ルースパウダー

汗やテカリも安心!メンズルースパウダーの使い方を画像付きで解説

2022年1月27日

facepowder-brush

「ルースパウダーの使い方が知りたい!」
ルースパウダーとは、汗や皮脂によるテカリを抑えるフェイスパウダーのことです。

ルースパウダーには二通りの使い方があり、しっかりと付けたい場合はパフ、ふんわりと付けたい場合はブラシを使うのがおすすめです。

メンズメイクの1つとして使われることもありますが、この記事では、汗やテカリ防止として使えるルースパウダーの正しい使い方を画像付きで詳しく解説します。

ルースパウダーの使い方:パフ編

facepowder-puff

ルースパウダーをパフで付けるときの手順は以下の通りです。

①蓋にパウダーを出す

how-to-loosepowder
how-to-loosepowder


まずは、容器からパフを取り出し、容器の蓋にパウダーを出します。蓋を閉めた状態で逆さまにし、軽く振るとよいでしょう。

②パフに含ませる

how-to-loosepowder

how-to-loosepowder
how-to-loosepowder


蓋に出したパウダーをパフに含ませます。そのまま顔につけると、量が多すぎたり、固まって付いたりするので、ティッシュや手の甲で馴染ませましょう。

③押さえるように肌に付ける

how-to-loosepowder


顔に付けるときは、両頬や額といった面積の大きい部分から付けていきます。擦らずに優しく押さえるようにするのがポイントです。全体に一通りつけた後、テカリが気になる部分があれば重ね付けしましょう。

④細かい部分はパフを折り曲げて付ける

how-to-loosepowder


小鼻などの細かい部分に付けるときは、パフを外側に折り曲げて使います。塗りにくい部分ですが、テカリが出やすい部分でもあるので必ず付けましょう。

【テカリ防止】メンズの肌がテカリやすい原因と対策を解説

ルースパウダーの使い方:ブラシ編

facepowder-powder

ルースパウダーはパフで付けるというイメージを持っている男性も多いですが、ブラシを使って付けることもできます。パウダーの付けすぎを防ぐためには、ブラシで付けるのがおすすめです。

ルースパウダーを付けるときは、下記の画像のような大きくて柔らかいブラシを使います。

ルースパウダーをブラシで付けるときの手順は以下の通りです。

①蓋にパウダーを出す

how-to-loosepowder


まずは、容器からパフを取り出し、容器の蓋にパウダーを出します。蓋を閉めた状態で逆さまにし、軽く振るとよいでしょう。

②ブラシに含ませる

how-to-loosepowder


蓋に出したパウダーをブラシに含ませます。そのまま顔につけると、量が多すぎたり、固まって付いたりするので、ティッシュや手の甲で余分なパウダーを落としましょう。

③円を描くように肌に付ける

how-to-loosepowder
how-to-loosepowder


顔に付けるときは、両頬や額といった面積の大きい部分から付けていきます。大きく円を描くように肌にのせるのがポイントです。鼻の周りなどの細かい部分は、ブラシの先端で付けましょう。

ルースパウダーを使う時の注意点

point

ルースパウダーを使う時には注意点があります。ポイントを押さえて、正しく使いましょう。

色味を確認する

ルースパウダーは、無色のものと肌色がついたものがあるため、色を確認して選びましょう。テカリを抑える目的であれば、無色のルースパウダーがおすすめです。

メイクの仕上げに使う場合は、肌色に合わせたアイテムを選びましょう。パールが入った肌にツヤを与えるものもありますが、メンズのナチュラルメイクであれば、パールが入っていないものが無難です。

つける量を調整する

パフやブラシに付けたパウダーは、一度ティッシュや手の甲でに馴染ませ、量を調整してから使います。テカリが気になるようであれば、少量ずつ重ね付けしましょう。テカリを抑えたいからといって一度にたくさん付けると、粉っぽい仕上がりになります。

ルースパウダーの良くある疑問

question

この章では、ルースパウダーに関するよくある質問に答えていきます。

どうやって落とすの?

ルースパウダーを落とすときは、基本的にはクレンジングが必要です。中には、洗顔料で落とせるものもあるので、商品や箱の裏面を確認しましょう。

パフやブラシは掃除したほうが良いの?

パフやブラシを使用した後は、ティッシュで残ったパウダーを落としましょう。

パウダーが付いたままにしておくと、菌が繁殖し肌トラブルの原因になったり、パウダーの付きが悪くなったりします。また、正しい手入れをすることで、パフやブラシを長持ちさせることができます。

パウダーは1週間に1回程度、ブラシは1ヶ月に1回程度、専用のクリーナーや中性洗剤を使用して洗うのがおすすめです。

ブレストパウダーとの違いは?

ルースパウダーとブレストパウダーはフェイスパウダーの一種です。ルースパウダーが粉状なのに対して、プレストパウダーは粉が固められた固形状になっています。

ルースパウダーはふんわりとした付き方になるのに対し、プレストパウダーは、肌への密着度が高くしっかりと付きます。プレストパウダーはテカリを抑える力は高いですが、均一に付けるためにはコツが必要なので、男性にはルースパウダーがおすすめです。

おすすめのルースパウダー3選

three-facepowder

メンズでも使いやすいようなテカリ防止のできるルースパウダーを紹介します。

男性は皮脂が多いので、皮脂吸着成分のあるルースパウダーや男性の肌に馴染みやすい色のものを選ぶようにしましょう。

MULC(ムルク)

mulc-roose-powder

MULC(ムルク)のルースパウダーは、テカリやベタつきを抑えるメンズ向けのアイテムです。アルコールやパラベンなど8つの添加物が使われておらず、肌に負担なく使うことができます。値段は1,980円です。

【使ってみた】MULC(ムルク)のルースパウダーってどう?使用感を徹底解説!

無印

mujirushi-loose-powder

無印良品のルースパウダーは、肌に馴染みやすいナチュラルカラーで、男性でも使いやすい色味です。手に取りやすい価格で、ルースパウダーを初めて使う男性におすすめです。値段は690円です。

MenzBasic(メンズベーシック)

mens-basic-be-loose-powder

MenzBasic(メンズベーシック)のルースパウダーは、皮脂吸着パウダーが多く配合されたメンズ向けのアイテムです。男性特有の過剰に分泌された皮脂も吸着し、サラサラ感を長時間持続させてくれます。値段は2,980円です。

【口コミ比較】テカリ防止のできるプチプラアイテムを紹介!

正しくルースパウダーを使って、清潔感のある顔に仕上げよう

man

ルースパウダーを使うことで、気になる顔のテカリやベタつきを抑えてくれます。パフやブラシで正しくルースパウダーを使い、清潔感のあるサラサラの肌に仕上げましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nana

元美容部員。百貨店などでメンズスキンケアの販売をおこなっていた経験を元に、スキンケアやメイクの方法を初心者に分かりやすく伝えます。 ■所得済み資格 ・日本化粧品検定1級 ・美容薬学検定1級 ・JMAメイクアップ技術検定試験2級 ・日本エステティック協会認定フェイシャルエステティシャン

-ルースパウダー