コンシーラー

誰でも簡単に分かる!コンシーラーとファンデーションの違いと使い方

foundation

「コンシーラーとファンデーションの違いが知りたい!」
目立つ肌トラブルを隠したいと思っても、何を使えばいいのか分からないですよね。コンシーラーとファンデーションはどちらも肌の悩みをカバーし、美肌に見せてくれるアイテムですが、異なる役割があります。

この記事では、コンシーラーとファンデーションの違いを詳しく解説し、それぞれの使い方やおすすめのアイテムを紹介します。

コンシーラーとファンデーションーの違い

apple

コンシーラーとファンデーションにはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの違いを4つの項目に分けて詳しく解説していきます。

目的:隠すと肌の色味調整

コンシーラーとファンデーションはそれぞれ目的が異なります。コンシーラーは部分的に肌の悩みを隠すことに特化しており、ファンデーションは肌全体の色味を均一にする役割があります。また、ファンデーションを塗ることで、紫外線や乾燥などの外的刺激から肌を守ることもできます。

カバー力:高いと低い

コンシーラーはピンポイントで肌悩みを隠すため、カバー力が高いのが特徴です。ファンデーションは、コンシーラーに比べるとカバー力が劣りますが、その分、顔全体に伸ばしても厚塗りにならず自然に仕上がります。

範囲:部分と全体

コンシーラーは部分的に、ファンデーションは顔全体に使用します。コンシーラーはクマやシミ、ニキビ跡など、ピンポイントでカバーしたい肌悩みに塗ります。一方のファンデーションは顔全体に塗り、肌を均一に綺麗に見せます。

使う順番

使用順序は、ファンデーションは下地の後に、コンシーラーはそのあとにつけます。ただし、パウダーファンデーションを使用する際は、ファンデーションの前にコンシーラーを塗っておきます。

メンズのコンシーラーとファンデーションの使い方

hand

この章では、コンシーラーとファンデーションの使い方を紹介します。

コンシーラーの使い方

コンシーラーを塗るときは、カバーしたい部分が隠れるように置き、周りをぼかします。擦ってしまうと綺麗に隠すことができないので、トントンと指で軽く叩き込むようにしましょう。

ファンデーションの使い方

ファンデーションは、面積が広い頬や額から塗るようにします。顔の内側から外側に向けて伸ばしましょう。目や口の周りはよく動くため、厚塗りしてしまうとヨレやすいため注意が必要です。

使用量の目安は、パウダータイプはスポンジの1/4に色がつく程度、リキッドタイプはパール大です。リキッドタイプもスポンジを使用するほうがムラなく綺麗に塗ることができます。

メンズにおすすめのファンデーションやコンシーラー

solid-foundation

この章では、メンズにおすすめのコンシーラーとファンデーションを紹介します。

NULL(ヌル)

null-concealer

NULL(ヌル)のコンシーラーはリキッドタイプです。クマやニキビ跡をしっかりカバーします。筆ペン状なので、メイクに慣れていない男性でも簡単に使えます。値段は2,684円です。

ORBIS Mr.(オルビスミスター)

mrorbis-concealer

ORBIS Mr.(オルビスミスター)のコンシーラーはスティックタイプで、カバー力に優れています。直径6㎜と細いので、ニキビやシミなどをピンポイントで隠せます。値段は2,200円です。

LIPPSBOY(リップスボーイ)

lips-boy-foundation

LIPPSBOY(リップスボーイ)のパウダーファンデーションは、顔全体のテカリや毛穴のカバーに効果的です。余分な皮脂を吸着する成分が配合されており、皮脂が気になる男性の肌でも、長時間サラサラをキープします。値段は2,860円。

MAYBELLINE(メイベリン)

maybelline-foundation

MAYBELLINE(メイベリン)のファンデーションはリキッドタイプで、厚塗りにならず自然に肌を整えます。17色の豊富なカラーバリエーションで、男性でも肌に合う色が見つかります。値段は1,408円です。

REVLON(レブロン)

revlon-foundation

REVLON(レブロン)のファンデーションもリキッドタイプで、皮脂に強く崩れにくいのが特徴です。保湿成分もたっぷり配合されており、テカリや皮脂崩れを抑えながら潤いも守ります。値段は2,000円です。

コンシーラーとファンデーションは役割に違いがある

man-have-piece

コンシーラーとファンデーションには役割に違いがあります。部分的に肌悩みをピンポイントでカバーしたいときにはコンシーラー、肌全体を均一に整えたいときはファンデーションを使いましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nana

元美容部員。百貨店などでメンズスキンケアの販売をおこなっていた経験を元に、スキンケアやメイクの方法を初心者に分かりやすく伝えます。 ■所得済み資格 ・日本化粧品検定1級 ・美容薬学検定1級 ・JMAメイクアップ技術検定試験2級 ・日本エステティック協会認定フェイシャルエステティシャン

-コンシーラー