乳液

20代の肌は10代よりも複雑!ニキビや乾燥をケアする乳液の選び方

woman man skincare

「20代におすすめの乳液が知りたい!」

20代になってから、10代のころは意識していなかった乾燥が気になったり、ニキビがのでき方が変わったりと、以前と肌の状態 が違うと感じている人も多いのではないでしょうか。しかし、どのようなスキンケアをするとよいか分からないですよね。

20代のスキンケアが、シミやしわといったエイジングサインの予防に繋がり、将来の肌状態を左右させます。そのため、20代のスキンケア方法やアイテム選びはとても重要です。

この記事では、20代の肌について解説し、20代におすすめの乳液と正しいスキンケア方法を紹介します。

20代の肌悩みTOP3はニキビ・黒ずみ・乾燥

skin no good

20代になると、毛穴のトラブルが気になるという声をよく耳にします。また、10代のころとは違った場所にニキビができるという人も多いのではないでしょうか。それでは、20代は実際にどのような悩みを抱えているのでしょうか。

skin data twenty
(出典:キレイ研究室「悩みはさまざま!年代別お肌のお悩みランキング」)

こちらは、女性の肌悩みランキングです。年代によって悩みは様々ですが、20代はニキビや吹き出物に悩む人が多いということが分かります。次いで、約半数の20代女性が、毛穴の開きや黒ずみ、乾燥に悩んでいるようです。

ニキビや毛穴、乾燥といった肌悩みには、正しいスキンケアが欠かせません。

10代の頃とは違い、肌の状態が人によって大きく異なるので、20代のスキンケアは自分の肌に合ったアイテム選びが必要です。

20代の乳液の選び方

woman drugstore

それでは、20代のスキンケアには、どのような乳液を選ぶとよいのでしょうか。この章では、20代が乳液を選ぶときのポイントを紹介します。

肌質に合わせる

乳液を選ぶ上で最も大切なのは、自分の肌質に合っているかどうかです。10代の頃とは異なり、肌が落ち着き、人によって肌の状態や悩みも複雑になります。

乾燥が気になる人は高保湿のしっとりとしたもの、ベタつきが気になる人は軽い付け心地のさっぱりとしたものがおすすめです。また、肌が荒れやすく敏感な人は、肌に優しい低刺激の乳液を選びましょう。

ノンコメドジェニック成分配合

ニキビができやすい人は、ノンコメドジェニックの乳液がおすすめです。ニキビの元となるアクネ菌エサになりにくい成分で作られているため、ニキビの予防に効果的です。また、毛穴詰まりも防ぎます。

毎日使えるテクスチャーや香り

スキンケアは継続して使うことが大切です。毎日使うことを考え、好みに合った質感や香りのアイテムを選ぶのがよいでしょう。

20代におすすめの乳液5選

cosmetics good for skin

この章では、20代におすすめの乳液を紹介します。それぞれ特徴が異なるので、自分の肌や好みに合ったアイテムを選びましょう。

Curel(キュレル)

curel-2
Curel 乳液

Curel(キュレル)の乳液は、消炎剤が配合された医薬部外品でニキビや肌荒れを防ぎます。保湿成分のセラミドが肌をしっかり保湿し、肌本来の力を高めます。値段は120mlで1,980円です。

無印良品

mujirushi-emolushion-shittori
無印良品の乳液・敏感肌用さっぱりタイプ

無印良品の乳液・敏感肌用さっぱりタイプは、アルコールやパラベンなどの添加物が入っていない肌に優しい乳液です。赤みやヒリつきが出やすい人も安心して使えます。値段は200mlで580円です。

IPSA(イプサ)

IPSA emulsion
IPSA ME

IPSA(イプサ)のMEは、一人ひとりの肌に合わせて16種類から選べる乳液です。ME3は、部分的にカサつきや脂っぽさを感じる混合肌を、みずみずしく透明感のある肌に導きます。値段は175mlで5,270円です。

ファンケル (FANCL)

fancl acne
ファンケル アクネケアミルキージェル

ファンケル(FANCL)のアクネケアミルキージェルは、ニキビで悩む20代におすすめのノンコメドジェニックの乳液です。毛穴の詰まりや黒ずみにも効果的です。値段は18gで1,650円です。

EVITA(エビータ)

EVITA
EVITA(エビータ)
ディープモイスチャーエマルジョン

EVITA(エビータ)のディープモイスチャーエマルジョンは、植物由来の成分を配合した高保湿の乳液です。ナチュラルローズの香りで、リラックス効果もあります。値段は130mlで1,500円です。

正しいスキンケアの方法

Ok how to use emulsion man

20代のスキンケアが、今後の肌の状態に大きな影響を与えます。以下の手順を参考に、正しいスキンケアをしましょう。

①洗顔料で清潔にする
まずは、洗顔で肌の汚れや余分な皮脂を落とし、清潔な状態にします。1日2回、朝晩の洗顔がおすすめです。しっかりと泡立てた洗顔料で、円を描くように優しく洗いましょう。

②化粧水で水分を与える
洗顔のあとは、500円玉大の化粧水を手に取り、乾燥しやすい頬から順に保湿します。化粧水で水分を与えることで、肌が潤い、乳液の浸透も良くなります。

③乳液で保護する
化粧水で潤いを与えた肌に乳液で蓋をします。パール大の乳液を手に取り、顔の内側から外側に向けて少し引き上げるように伸ばしましょう。化粧水を付けた後は、乾くのを待たずにすぐ付けるのがポイントです。

20代の肌ケアが将来の肌を大きく左右する

mirror woman acne skin

スキンケアは継続して使用することが大切で、20代の肌ケアが将来の肌を大きく左右します。自分の肌状態や好みに合った乳液を使い、正しいスキンケアを心掛けましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nana

元美容部員。百貨店などでメンズスキンケアの販売をおこなっていた経験を元に、スキンケアやメイクの方法を初心者に分かりやすく伝えます。 ■所得済み資格 ・日本化粧品検定1級 ・美容薬学検定1級 ・JMAメイクアップ技術検定試験2級 ・日本エステティック協会認定フェイシャルエステティシャン

-乳液