スキンケア

メンズ化粧水と乳液はどっちが先でどんな効果?正しい順番と使い方を解説

lotion and emulsion

「化粧水と乳液はどちらから使えばいいの?」

化粧水と乳液は、肌を保湿するスキンケアの定番アイテムです。男性でも使用しているという人は多いのではないでしょうか。

しかし、なんとなく使ってはいるけれど、化粧水や乳液の役割や、正しい使用方法は分かっていないという男性も多い傾向にあります。

この記事では、化粧水と乳液の効果について解説し、正しい使用順序を紹介します。

化粧水と乳液の効果

man lotion white

化粧水と乳液はそれぞれ効果が異なります。そのため、化粧水と乳液はどちらかひとつではなく、あわせて使う必要があります。

それでは、化粧水と乳液にはどのような役割があるのでしょうか。この記事では、化粧水と乳液と乳液のそれぞれの効果について解説します。

化粧水は潤いの補給

化粧水は肌に潤いを補給する役割があります。化粧水の約70%~80%は水でできており、洗顔やシェービングで失われた水分を瞬時に補います。

また、肌表面の角質層に潤いを与えることで、保湿成分や美容成分の浸透を良くさせる効果もあります。

乳液は保湿

乳液は肌を保湿し、水分の蒸発を防ぎます。乳液には油分が入っており、肌の表面に蓋をすることで、肌の保護をします。

化粧水と乳液では「化粧水」が先

woman try lotion

化粧水と乳液を使用するときは、化粧水を先に付けた後、乳液を付けます。まずは化粧水で肌に潤いを与え、乳液で蓋をします。

ただし、アイテムによっては、先に乳液を使用するものもあります。メンズ向けのアイテムは、化粧水を先に使うものがほとんどですが、念のため、容器や箱の裏面を確認しましょう。

化粧水と乳液の使い方

lotion man OK

化粧水と乳液の正しい使い方は以下の通りです。

①500円玉大の化粧水を手に出す
洗顔やシェービングの後、500玉大の化粧水を清潔な手の平に出します。

②顔全体に化粧水を塗る
乾燥しやすい頬から、内側から外側に向け化粧水を付けます。摩擦は肌の負担をになるため、擦らず、優しく伸ばすことが大切です。額や鼻などのベタつきやすい部分も保湿は必要なので、忘れずに塗りましょう。

④パール大の乳液を手に出す
化粧水を付けたあとは乳液を付けます。1回の使用量の目安はパール1粒大です。化粧水を肌に馴染ませた後、乾くまで待たずにすぐ付けるのがポイントです。

⑤頬から塗り広げる
乳液を塗るときも、乾燥しやすい頬から塗っていきます。顔の内側から外側に向けて、軽く引き上げるようなイメージで伸ばしましょう。

⑥ベタつきやすい部分に塗る
皮脂が出やすい額や鼻にも乳液は必要です。手に残っている乳液を軽く押さえるように塗りましょう。

⑦ハンドプレスする
最後に、両手で顔を包み込むようにします。ハンドプレスをすることでスキンケアの浸透が良くなります。

化粧水と乳液を正しい順番で使って効果を最大限に活かそう

man try a cosmetic

化粧水と乳液にはそれぞれ異なる役割があり、化粧水で与えた潤いに、乳液で蓋をすることが大切です。化粧水と乳液を正しい順番で使って効果を最大限に活かしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nana

元美容部員。百貨店などでメンズスキンケアの販売をおこなっていた経験を元に、スキンケアやメイクの方法を初心者に分かりやすく伝えます。 ■所得済み資格 ・日本化粧品検定1級 ・美容薬学検定1級 ・JMAメイクアップ技術検定試験2級 ・日本エステティック協会認定フェイシャルエステティシャン

-スキンケア