スキンケア

【初めてのメンズスキンケア】正しい手順・商品の選び方・疑問を解消

2021年5月14日

how-to-face-wash2

「スキンケア初心者のメンズは何をすればいいの?基本の肌ケアが知りたい」

肌荒れした時や美肌のメンズを見た時、最低限のケアだけでも分かるようになって、もっと肌を綺麗にしたいと思う男性は多いです。

年齢ともに髭剃り負けやニキビなどの肌トラブルも起きやすくなるので、そろそろ洗顔以外のスキンケアを始めなければと焦りを感じている人もいるかもしれません。

スキンケア用品は店頭に数多く並んでいるので、初心者の男性はあれもこれも揃えなければならないと、負担に感じてしまうものです。

しかし必要なアイテムは大きく分けて洗顔料、化粧水、乳液の3種類なので、意外とシンプルなので誰でも簡単に始めることができます。

この記事では、メンズスキンケア初心者の方向けにスキンケアの手順やおすすめの商品を紹介します。

【初心者向け】メンズスキンケアが必要な理由

【初心者向け】メンズスキンケアが必要な理由

そもそも男性にスキンケアが必要なのかという疑問がある方もいると思いますが、男性もスキンケアは必要です。

なぜならば男性の肌は脂が多く、毛穴も目立ちやすく清潔感がない印象になりやすいからです。

また、ヒゲを剃ったり紫外線のダメージを負っているので年齢を重ねるうちにダメージが蓄積され表面化しやすくなっています。

そのため、肌を長い間キレイな状態にしておくためにはスキンケアが必要になります。

【初心者向け】メンズスキンケアの手順

【初心者向け】メンズスキンケアの手順

メンズスキンケアをする際には手順も重要です。

間違った順番や飛ばしてしまうと効果が半減になったり逆効果になることもあるので正しい手順を覚えておきましょう。

基本的なスキンケアの手順は下記です。

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 乳液

洗顔で汚れを落とす

洗顔は顔の汚れを落とすスキンケアです。洗顔の手順は以下です。

  1. ぬるま湯(30℃~32℃)で顔を流す
  2. ネットを使って洗顔料を泡立てる
  3. おでこや鼻など皮脂の多い部分→顔全体の順で洗う
  4. ぬるま湯で洗顔を洗い流す
wash face

洗顔を始める前に毛穴を開くために、塗るま湯で顔を流します。

お風呂で洗顔をする場合にはシャワーを直接顔に当てると刺激が強く肌荒れの原因になるので、手ですくって顔にかけてください。

wash face

ぬるま湯で顔を流し毛穴を開いた後には、洗顔ネットで泡を作ります。

泡を作ることによって、毛穴の細かい部分まで汚れを取れるようになります。また、肌への摩擦も減るので、洗顔をするときには泡を作りましょう。

洗顔ネットは100均や無印などの生活量販店でも購入できます。今回は洗顔ネットの中でも泡立て力の評判が良いバルクオムを使用してます。

Amazonの口コミが4560件あって評価が4.6の実力は本物です。初心者でも泡立てしやすいので持っておいて損はない商品です。

wash face2

泡立てネットを使って濃密な泡を作ります。

弾力がある状態までしっかりともっていきましょう。良い泡が良い洗顔につながります。

wash face3

泡は作ってすぐが洗浄力が高いので、テカリが気になる部分から付けていきます。

画像ではおでこと鼻から洗顔の泡を付けています。

wash face4

おでこや鼻に付けた後には顔全体に広げていきます。手で肌を擦らないように優しく泡で肌を撫でるイメージです。

洗顔の泡を作れるようになると髪に泡が付いてしまうのであれば、ヘアーバンドやカチューシャを持っておくこともおすすめです。

how-to-945-face-wash-shed -man-1

これも100均や無印で売ってるもので大丈夫です。

wash face5

泡をぬるま湯を使って優しく落としていきます。

この際にも肌を擦ると悪影響なので、シャバシャバと何度も顔を洗い流しましょう。

wash face 7

洗顔が終わったら綺麗なタオルを使って顔を拭きます。この際にもタオルは擦るのではなく肌に当てるだけです。

タオルのような繊維が荒いもので肌を擦ってしまうと肌が傷ついてしまうからです。

また、タオルは一度使ったものを使いまわすこともNGです。

少ししか使っていないからと先日使ったタオルを洗わずに使ってしまうと、目に見えない増殖した菌が肌についてしまいます。

wash face6

これで完成です。初心者のうちは泡を立てることや、肌に触れないで優しくする洗顔に慣れないと思います。

しかし、肌のためには必要なことです。繰り返しやっていくうちに慣れてくるのでぜひ試してください。

化粧水で水分を補給する

化粧水とは洗顔で飛んだ水分を補給するために使います。

洗顔をしていると顔の水分が潤っているように見えますが、皮脂がなくっているので水分がすぐに蒸発をしてしまいます。
それをカバーするために化粧水が使われています。

化粧水を使う手順は以下の通りです。

  1. 500円玉サイズの化粧水を手のひらに取る
  2. 顔全体に広げてつける
  3. 手のひらや指の腹を使って化粧水を肌に染み込ませるように押し込む
  4. 乾燥がしやすい部分は足してつける
Toner

化粧水は目安として500円玉程度の量と言われますが、肌の乾燥具合によってそれでは足りないこともあります。

初心者のうちは化粧水は多めに使っておいて、肌に水分が補給できるようにしましょう。

Toner2

肌に染み込ませるときには、洗顔と同じく肌を擦らず手で優し包み込むようにします。

初心者のうちは良く手から化粧水がこぼれてしまうので、追加で化粧水を足していきましょう。

Toner3

洗顔が付いた場所は水分がなくなりやすくなっているので、顔だけでなく、フェイスラインや首元まで化粧水を付けます。

Toner4

乾燥しやすい場所やシワ、たるみの出やすい目元などは追加で化粧水を付けます。

しっかりと染み込ませたい場所には5~10秒ほど優しく手で押させるハンドプレスをすることがおすすめです。

Toner5

肌全体に化粧水が染み込んで、モチっとした状態になれば終了です。

化粧水を付けてすぐは水分が表面に多くついていますが、染み込ませると触った状態が変わります。初心者のうちは肌の状態を確認しながらゆっくりと進めていきましょう。

もし乾燥肌で化粧水が染み込みにくいということであれば、化粧水の浸透を補助する「導入液」というものもあるので化粧水の前に使ってみてください。

乳液で保湿する

乳液は化粧水で補給した水分を保湿する効果があります。化粧水だけではすぐに蒸発をしてしまうので乳液でカバーをしましょう。

乳液を使う手順は以下です。

  1. 10円玉サイズの乳液を手のひらに出す
  2. 乾燥しやすい頬につけ、皮脂が出やすいおでこや鼻を後からつける
  3. 全体に溜まりができないように伸ばす
Emulsion

乳液は化粧水よりは少なめに塗ります。乾燥しやすい人は通常の量~少し多め、肌がテカリやすい方は少なめで薄く塗るイメージです。

肌がテカリやすい場合は塗らなくても良いの?と気になると思いますが、テカリやすい方も塗らないといけません。

なぜならば、乳液で肌に膜を張らないとせっかく補給した化粧水の水分がどんどん蒸発して、肌の乾燥につながってしまうからです。

Emulsion2

実はテカリの原因は肌の乾燥による肌の防衛反応として、脂を出していることもあるので乳液を塗ることを忘れないようにしましょう。

乳液を塗る前に手の中で温めると肌の馴染みが良くなります。

Emulsion2

顔全体に優しく伸ばします。肌に強く押し当てないように肌の上を滑るようにして馴染ませます。

Emulsion4

化粧水と同じくフェイスラインに塗ることも忘れない。頬や目の下など乾燥が気になる場所があれば乳液を少し追加して保湿することもおすすめです。

Emulsion5

乳液を付けたばかりのタイミングは肌がテカるくらいしっとりとします。初心者のうちはしっとり感が気になりやすいですが、少し時間が経てば肌に馴染んで気にならなくなります。
大丈夫かな?と感じていてもそのままにして様子をみてください。

乳液にはべたつきのあるものからしっとり程度のものまで様々あります。

もし、時間が経っても馴染みが悪い場合にはしっとりとしたものからさっぱりしたものに変更するなど自分の肌質と合わせて調整をしてください。

スキンケアを動画形式で見たいかたは下記の動画がおすすめです。

時間がなければオールインワンでもOK

オールインワンとは化粧水・乳液・美容液など様々なスキンケアの成分が入っており、一度で全体のスキンケアが終わる商品です。

工数がかからないため、忙しい男性やスキンケアの習慣がない男性におすすめです。ただし、一つひとつ丁寧にやるものよりも効果が薄いため慣れてきたら変えていくことがおすすめです。

余裕があればパックも使う

パックとは美容液が染み込んだ顔に使うシートのことを言います。パックには美白効果、シミ改善、たるみ予防など様々な効果があり自分の肌の状態に合わせて使用することができます。

洗顔・化粧水・乳液など基礎的なスキンケアに加えて、週に一度程度の頻度で使用していくと肌の質がさらに良くなります。

【初心者向け】メンズスキンケアでよくある疑問

【初心者向け】メンズスキンケアでよくある疑問

メンズスキンケア初心者が悩む疑問に答えていきます。スキンケアをしていると悩みがちなポイントなので確認してみてください。

毎日やったほうが良いの?

スキンケアは毎日やりましょう。

1日スキンケアをしないだけでも毛穴に汚れは詰まってしまいますし、保湿ができていないとなかなか抜けないダメージを肌が負う可能性があります。

スキンケアの時間も計算に入れて朝や夜の準備をする習慣をつけましょう。

女性用スキンケアアイテムを使って良いの?

女性用のスキンケア商品を使うことは問題ありません。

大切なのは自分の肌質に合っているかどうかです。

女性用のもののほうが刺激が弱く肌に優しいものが多く、男性のものは洗浄力が強く刺激も強めのものが多いです。

自分の肌質に合わせながら女性ものも使ってください。

肌荒れをしているときはどうすれば?

肌荒れが起きているときも保湿はしましょう。

肌の保湿をすると肌のバリア機能も強くなるので悪化を防ぐことができます。
しかし、スキンケアアイテム自体が合っていない可能性もあるのでスキンケアアイテムを使用してから急に肌荒れが起きたようであれば使用を控えてみましょう。

スキンケアの効果はいつ出るの?

スキンケアの効果は1ヶ月ほどから出始めます。これは肌のターンオーバーと呼ばれる肌の生まれ変わりに1ヶ月ほどかかるからです。

しかし、肌トラブルやエイジングケアなどは3ヶ月ほどの時間がかかるとも言われています。すぐには効果が見えてきませんので初心者のうちは続けるモチベーションが上がらないかもしれませんが、先のキレイな肌を思い描いて継続しましょう。

【初心者向け】メンズスキンケアアイテムの選び方

【初心者向け】メンズスキンケアアイテムの選び方

自分に合ったメンズスキンケアアイテムを探すためには自分の肌質を知っておかないといけません。自分の肌質と違うスキンケアアイテムは肌荒れの原因になることもあるからです。
肌質は以下の5種類があります。

  • 普通肌
  • 乾燥肌
  • オイリー肌(脂性肌)
  • 混合肌
  • 敏感肌

ニキビになりやすいニキビ肌を加えて6種類と呼ぶこともあります。

普通肌

普通肌とは肌の水分量と皮脂量のバランスが良い状態で理想の肌質と呼ばれています。
スキンケアをするときは普通肌になるように調整をしてスキンケアアイテムを選んでいきます。

乾燥肌

乾燥肌とは、水分も皮脂量も少ない肌のことを言います。肌のキメは細かいですが、カサついた印象になります。

乾燥肌は肌が荒れやすく、肌状態が乱れがちです。敏感肌を併用する可能性もあるので、スキンケアアイテム選びには慎重にならないといけません。

保湿力が高い化粧水・乳液を選んで使うようにしましょう。

オイリー肌(脂性肌)

オイリー肌(脂性肌)とは水分も皮脂量も多く、顔がテカった印象になりやすい肌です。

肌が厚く毛穴が開いて見える特徴があります。

オイリー肌の方は皮脂が落ちやすい洗顔を使い、化粧水・乳液ではべたつかないさっぱりタイプを使うことがおすすめです。

混合肌

混合肌とは、肌の水分量が少ないが皮脂量が多い肌のことを言います。テカリがありつつもかさついた印象になります。

おでこや鼻などは皮脂がテカリやすく、目の下から頬にかけては乾燥しやすいなど部分によって状態が変わるのでスキンケアも場所によって変える必要があります。

敏感肌

敏感肌とは明確な定義はありませんが、スキンケアアイテムや化粧品を使ったときにヒリヒリと痛みを感じたり、肌が突っ張るような感じがするような肌のことを言います。

紫外線やほこり、体調の変化やストレス、冷暖房、花粉など様々な要因でトラブルが生じます。自分の肌がいつ荒れるのかを覚えておきましょう。

スキンケアアイテムを使うときもいきなり顔に使わずに腕に使ってから試してください。

【初心者向け】おすすめのメンズスキンケアアイテム

初心者が最初に試してみるおすすめのメンズスキンケアアイテムを紹介します。おすすめのものが自分の肌に合っているかを確認して継続利用をしてみてください。

合わないと感じた場合は水分・脂分・敏感肌のどれが原因なのかを考えて少しずつ自分に合ったものを探してください。

洗顔

メンズスキンケア初心者の場合はどの肌質でも使いやすいNileがおすすめです。

Nile:洗顔

男性用に作られているため、テカリやべたつきを防ぐ成分が入っており仕上がりがさっぱりします。

また、濃密な泡も立てやすいので初心者であってもキレイな毛穴洗顔ができます。

皮脂のテカリが気になるのであればORBISがおすすめです。

ORBIS:洗顔

皮脂を落とす効果が強めの洗顔料です。炭×泥の洗顔で頑固な汚れもごっそり落とします。

ただし、必要な分の皮脂も持っていく可能性があるので使用した後の化粧水・乳液の保湿は忘れないようにしてください。

洗顔と洗顔ネットを一緒に揃えたい場合にはBULK HOMMEがおすすめです。

bulk homme

こちらもメンズ向けスキンケア商品として人気のアイテムです。メンズが苦手な泡立てを簡単にしてくれた画期的なブランドです。

あまりの泡立ちの良さから洗顔ネットだけを求める人も多いです。

洗顔もスタイリッシュな見た目で男性が使いやすいのも嬉しいですね。

化粧水

化粧水は自分の肌質を確認しやすい無印がおすすめです。

無印:化粧水

無印には敏感肌用やニキビ肌用、乾燥肌用と様々な肌質に対応した化粧水が販売されています。

金額もお手頃なので使い比べて自分に合うものを探すには最適です。

毎日ヒゲを剃って肌にダメージを与えている方にはWHITH(フィス)がおすすめです。

WHITH(フィス):化粧水

ヒゲを剃っていると肌のバリア機能が弱まりやすいので保湿力があるものが使いやすいです。

男性が好きな柑橘系の匂いをしているので仕上がりもさっぱりして爽快感があります。

乳液

乳液も自分の肌質を見つけやすい無印がおすすめです。

無印:乳液

皮脂の多い方向けの「しっとりタイプ」と乾燥肌向けの「高保湿タイプ」があるので自分に合った保湿力を見つけることができます。

肌荒れやニキビ、剃刀負けなどが気になる場合はMINONがおすすめです。

MINON:乳液

男性向けのスキンケアアイテムということもあり、乾燥とべたつきのケアまでしています。

塗り終えたあとにも皮脂吸着パウダーが配合されているためテカリも防いでくれます。

オールインワン

初めてのスキンケアアイテムはNileだけでも大丈夫です。

Nile:オールインワン

化粧水・美容液・乳液の役割を1本で行ってくれる優れものです。

べたつきもなく、サラサラした使用感で保湿もばっちりしてくれるので非常に使いやすいです。

メンズスキンケアは初心者でも簡単にできる!

メンズスキンケアは初心者でも簡単にできる!

メンズスキンケアを新しく覚えようとするとやることが多いように感じますが、1週間もすれば慣れて覚えることができます。
ぜひメンズスキンケアを習慣化させて周りの男性よりもキレイな肌を手に入れましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-スキンケア