スキンケア

IPSA(イプサ)のスキンケアはメンズにもおすすめ!評判や特徴、料金を解説

「IPSA(イプサ)のスキンケアはメンズでも使えるの?商品の特徴が知りたい。」

大手百貨店の化粧品売場で、必ずと言っていい程見かけるIPSA(イプサ)。IPSA(イプサ)は男性専門のラインはないですが、男女問わず大人気のブランドです。

口コミでその実力は広まっており、IPSA(イプサ)でスキンケアを揃える男性も増えてきています。

この記事ではIPSA(イプサ)の商品の特徴や料金、評判について徹底解説していきます。画像つきで説明していくので、IPSA(イプサ)を初めて使う方は必見です。

【メンズ向け】スキンケアブランドIPSA(イプサ)とは?

IPSA

(出典:IPSA,「TOP」
IPSA(イプサ)とは、資生堂の子会社として1986年に創立されたブランドで、ラテン語で「自ら、~自身の、自発的な」という意味があります。

生まれもった素質、育ってきた環境、生活習慣などさまざまな要因で肌状態は異なると考えており、一人ひとりの肌が本来持っている力にアプローチできる製品を提案しています。

IPSA(イプサ)には8種類の化粧液があり、測定器を使った肌診断や細かいカウンセリングで自分に合った商品を選ぶことができます。

一人ひとりにベストな商品を見つけることができるので、今まで出会ったことのない肌に導いてくれると高い評価を得ています。

そんなIPSA(イプサ)ですが、最近ではメンズスキンケアとして利用する人も多いです。ロングセラー商品である「ザ・タイムR アクア」は、メンズノンノ美容対象2018にも選ばれています。

テカりやすく乾燥しやすいとういう男性特有の肌悩みにもアプローチしてくれる商品なので、男性でも安心して使うことができますね。

IPSA(イプサ)のおすすめメンズスキンケア商品

この章ではメンズスキンケアにも使える、IPSA(イプサ)のおすすめ商品について紹介していきます。IPSA(イプサ)といえば化粧水のイメージがありますが、他にもスキンケアに特化した人気商品は沢山あります。

それでは商品の特徴と使い方について詳しく見ていきましょう。

拭き取り化粧水:クリアアップローション

ipsa tonerクリアアップローションは拭き取り化粧水のことで、150mlで¥3,850です。洗顔では落としきれない、不要な角層や毛穴汚れをすっきり心地よくふきとる角層ケアローションになっています。

洗顔後、コットンに500円硬貨大よりやや大きめにたっぷり取ります。コットンで汚れをふきとるように顔全体になじませましょう。

クリアアップローションは2種類あり、肌タイプによって拭き取り化粧水を使い分けることができます。クリアアップローション 1は、ベタつきが気になる肌向けです。

クリアアップローション 2は、カサつきが気になる肌向けです。拭き取り化粧水を使うことで、不要な角層をやわらかくほぐしてくれます。

後から使用するスキンケアをなじみやすい状態に整えてくれる優れものです。

化粧水:ザ・タイムR アクア

ipsa toner2

ザ・タイムR アクアとは化粧水のことで、200mlで¥4,400です。独自の技術で、肌の角層の水分量を増やすアクアプレゼンターという成分を配合しています。

さらに有効成分(厚生労働省が効果効能を認めた成分)が肌荒れや大人の肌のニキビを防いでくれます。

さっぱりとした使用感ですが、保湿後の肌がすべすべで潤っているのを実感することができます。肌バランスを整え、テカリにくい肌に導いてくれるので、肌の皮脂量が多い男性におすすめです。

化粧液:ME(エムイー)シリーズ

ME(エムイー)シリーズは、IPSA(イプサ)を代表するスキンケアです。化粧水と乳液の役割も果たす化粧液で、これ1本で基本のスキンケアが完了します。

そのため、化粧水として使うか乳液として使うかによって使用方法が変わります。乳液の代わりにしている人は、美容液の後に1回につき3プッシュ使っています。

ME(エムイー)の値段は175mlで¥7,150です。敏感肌用のME センシティブは175mlで¥6,050です。お肌のタイプに合わせて8種の化粧液の中から自分にぴったりの商品を選べます。

skin type8
(出典:NAVUMEMO「IPSAの化粧水と乳液を買ったら、まさかの結果になった話」

ME 1は、みずみずしく、全体的に脂っぽくツヤがある肌におすすめです。
ME 2は、みずみずしく、全体的にやや脂っぽくツヤがある肌におすすめです。
ME 3は、みずみずしくなめらかな一方、部分的にカサつきや脂っぽさを感じる肌におすすめです。
ME 4は、みずみずしくなめらかな一方、部分的にカサつきやわずかな脂っぽさを感じる肌におすすめです。
ME 5は、全体的に脂っぽいのと同時にカサつきやザラつきを感じる肌におすすめです。
ME 6は、全体的にやや脂っぽいのと同時にカサつきやザラつきを感じる肌におすすめです。
ME 7は、みずみずしさとツヤが不足しがちで、全体的なカサつきが気になる肌におすすめです。
ME 8は、みずみずしさとツヤが不足しがちで、全体的なカサつきがかなり気になる肌におすすめです。
※この他にもME センシティブ という敏感肌用の化粧液も3種類あります。

ただ、8種類もあると自分の肌がどのタイプがあっているのか、選ぶのに困ってしまいますよね。
IPSA(イプサ)では店舗のカウンターに行くと、肌診断とカウンセリングを受けることができ、ベストな化粧液をおすすめしてもらえます。

skin type(出典:DEPACO「イプサで分かる!自分にぴったりのスキンケア」)

ブランド独自の機器イプサライザーの測定は項目数が豊富で、肌診断を受けることで自分の肌の状態を詳しく知ることができます。

skin type 17(出典:mamagirl「イプサの化粧水は肌美人さんの愛用品!イプサの魅力を調査」

美容液:SERUM 0(セラムゼロ)

SERUM 0(セラムゼロ)とは美容液のことで、エントリーサイズは30mlで¥7,700です。洗顔後に使うことにより、みずみずしく清らかでスッキリとした肌印象へと導きます。

IPSA(イプサ)のホームページには、セラム0をつけて行うマッサージ方法「0-メソッド」が動画で紹介されています。
マッサージをするように馴染ませるとより効果を実感できるので試して見て下さい。

serum0eye
(出典:IPSA「TOPページ」

さらに、目元のケアに特化したSERUM 0 EYE(セラムゼロアイ)もあります。SERUM 0 EYE(セラムゼロアイ)は20gで¥8,800です。

洗顔後に添付のスパチュラ(クリームをすくうためのヘラ)に適量を取り、目元に優しく馴染ませます。

serum0
(出典:IPSA「TOPページ」

美容液:ザ・タイムR デイエッセンススティック

ipsa the time

ザ・タイムR デイエッセンススティックはスティック状の美容液で9.5gで¥3,190です。日中のカサつく肌をひと塗りでなめらかに整える、みずみずしい使用感になっています。

水分を大量に補給することができ、乾いてつっぱったように感じる肌のキメを素早くなめらかに整えます。化粧直し時に使うと、縮んだキメがふっくらして肌がなめらかになり、その後のファンデーションののりがよくなります。

IPSA(イプサ)のスキンケア商品の口コミ・評判

実際にIPSA(イプサ)を使ってみた人はどのような感想を持っているのか気になりますよね。
SNSにはIPSA(イプサ)のスキンケアに関する口コミが沢山ありました。

IPSA(イプサ)の商品は、保湿力を気に入っている人が多いです。
IPSA(イプサ)の商品を長期的に使い、何度か肌診断を受けることで、変化を実感できているという人もいます。

IPSA(イプサ)のスキンケアは高価だと感じている人もいるようです。肌の生まれ変わりを促すターンオーバーは28日周期だと言われています。

スキンケアの効果が分かるのには最低でも1ヶ月はかかります。IPSA(イプサ)の商品を継続して使うことで、効果を実感することができそうですね。

IPSA(イプサ)でワンランク上のメンズスキンケアを始めよう

女性に大人気のIPSA(イプサ)は、保湿力の高さから男性にも好評です。
IPSA(イプサ)で肌診断やカウンセリングを受けることで、自分の肌にぴったりのスキンケア商品を見つけることもできます。
ぜひこの機会にIPSA(イプサ)でベストなスキンケアを見つけましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-スキンケア