乳液

シミが気になる30代!美白効果のある乳液の選び方とおすすめを紹介

woman skincare thirty

「30代におすすめの乳液が知りたい!」
30代になり、シミやそばかすが気になったり、乾燥が酷くなったりと、今までとは違う肌悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。

年齢によって肌状態は異なるため、スキンケアの方法も、年齢や肌に合わせる必要があります。それでは、30代のスキンケアにはどのようなアイテムが必要でしょうか。

この記事では、30代の肌について解説し、30代におすすめの乳液を紹介します。

30代の肌悩みはシミ・そばかすが一位

skin checkwoman

こちらは、女性の肌悩みランキングです。20代はニキビや吹き出物に悩む人が多いのに対し、30代になるとシミやそばかすの悩みが増えるということが分かります。

また、約半数の30代女性が、毛穴の開きや黒ずみ、乾燥にも悩んでいるようです。

skin data twenty

(出典:キレイ研究室「悩みはさまざま!年代別お肌のお悩みランキング」)

シミやそばかすの原因は、紫外線のダメージであることが多いです。紫外線によって、シミやそばかすの元となるメラニン色素が活発に生成されます。そのため、日頃のUVケアが大切になります。

また、若いころにできたニキビがシミになることもあります。悪化したニキビは色素沈着を起こすこともあるため、今あるニキビは早めに対処しましょう。

30代の乳液の選び方

what choose

それでは、30代のスキンケアには、どのような乳液を選ぶとよいのでしょうか。この章では、30代が乳液を選ぶときのポイントを紹介します。

美白成分配合

シミやそばかすが気になる人は、美白成分が配合された乳液を選びましょう。美白効果のあるアイテムは、メラニンの生成を抑えるため、シミやそばかすの予防に効果的です。

保湿力の高いもの

年齢とともに、肌の水分量は低下します。30代のスキンケアには、保湿力の高い乳液を選びましょう。

また、乾燥していると、肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)が乱れ、シミやそばかすの元となるメラニンの排出も難しくなります。シミやそばかすの予防にも保湿は大切です。

肌の状態に合わせる

乳液を選ぶときは、肌の状態に合ったアイテムを選びましょう。肌は繊細なので、季節や精神状態によっても肌質が変わります。自分の肌状態を把握しておくことが重要です。

季節や肌のコンディションによって使い分けるのもよいでしょう。肌に赤みが出たりヒリつきがあったりと、敏感になっているときは、肌に優しい低刺激の乳液がおすすめです。

30代におすすめの乳液5選

emulsion for thirty

この章では、30代におすすめの乳液を紹介します。それぞれ特徴が異なるので、自分の肌状態や季節に合わせて使用しましょう。

Curel(キュレル)

curel kansou
Curel(キュレル)の美白ケア乳液

Curel(キュレル)の美白ケア乳液は、天然ハーブ由来の美白有効成分カモミラETが配合された医薬部外品です。シミやそばかすの原因になるメラニンの生成を抑える効果があります。値段は110mlで2,300円です。

KOSE(コーセー)

sekkisei
KOSE(コーセー) 雪肌精

KOSE(コーセー)の雪肌精は、透明感あふれる雪のような肌に導く美白スキンケアシリーズです。和漢植物エキス配合で、肌に白さと弾力を与えます。値段は140mlで3,313円です。

MINON(ミノン)

minon aminomoist
MINON(ミノン)
アミノモイスト モイストチャージミルク

MINON(ミノン)のアミノモイスト モイストチャージミルクは、9種の保潤アミノ酸と2種の清透アミノ酸が配合されており、保湿力の高い乳液です。濃厚な質感ですがベタつきにくいのが特徴です。値段は100gで1,778円です。

無印良品

無印良品の乳液・敏感肌用高保湿タイプ

無印良品の乳液・敏感肌用高保湿タイプは、アルコールやパラベンなどが配合されていない肌に優しい乳液です。赤みやヒリつきが起こりやすいデリケートな肌にもおすすめの低刺激な処方です。値段は200mlで780円です。

SOFINA(ソフィーナ)

sofina
SOFINA(ソフィーナ) 高保湿UV乳液

SOFINA(ソフィーナ)の高保湿UV乳液は、SPF50+ PA++++のUV効果があります。保湿するだけでなく、紫外線のダメージから肌を守るため、朝のスキンケアにおすすめです。値段は30gで3,300円です。

シミ取りにはレーザー治療もあり

hospital doctor

美白ケアや保湿ケアを取り入れることで、シミやそばかすの予防をすることは可能です。しかし、一度できてしまったシミやそばかすを、スキンケアでなくすことはできません。

シミやそばかすが気になる人には、レーザー治療もおすすめです。レーザー治療は、シミのある箇所に光を照射する施術で、施術を重ねるごとにシミを薄くすることが可能です。

シミの状態によっても異なりますが、月に1回の治療を5回程度続けることによって、効果の実感ができるでしょう。費用はクリニックによって様々ですが、1万円程度からできるところもあります。

気になる人は、皮膚科や美容クリニックを受診しましょう。

潤いのある肌をキープして周りの30代と差をつけよう

emulsion woman good

30代になると、年齢による肌のトラブルが気になり始めます。適切なスキンケアによって、シミやそばかす、乾燥の悩みを軽減することは可能です。潤いのある肌をキープし、周りの30代と差をつけましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nana

元美容部員。百貨店などでメンズスキンケアの販売をおこなっていた経験を元に、スキンケアやメイクの方法を初心者に分かりやすく伝えます。 ■所得済み資格 ・日本化粧品検定1級 ・美容薬学検定1級 ・JMAメイクアップ技術検定試験2級 ・日本エステティック協会認定フェイシャルエステティシャン

-乳液