シェーディング

メンズシェーディングで小顔に?顔の形に合わせて入れ方を変えよう

shading-eyecatch-small-face

「メンズシェーディングの入れ方が知りたい!」

シェーディングは、小顔に見せたり、立体感のある顔に見せたり、顔の印象を簡単に変えることができるメイクです。

シェーディングは入れる箇所が複雑で、難しいイメージがあるかもしれません。しかし、自分の顔型に合わせたポイントを押さえるだけで、メンズでも簡単に仕上げることができます。

それでは、シェーディングはどのように入れるのがよいのでしょうか。

この記事では、顔を小さく立体的に見せる、メンズシェーディングの入れ方を紹介します。シェーディングを使いこなし、理想の顔の形に近付けましょう。

シェーディングの効果とは

heading-170-item-nothing-question

シェーディングとは、顔に影を入れるメイクのことで、顔を小さく見せたり立体感を出したりすることができます。

また、顔型に合わせてシェーディングを入れることで、丸顔や面長、エラ張りなどといった顔型を補正をすることもできます。

顔の形によって入れ方を変える

heading-257-man-make-stand

シェーディングを入れるときは、基本的に、フェイスラインや髪の生え際、鼻筋などに入れます。

適当に入れるのではなく、顔の形に合わせて入れ方を変えるのがポイントです。

それぞれの顔型に合わせたシェーディング方法は以下の通りです。

顔の形別シェーディングの入れ方:面長

how-to-518-shading-make-man-1
how-to-500-shading-make-man-1

面長の人は、髪の生え際と顎にシェーディングを入れましょう。髪の生え際と顎に影を付けることで、縦の長さを削ることができます。

顔のサイドやノーズシャドウを入れすぎてしまうと縦のラインが強調されてしまいます。ハイライトを入れる場合も、横長に入れることを意識しましょう。

顔の形別シェーディングの入れ方:丸顔

how-to-476-shading-make-man-1

丸顔の人は、顎先からこめかみにかけてシェーディングを入れましょう。顔の横幅を削ることで、理想的な卵型に近づきます。

額や顎など、縦の長さは削らないように注意が必要です。

ノーズシャドウを長めに入れることで、縦のラインが強調されるのでおすすめです。

顔の形別シェーディングの入れ方:エラ張り

how-to-486-shading-make-man-1

エラが気になる人は、エラと髪の生え際にシェーディングを入れます。フェイスラインにはシェーディングを濃く入れ、しっかりと首までぼかすようにしましょう。

また、エラの印象が和らぐため、ハイライトを額に入れるのもおすすめです。

顎にシェーディングを入れる方もいますが、四角い顔型に見えてしまうので避けるのが無難です。

小顔にするメンズシェーディングの選び方

heading-147-man-nothing-stand

小顔に見せるためには、どのようなアイテムを選ぶとよいのでしょうか。この章では、メンズがシェーディングを選ぶときのポイントを紹介します。

肌の色に合わせる

シェーディングは肌の色に合ったものを選ぶことが大切です。

影をつけようと黒くし過ぎてしまうと不自然な仕上がりになります。

そのため肌の色よりも暗い色で、馴染ませることで境目が分からなくなる色がおすすめです。男性の肌色に合わせて作られたメンズ向けのアイテムを選ぶと良いでしょう。

ラメのないものを選ぶ

色選びをきちんとすることで、男性も女性向けのアイテムを使用することもできます。

ただし、ラメの入ったものは避けるのが無難です。

タイプで選ぶ

シェーディングには、パウダー、リキッド、クリーム、スティックと、形状の異なる4種類があります。

パウダータイプは薄く付くのが特徴で、初心者の男性におすすめです。クリームタイプやスティックタイプは、肌への密着度が高く、崩れにくいのが特徴です。リキッドタイプは上級者向けのアイテムですが、ツヤのあるきれいな仕上がりになります。

メンズシェーディングを使った後はクレンジングで落とそう

how-to-381-face-washed-man-1

シェーディングを使った後はクレンジングを使用してメイクを落とす必要があります。

シェーディングには油分が含まれているため、洗顔では落としきることができません。クレンジングをせずそのままにしておくと、毛穴の詰まりや肌荒れの原因になってしまうこともあります。

メンズシェーディングで理想の顔の形を作ろう

heading-200-man-nothing-stand

シェーディングは、フェイスラインや髪の生え際に入れることで、顔の形を補正することができます。入れる場所は、自分の顔型に合わせることが大切です。メンズシェーディングで理想の顔の形を作りましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nana

元美容部員。百貨店などでメンズスキンケアの販売をおこなっていた経験を元に、スキンケアやメイクの方法を初心者に分かりやすく伝えます。 ■所得済み資格 ・日本化粧品検定1級 ・美容薬学検定1級 ・JMAメイクアップ技術検定試験2級 ・日本エステティック協会認定フェイシャルエステティシャン

-シェーディング