スキンケア

スキンケアでメンズに効果的なやり方を紹介

スキンケアでメンズに効果的なやり方を紹介

「メンズスキンケアのやり方が分からない」

男性の一般的な身だしなみとしてメンズスキンケアが広まってきました。しかし、多くの男性は化粧水や乳液を使ってきておらず、正しい使い方が分からないと悩んでいる方が多いです。

間違ったスキンケアは効果が半減してしまうため、正しいやり方を知っておくことは今後の肌状態を良くするためには必要なことです。

この記事では、メンズスキンケア初心者の方向けに正しいスキンケアのやり方について解説をします。

メンズスキンケアの効果的なやり方

メンズスキンケアの効果的なやり方

冒頭でも紹介しましたが、メンズスキンケアは正しくやらないと効果が半減することや逆効果になることがあります。
それほど顔の肌は繊細なものです。正しいメンズスキンケアのやり方を覚えて肌の状態をキレイにしていきましょう。

メンズスキンケアの流れは以下です。

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 乳液

洗顔で汚れを落とす

洗顔は顔の汚れを落とすために行います。
洗顔の手順は以下です。

  1. ぬるま湯で毛穴を開く
  2. ネットで泡立てをする
  3. 泡で優しく洗う
  4. ぬるま湯ですすぐ
  5. タオルで優しく拭き取る

ぬるま湯で毛穴を開く

洗顔で毛穴の汚れを取るためにぬるま湯(30℃~32℃)で毛穴を広げます。あまりにも熱いお湯は肌へのダメージになりますし、冷たい水は毛穴を閉じてしまうので適切な温度のお湯を使いましょう。

ネットで泡立てをする

洗顔は細かい泡を立てて使います。毛穴は小さいため、キメの細かい泡を使わないとキレイに毛穴の奥まで掃除ができないからです。
専用の泡立てネットを使って泡を立てましょう。

泡で優しく洗う

泡で顔を洗うときには指や手は肌に触れないで泡だけで洗います。皮脂の多いTゾーンと呼ばれる眉間~鼻を念入りに行い頬から下は手をくるくる回しながら毛穴の汚れを取っていきます。
ゴシゴシと擦ると肌へのダメージになるので絶対にやめましょう。

ぬるま湯ですすぐ

毛穴に泡が残ってしまうと肌荒れの原因になるので念入りに洗顔を落とします。この際もぬるま湯を使って、手が肌に触れないようにしましょう。優しく何度も水をバシャバシャさせて落とします。

タオルで優しく拭き取る

洗顔が終わった後にはタオルは擦らずに当てて水分を取ります。
乾いた状態でのタオルの摩擦は肌に大きなダメージを与えてしまいます。優しく包み込むようにゆっくりタオルを当てましょう。

化粧水で水分を取り入れる

化粧水は洗顔で汚れと一緒に落ちた水分を補給するために使います。お風呂を出た瞬間は水分があるように見えますが、表面の水分と肌のなかにある水分の蒸発しやすくなっています。
そのため、洗顔後すぐに化粧水で水分を補給することが重要です。

洗顔の手順は以下です。

  1. キレイな手のひらに500円玉サイズの化粧水を取る
  2. 肌に染み込ませるように化粧水を馴染ませる
  3. 乾燥しやすい場所は追加でつける

キレイな手のひらに500円玉サイズの化粧水を取る

化粧水は水分を補給するものなので多めに使っても大丈夫です。キレイにした手のひらに化粧水を出します。

肌に染み込ませるように化粧水を馴染ませる

手の上の化粧水を顔の肌に染み込ませるように押し込みます。パッティングと呼ばれる肌を手のひらで優しく叩く方法でも大丈夫です。

乾燥しやすい場所は追加でつける

シワや乾燥が気になる部分には追加で化粧水を足して指の腹を使って染み込ませます。

乳液で保湿する

乳液は化粧水で補給した水分を閉じ込めるために使います。化粧水だけでは水分が蒸発しやすいので、20代以降の方は必ずやっておきましょう。
10代や水分が多い肌の方は水分の与えすぎは肌荒れの原因になるので自分の肌と調整をして使用してください。

洗顔の手順は以下です。

  1. 10円玉サイズを手のひらに取る
  2. 頬、おでこ、鼻の順につける
  3. 全体に伸ばしていく

10円玉サイズを手のひらに取る

乳液は伸びやすいので化粧水よりも少なめで大丈夫です。

頬、おでこ、鼻の順につける

男性は、おでこや鼻がテカリやすいので乳液は薄くつけるようにしましょう。自分の顔で特に乾燥がしやすい場所があればそこからつけていっても大丈夫です。

全体に伸ばしていく

乳液が一部に溜まりすぎないように全体に伸ばしていきます。伸ばす際は肌に刺激を与えないように優しくしてください。

一つ上を目指すメンズスキンケアのやり方

一つ上を目指すメンズスキンケアのやり方

日常に行うメンズスキンケアはいままで紹介した洗顔・化粧水・乳液で大丈夫です。
ここからは「顔のシミが気になる」「もっと若々しい肌になりたい」「将来の肌状態も大事にしたい」といった悩み解決をするためのスキンケアについて解説をします。

美容液を取り入れる

美容液とは自分の状態に合わせて肌の悩みを解決したり、肌を理想の状態に持っていくために使われるものです。

シミの改善、部分的な潤い補給、美白、ニキビ対策など個々に合わせて細かいスキンケアができます。

美容液は化粧水を塗った後に改善した部分につけて使います。容量は商品によって変わりますので、メーカーの使い方を参考に使ってください。

美容液をつけた後には乳液をして保湿を行います。

週に1回パックを使う

顔につけるパックは美容液を効果的に肌に染み込ませるものです。パックは刺激の強いものから、毎日使えるような優しいタイプがありますので、メーカーの使用方法を参考に使用頻度を確認してください。

ベーシックな顔に貼ってはがすだけのシートマスクであれば洗顔→化粧水→パックという手順で使います。

パックを使用した後には乳液で改めて保湿を行ってください。

日焼け止めで紫外線から肌を守る

日焼け止めは紫外線をカットして肌が焼けることを防ぐイメージですが、実は肌へのダメージも防いでくれています。
紫外線で肌にダメージを受けると年齢を重ねたときにシワ・たるみ・シミ・そばかすになります。長期的な肌ケアをするためには日焼け止めは非常に大事なスキンケアになります。

日焼け止めを選ぶ際には2つの用語を覚えておきましょう。

PA(Protection Grade of UVA)

UV-Aと呼ばれる肌を黒くしシワやたるみを作る紫外線を防ぐ成分です。
「PA+」~「PA++++」の4段階で表示され+が増えるほど防止力は高まります。

SPF(Sun Protection Factor)

UV-Bと呼ばれる肌に炎症を起こし、シミやそばかすを作る紫外線を防ぐ成分です。
2~50、50+で表示され数字が増えるほど防止力が高まります。

高いもののほうがカバー力が強いからとSPFやPAが高いものを選ぶのは要注意です。
成分が強いということは肌への刺激が強いということだからです。自分が出かける場所に合わせて成分は選びましょう。

紫外線防止の基本

(出典:日本化粧品工業連合会,「紫外線防止の基本」)

日常的に使うのであれば「PA++」「SPF20」程度で大丈夫です。

正しいメンズスキンケアのやり方をマスターしてキレイな肌を作ろう

正しいメンズスキンケアのやり方をマスターしてキレイな肌を作ろう

メンズスキンケアは毎日やることにやって積み重ねで効果が出るものです。
なかなか成果が分かりづらいですが、長年やっておくと大きな差になります。ぜひ、今回紹介した正しいスキンケアの方法をマスターして、キレイな肌をキープしましょう。

メンズ向けにスキンケアのおすすめのやり方や手順など徹底解説
【メンズスキンケア大全】基本手順・年齢別選び方・おすすめ商品を紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-スキンケア