クレンジング

毛穴ケアのメンズクレンジングの頻度は週1~2回でOK!条件別頻度とやり方を紹介

2022年7月27日

eyecatch-cleansing-frequency

「クレンジングはどれぐらいの頻度ですればいいの?」

クレンジングは、メイクを落とすことができ、毛穴の詰まりや黒ずみにもおすすめです。

クレンジングをしたほうがよいということは知っていても、どのタイミングでするとよいのか知っている男性は少ないです。

クレンジングには適切な頻度があり、正しく使用することで、健康的で清潔感のある肌を維持することができます。

この記事では、クレンジングの適切な頻度と正しいクレンジング方法について紹介します。

毛穴汚れケアなら週に1~2回の頻度

heading-434-item-cleansing-placed

毛穴のケアをする目的で使用する場合は、週に1~2回程度のクレンジングがおすすめです。

毛穴の詰まりや黒ずみ、イチゴ鼻が目立つと気になってしまいます。しかし、クレンジングのやりすぎは逆効果になってしまうこともあります。

クレンジングを必要以上にやってしまい、肌が乾燥していると、毛穴の開きの原因になります。肌に必要な潤いを守るため、週に1~2回を目安にしましょう。

メイク落としなら毎日の頻度

heading-439-item-cleansing-face-wash

メイクをしている人は、毎日クレンジングをする必要があります。

洗顔料は、肌に付着した汚れや古くなった角質を落とすことができますが、メイク汚れなどの油分汚れを落としきることはできません。

そのため、メイクを落とさない生活を続けていると、毛穴の詰まりや黒ずみの原因になります。

また、メイクが肌に残ったままになっていると、化粧品に含まれている皮脂が様々な肌トラブルを引き起こします。皮脂が酸化し、シワやシミといった肌老化が起こったり、皮脂が菌の餌となり、ニキビや吹き出物ができたりします。

メイクをする場合は、必ず毎日クレンジングをしましょう。

ディープクレンジングは週に1回の頻度

heading-26-item-face-pack-placed

ディープクレンジングに関しては、週に1回の頻度で十分です。

蒸しタオルやスチーマーを使ったり、マッサージをしたりといった入念な毛穴ケアは、基本のスキンケアをした上で、必要であればおこないましょう。

メンズクレンジングのやり方

クレンジングのタイミングは、夜の洗顔前が基本です。以下のクレンジング方法を参考にしましょう。

①手を清潔な状態にする

how-to-cleansing1


まず、ハンドソープで手を清潔な状態にしましょう。

②クレンジングを手に取る

how-to-1023-cleansing-have-nothing


乾いた手に適量のクレンジングを取ります。オイルタイプの場合、500円玉大が使用量の目安ですが、商品によって異なるため、商品や箱の裏面を確認してから使いましょう。

③顔に馴染ませる

how-to-28-cleansing-shed -man-2


顔を濡らしていない状態で、クレンジングを馴染ませます。毛穴の詰まりが気になる部分は重点的に馴染ませましょう。ゴシゴシ擦らず、くるくると優しく馴染ませるのがポイントです。

④乳化させる

how-to-67-cleansing-after-man-2


32~34度のぬるま湯を手に取り、顔全体が白っぽくなるまで乳化させます。乳化させることで汚れが浮き、落ちやすくなります。

⑤洗い流す

cleansing5


最後にぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。髪の生え際や小鼻などはすすぎ残しをしやすいので、特に注意が必要です。

⑥必要に応じて洗顔をする

how-to-115-face-wash-shed -man-2


クレンジング後は洗顔料を使用して洗顔をしましょう。「W洗顔不要」と記載のあるアイテムはクレンジングのみで使用することが可能です。

メンズクレンジングを使う時の注意点

heading-344-item-caution-

クレンジングを使用するときには、いくつかの注意点があります。ポイントを押さえて、正しくクレンジングをしましょう。

手が濡れていてもOKか確認する

一般的なクレンジングは、手と顔が乾いた状態で使用します。手や顔が濡れていると、十分な効果を得ることができません。

濡れた手で使用できるアイテムもあるので、お風呂で使用したい人は購入前に確認をしておきましょう。

W洗顔が必要か確認する

クレンジングの使用後は、洗顔料を使用した洗顔が必要であることが一般的です。

商品のパッケージや商品説明に「W洗顔不要」と記載のあるアイテムは、クレンジングのみで使用でき、洗顔の必要がないアイテムです。面倒に感じる人や、肌への負担を減らしたい人におすすめです。

容量を守る

クレンジングは容量を守って使用しましょう。使用量の目安は商品や箱の裏面に書かれています。

使用量が少ないと、肌に直接手が触れ、摩擦によるダメージを与えてしまうことになりかねません。また、反対に、しっかりと落としたいという理由でたくさん使っても、効果が高まることはありません。

肌は優しく擦る

肌は繊細なので、摩擦は肌を傷つけてしまい、トラブルの原因になります。

毛穴の詰まりや黒ずみが気になると、ゴシゴシと擦ってしまいがちですが、くるくると円を描くように優しく洗いましょう。

正しい頻度でクレンジングをして、毛穴を綺麗にしよう

heading-443-item-cleansing-placed

メイクをしている人は毎日、毛穴のケアをしたい場合には週に1~2回程度のクレンジングがおすすめです。洗いすぎは肌の負担になるので注意が必要です。正しい頻度でクレンジングをして、毛穴を綺麗に保ちましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nana

元美容部員。百貨店などでメンズスキンケアの販売をおこなっていた経験を元に、スキンケアやメイクの方法を初心者に分かりやすく伝えます。 メンズコスメブランドMULC(ムルク)の商品制作責任者。 ■所得済み資格 ・日本化粧品検定1級 ・美容薬学検定1級 ・JMAメイクアップ技術検定試験2級 ・日本エステティック協会認定フェイシャルエステティシャン

-クレンジング