛を書くのは至難の技です。

この記事では眉毛を書く時におすすめのメンズコスメや、アイテムの選び方、眉毛の書き方、似合う眉毛の形まで全部まとめて紹介します。

メンズにおすすめの眉毛を書くアイテムの選び方

mirror and pencils

眉毛を書くアイテムは、男女兼用で使える商品を含めると沢山の種類があるので、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

この章ではメンズが眉毛を書く時のアイテムの選び方を紹介します。

アイテムの用途別に選ぶ

そもそも眉毛を書くアイテムは1つではありません。ペンシル、パウダー、マスカラ等の種類があるので、用途に合わせて使い分けるようにしましょう。

ペンシルは眉毛の輪郭を書いたり、足りない部分に線を足したりする時に使うのに対し、パウダーは眉毛の隙間を全体的に埋める時に使います。

マスカラは眉毛を書くというよりも、自眉を液体でコーティングして色付けするような感じなので、ペンシルで眉毛を書いた後の仕上げとして使うことが多いです。

眉毛を書く時に仕上がりをイメージして、どのアイテムを使うかを決めるといいですね。

髪色や肌に合わせて選ぶ

眉毛は基本的に髪色に近い色にするのがおすすめです。男性は女性よりも肌の色が暗く、眉毛の元々の色も黒なので、暗い色を選ぶと全体的に濃くなりすぎてしまいます。

excel color

(出典:STIMU「エクセルアイブロウの黒髪にマッチする色選びと人気色」

少しだけ髪色よりも明るい色を選ぶようにすると、全体に馴染みやすく、顔の印象も明るくなりますよ。

明るい色でも濃く塗ることにより、見た目よりもつけた感じが濃くなることもあるので、購入する際はまずは手につけて試してみましょう。

値段で選ぶ

眉毛を書くアイテムは入っている成分や、内容量等によって値段が異なります。眉毛を書くのになれていない男性は、値段が安いものから試してみて、自分に合う商品を探していくようにするといいですね。

【メンズ向け】眉毛を書く時におすすめのアイテム

bold eyebrow

メンズが眉毛を書く時に使えるアイテムは、薬局やスーパー等でも手軽に購入することができます。

この章ではおすすめのアイテムを、ペンシル、パウダー、マスカラに分けて紹介していきます。

アイブロウペンシル:UNO(ウーノ)

UNO-eyeblow
UNO バランスクリエイター

UNO(ウーノ)のアイブロウは、男性の眉色に馴染むナチュラルブラックです。薄付きなので失敗してもテティッシュや指で簡単に落として修正することができます。

値段は720円です。1,000円を切るお手頃価格でブラシもついているので、書き終わった線をぼかすこともできます。

何度も繰り返し塗ればしっかりと発色してくれるアイテムで、濃くなりすぎる心配がないので、自分で眉毛の濃さや形を微調整していきたい方におすすめです。

アイブロウペンシル:MULC(ムルク)

mulc eyeblow
MULC アイブロウペンシル

MULC(ムルク)のアイブロウペンシルは、男性の筆圧でも使いやすいように、女性用よりも硬めの芯になっているので折れにくいです。

値段は2,585円です。細い先も太い線も書くことができる涙型の芯になっているので、初心者の男性でも使いやすいです。

カラーも2色から選ぶことができます。1人1本は持っておくと安心のマストバイなアイテムですね。

アイブロウパウダー:EXCEL(エクセル)

excel
EXCEL(エクセル) アイブロウパウダー

EXCEL(エクセル)のアイブロウパウダーは、4色入りパレットとスタイリングブラシがセットになっているので、色や量を調整しながら眉毛を書くことができます。

1,430円です。金パール配合なのでふんわりとした立体感を出すことができます。さらに、保湿成分も配合されているので、肌にメイクを馴染ませたい方におすすめです。

アイブロウパウダー:KATE(ケイト)

KATE eye brow POWDER
AKTE アイブロウパウダー

KATE(ケイト)のアイブロウパウダーは、濃い茶色と淡い肌色と中間色が入った3色パレットです。グラデーションを自由につけることができるので、自然な仕上がりになります。

値段は、1,210円です。細い部分で眉尻を書くこともできるので、眉毛の形をしっかり整えたい方におすすめです。

コシのある斜めカットのブラシなので、眉骨格の凹凸にしっかり密着し、手ブレを防いでくれますよ。

アイブロウマスカラ:Magnifique(マニフィーク)

Magnifique eyebrow mascara
Magnifique(マニフィーク)
アイブロウマスカラ

Magnifique(マニフィーク)のアイブロウマスカラは、ヒゲにも使えるメンズ用のアイテムです。コンパクトなブラシになっているので、一度で適量を取り出すことができます。

値段は1,980円です。植物由来の保湿成分を配合しているので、付けながら眉毛のケアをしたい方におすすめです。

アイブロウマスカラ:ヘビーローテーション

eyebrow mascara HEAVY ROTATION
HEAVY ROTATION アイブロウマスカラ

ヘビーローテーションのアイブロウマスカラは、マルチプルーフ処方なので、汗、水、皮脂に強く落ちにくいです。

値段は710円です。7種の豊富なカラーバリエーションから選ぶことができるので、プチプラアイテムで簡単にイメチェンしたい方におすすめです。

【書く時のポイント】メンズにおすすめの眉毛の形

black eyebrow pencil

眉毛の生え方、長さ、量は人によって様々です。この章では、メンズにおすすめの眉毛の形について紹介していきます。自分に合った形を見つけ、眉毛を書く時の参考にして下さいね。

顔の形に合わせて書く

元々の眉毛の形はそれぞれ違いますが、自分の顔の形に合わせて眉毛の形を決めるのがおすすめです。

face

(出典:メンズ眉毛サロンプラスエイト「顔の形別で似合う眉毛の種類とは」

丸顔はアーチ型、卵顔は直線斜め型、面長は太めの平行型、三角顔は丸みを帯びた曲線型、四角顔はへの字型の眉毛がバランスがいいと言われています。

王道の眉毛の形はストレート

男性は細く剃りすぎた眉毛よりも、ある程度太さのある、自眉を活かしたストレートが男女ともに人気です。

image eywbrow

眉毛の理想の比率は眉頭から眉山:眉山から眉尻が2:1と言われています。眉山の位置をどこに作るかで印象が大きく変わるので、黒目ラインよりも外側にすることを意識しましょう。

また、平行な眉毛よりも15度前後のゆるやかな角度をつけた方が、男らしく凛々しい印象になります。

メンズの眉毛を書く時におすすめのやり方

eyebrow shape

メンズの眉毛の書き方は3ステップです。誰でも簡単にマネすることができる方法なので、ぜひ記事を見ながら試して見て下さい。

ステップ1:無駄毛の処理

はじめに無駄毛の処理をします。メンズは薄く剃った眉毛にペンシルで書いて形を整えるよりも、ある程度自眉を残している眉毛の方が人気です。

自然な仕上がりにするためにも、眉毛を書く前に、眉間や眉毛の上、眉尻、瞼に生えている不必要な毛は剃っておくようにしましょう。

無駄毛を処理する際は、まずは仕上がりの形をアイブロウペンシルで縁取りして、左右の高さを揃えながら不要な部分を剃るのがおすすめです。

ステップ2:形を整える

下準備が終わったら、眉毛の形を整えます。まず眉山決め、眉山、眉尻の順に書いていきます。足りない部分を書く時は塗るのではなく1本1本書くのがコツですよ。最後にアイブロウパウダーで眉毛の隙間を埋めていきます。

ステップ3:仕上げ

眉毛が書けたら仕上げをします。アイブロウペンシルの反対側についているブラシで全体をぼかし、メイクと自眉を馴染ませます。毛は生えている向きがバラバラなので、揃えるようにしましょう。

髪色が明るい方はここでアイブロウマスカラを使って眉毛に色をつけます。アイブロウマスカラをぬることで、眉毛がコーティングされ、パウダーやペンシルも落ちにくくなりますよ。

アイブロウマスカラは、毛に逆らうようにして塗り、最後に毛の流れにそって全体に薄く塗れば完成です。

眉毛を書く時はおすすめメンズアイテムで自然に整えよう

eyebrow items

メンズの眉毛はアイブロウペンシル、パウダー、マスカラを使って簡単に書くことができます。自分に合った眉毛にするためには、形や色を研究していくことが大切ですね。

ぜひこの機会におすすめアイテムを使って、自然でかっこいい眉毛にチャレンジしてみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-アイブロウ