乳液

メンズスキンケアは乳液のみではダメ?乳液の役割と正しい使い方を紹介

good teeth man

「メンズスキンケアは乳液だけではいけないの?」
スキンケアには、化粧水や乳液など、様々な保湿アイテムがあります。たくさんつけることを面倒に感じ、乳液だけでケアしたいと思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、乳液だけでスキンケアをするのはNGです。それぞれのアイテムには異なる役割があり、あわせて使うことが大切です。

この記事では、メンズのスキンケアが乳液だけではいけない理由を解説し、メンズに必要な正しいスキンケア方法を紹介します。

メンズスキンケアが乳液のみではダメな理由

doctor ng

メンズのスキンケアは、なぜ乳液のみではいけないのでしょうか。この章では、メンズのスキンケアが乳液のみではダメな理由について解説します。

乾燥してしまう

乳液にも肌を保湿する役割がありますが、潤いを与えるという点では化粧水が優れています。洗顔やシェービングをした後の肌は、化粧水で潤いを与えなければ乾燥してしまいます。

化粧水と乳液には、それぞれ異なる役割があるため、化粧水で潤いを与え、乳液で蓋をするという、ステップで使用するのがおすすめです。

テカリの原因になる

乳液のみのスキンケアは、テカリの原因にもなります。肌の潤いが不足していると、不足している水分を補おうと、肌が過剰に皮脂を分泌します。そのため、化粧水を使用せずに乳液を塗ると、肌の乾燥が原因でテカりやすくなります。

乳液が肌に入りにくくなる

化粧水には、その後に使う乳液の浸透を良くする効果もあります。そのため、化粧水を付けてから乳液をつけるのと、乳液のみを付けるのでは、肌への浸透力が大きく変わります。

浸透が悪くなると、乳液の十分な効果を感じられません。また、肌表面にベタつきも残りやすくなります。

メンズにも正しいスキンケアが必要な理由

lotion green good for health

メンズのスキンケアは、乳液だけではなく化粧水も使用するのがおすすめですが、なぜメンズも丁寧なスキンケアをするべきなのでしょうか。この章では、メンズにも正しいスキンケアが必要な理由を解説します。

髭剃りをする

男性は頬や口周りなどに髭剃りのダメージを受けています。髭剃りをするとき、髭だけでなく肌表面の角質層も削り取ってしまいます。それが毎日の積み重ねともなれば、当然、肌のダメージは大きくなります。

髭剃りのダメージにより、肌は乾燥し、荒れやすくなるため、男性もスキンケアは大切です。また、正しいスキンケアをおこなうことで、カミソリ負けしにくい強い肌になります。

乾燥しやすい

皮脂の分泌が多く、テカリやベタつきが出やすい男性は、一見潤っているように感じます。しかし、実は男性の肌は女性の2分の1ほどしか水分がありません。男性の肌は乾燥しやすいため、正しいスキンケアが必要です。

ダメージが蓄積している

男性は、女性に比べ、スキンケアを丁寧におこなっている人が少ないです。スキンケアは日々の積み重ねが大切なので、スキンケアを早くからしていなかった男性の肌には、ダメージが蓄積されています。

また、メイクをする女性は、ファンデーションなどに含まれているUV効果で紫外線対策もできます。紫外線が肌に与える影響は大きく、乾燥やシミ、しわなど、様々な肌トラブルの原因になります。日焼け止めを塗っていない男性は、特に注意が必要です。

メンズスキンケアの正しい手順

how to use emulsion

メンズスキンケアの正しい手順は以下の通りです。

①洗顔料で清潔にする
まずは、洗顔で肌の汚れや余分な皮脂を落とします。洗顔は1日2回、朝晩おこないましょう。摩擦は肌の負担になるので、ゴシゴシと擦るのはNGです。泡立てた洗顔料で、円を描くように優しく洗いましょう。

②化粧水で水分を与える
500円玉大の化粧水を手に取り、乾燥しやすい頬から順に保湿しますベタつきやすい額や鼻も保湿は必要です。また、髭剃りのダメージを受けている頬や口周りは、特にしっかりと保湿をしましょう。

③乳液で保護する
化粧水を馴染ませた後は、乾くのを待たずに乳液を付けます。パール大の乳液を手に取り、顔の内側から外側に向けて少し引き上げるように伸ばしましょう。仕上げに、顔を手で包み込むようにハンドプレスすることで、スキンケアの浸透が良くなります。

乳液のみではなく、正しいメンズスキンケアをしよう

man talking about cosmetics

化粧水や乳液といったスキンケアには、それぞれ異なる役割があり、あわせて使うことで効果を発揮します。繊細な男性の肌を健康的に保つためには、正しいスキンケアが欠かせません。乳液のみを使用するのではなく、正しいメンズスキンケアをしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nana

元美容部員。百貨店などでメンズスキンケアの販売をおこなっていた経験を元に、スキンケアやメイクの方法を初心者に分かりやすく伝えます。 ■所得済み資格 ・日本化粧品検定1級 ・美容薬学検定1級 ・JMAメイクアップ技術検定試験2級 ・日本エステティック協会認定フェイシャルエステティシャン

-乳液