tinder

tinder(ティンダー)で身バレしたくない!簡単な防止策を8つ紹介

Be exposed

「tinder(ティンダー)で身バレを防ぐ方法はあるのかな」

tinder(ティンダー)を利用していることを知り合いにばれたくないと考えている人は多いのではないでしょうか。

tinder(ティンダー)でも身バレ対策をきちんとすることで知り合いに見つかるのを防ぐことができます。

この記事ではtinder(ティンダー)で身バレを防ぐ方法を紹介します。

tinder(ティンダー)で身バレする3パターン

leak out

tinder(ティンダー)では様々な目的で利用している人が多く、目的によっては知り合いにばれたくないと考える人も多いのではないでしょうか。身バレを防ぐためには、まずは身バレする原因を知る必要があります。

この章ではtinder(ティンダー)で身バレする3つのパターンを紹介します。

位置情報が近い

tinder(ティンダー)で身バレする原因の1つは位置情報です。

tinder(ティンダー)では携帯の位置情報を利用して、近くに住んでいる人が表示される仕組みになっています。そのため、近くにいる人にあなたのプロフィールが表示され、身バレしてしまうことがあります。

設定で遠くの人に自分を表示させることはできますが、近くの人を表示させないようにすることはできないので、近所にコミュニティがある人は要注意です。

顔写真の特徴が分かりやすい

自分だと分かってしまう顔写真を使っている人は身バレしやすいです。

tinder(ティンダー)は近くの人がランダムに表示される仕組みです。顔写真を見てあなただと判断できるものを使っている場合は、プロフィールが知人に表示された場合は、簡単に身バレしてしまいます。

名前が本名になっている

tinder(ティンダー)を本名で登録している場合は身バレに繋がりやすいです。

写真で誰だか判断がつかなくても、あなたと名前が一致するとばれてしまいます。身バレしたくない場合は偽名を使うことをおすすめします。

tinder(ティンダー)で身バレを防ぐ方法

hide men

tinder(ティンダー)は異性の写真がランダムに表示される仕組みなので、ふいに知り合いに自分のプロフィールが表示される可能性があります。どうしても身バレを防ぎたい場合はどうしたらいいのでしょうか。

この章ではtinder(ティンダー)で身バレを防ぐ方法を8つ紹介します。

連絡先ブロックを使う

特定の人に自分のプロフィールを表示させたくない場合は、連絡先ブロック機能を使いましょう。

連絡先ブロック機能とは、身バレしたくない人の電話番号を登録することで、お互い表示させなくすることができる仕組みです。

また、tinder(ティンダー)は同性も表示できるマッチングアプリです。同性の知り合いにも身バレしたく無い場合は、電話番号を知っている男女を登録しておくのがおすすめです。

Facebookで登録する

tinder(ティンダー)をFacebookで登録することで、Facebookの友達を表示できなくすることができます。

しかし、Facebookでの共通の知人はtinder(ティンダー)で表示されやすくなってしまいます。

Facebookでtinder(ティンダー)を登録したら、直接の友達にはばれませんが、共通の知人にばれてしまうリスクがあることを知っておきましょう。

非表示にする

身バレしたく無い場合は非表示機能を使いましょう。

非表示機能を使うと、LIKEやNOPEをする基本画面に自分が表示されなくなるのでLikeされるチャンスは減ってしまいます。しかし、すでにLIKEした人には表示されます。

非表示機能を使うときは、沢山LIKEを送っておいてから使いましょう。

顔の特徴が分かる写真は載せない

tinder(ティンダー)で身バレを防ぐ有効な方法は、顔の特徴が分かる写真を載せないことです。

自分だと分かる写真を載せていなければ、身バレすることはほとんどありません。実際に後ろ姿や横顔を登録して、マッチング後に見せているという人も沢山います。

SNSで使用している写真を使わない

SNSで使用している写真を使わないというのも、身バレを防ぐ有効な手段です。

例えばLINEなどのアイコンの写真をtinder(ティンダー)で使っている場合、顔が映っていないとしても同じ写真という理由でばれてしまいます。

身バレしたくない場合は、新たに写真を撮るなどして、誰にも見せたことがない写真を使いましょう。

課金して位置情報を変更する

tinder(ティンダー)では有料会員に加入することで自分の位置情報を変更することができます。自分の位置情報を知り合いから遠い場所に移すことで身バレの可能性を低くすることができます。

有料会員の種類は3つあり、3つのいずれも位置情報を変更する機能がついています。

tinder(ティンダー)の有料会員の料金は以下の通りです。

課金プランtinder Plustinder GOLDtinder PLATINUM
1ヶ月959円/月2,878円/月3,837円/月
6ヶ月604円/月(一括3,624円)1,803円/月(一括10,819円)2,398円/月(一括14,390円)
12ヶ月399円/月(一括4,796円)1,199円/月(一括14,390円)1,598円/月(一括19,187円)

課金していいね!した人にのみ表示させる

身バレしたくない場合は、有料会員に加入してLikeした人にだけ自分を表示させる機能を使いましょう。

3つのいずれかの有料会員になると、設定画面に「あなたのプロフィールを公開するユーザー」という項目が表示されます。そこで「私が「いいね!」した人だけ」を選択すると、自分がLikeした人にだけ自分のプロフィールが表示されるようになります。

tinder(ティンダー)で身バレしたくない人におすすめのマッチングアプリ

hide men matching app

tinder(ティンダー)でも身バレのリスクを下げながら利用することはできます。しかし身バレの可能性を下げるとともに、マッチングの機会を減らしてしまう方法が多いです。

この章では、身バレを防ぎつつ楽しめる他のマッチングアプリを紹介します。

tapple(タップル)

tapple(タップル)には身バレを防ぐアイテム、透明マントがあります。

tapple(タップル)は20代前半の利用者が多いマッチングアプリで、tinder(ティンダー)と同じスワイプ式です。課金アイテムの透明マントを使うことで、いいかもを送った相手にのみ自分を表示させることができます。

「趣味で繋がる」がコンセプトのマッチングアプリなので、身バレを防止しつつ共通の趣味がある異性と出会いたい場合はtapple(タップル)がおすすめです。

with(ウィズ)

with(ウィズ)は無料で自分を非表示にできる休憩モードがります。

with(ウィズ)は20代~30代前半の利用者が多く、性格や価値観の相性がいい人と出会いたい人におすすめのマッチングアプリです。with(ウィズ)は恋愛心理学に基づき、自分と相性がいい人を自動的に選んでくれる機能があります。

休憩モードを使うことで、自分がいいねを送った相手にしか自分を表示させなくすることができます。しかし、休憩モードを使用している間は新たに相手にいいねを送ったり足跡を付けたりするとはできません。

tinder(ティンダー)で身バレを防ぐ方法を試してみよう

try matching app

tinder(ティンダー)は身バレを防ぎつつ楽しむことができるマッチングアプリです。

どうしても身バレしたくない方はこの記事を参考に、身バレする原因を理解し、身バレを防ぐ方法を試してみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

koji

アプリはこれまでペアーズ、タップル、with、Tinderを使用。withは1カ月で1000いいねover! マッチンアプリ専門のカメラマンとしても活動中:フラッシュ撮影: プレイヤー側、アドバイス側の両視点を持って、書かせてもらいます! 新居でカーテンが欲しい

-tinder