Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)でのビデオデートの感想と使い方を徹底解説

2021年3月1日

Pairs(ペアーズ)でのビデオデートの感想と使い方を徹底解説

Pairs(ペアーズ)で2020年4月にリリースをされたビデオデート。
名前はよく見かけますしメッセージをしていると右上に出てくるため、存在は知っていても実際に使用をしたことがあるという方は少ないようです。

この記事では、ビデオデートの使い方とメリット・デメリット、ビデオデートを成功させるコツについて紹介をします。

うまく使いこなせば、無駄な時間を使わずに良い人に会うための機能として使うことができます。

この記事の内容

・ビデオデートはお互いの個人の連絡先を交換することなく、より深く相手のことを知るためのビデオ通話機能

・マッチングした相手と3通以上やり取りすると、アプリ版Pairs(ペアーズ)でビデオデートができるようになる

・初回の通話は強制的に15分で切れるので、話す内容を事前に決めておくのがコツ

Pairs(ペアーズ)のビデオデートとは?

Pairs(ペアーズ)のビデオデートとは?

Pairs(ペアーズ)の公式でビデオデートのついて説明があります。

ビデオデートとは

 

ビデオデートは、手軽に相手の人柄や雰囲気を理解できる新しい婚活方法です。会話はお二人だけなので、周囲の環境を気にする必要がなく、メッセージよりも楽しくコミュニケーションが行えます。また通話機能はPairs内で完結し、外部サービスへの登録や個人的な連絡先の交換をせずに安心・安全にご利用いただけます。

(出典:Pairs「ビデオデート」,エウレカ)

つまり、お互いの個人の連絡先を交換することなく、より深く相手のことを知るための機能です。

マッチングアプリは知らない人とやりとりをして恋人を探すアプリです。そのため、あまり関係ができていない状態から個人的な連絡先を交換しないといかず、抵抗がある方が多くいました。

この問題を解消するために出てきたものがビデオデートです。

また、メッセージや通話だけでは分からなかった人柄もビデオを使うことによって判断ができるようになりました。ビデオデートには、「初デートをしてみたら違った。」という時間のロスを無くす役目も持っています。

Pairs(ペアーズ)でのビデオデートの感想

Pairs(ペアーズ)でのビデオデートの感想

実際にPairs(ペアーズ)でビデオデートを使った方の声を見ていきましょう。
使用した良い感想として「反応が分かる」「時間が決まっていて良い」「メッセージより楽」という声があります。

悪い感想としては「写真の印象が変わる」「緊張する」「機能がうまく使えなかった」という声があります。

新しい機能のため、うまく使えずに失敗をしてしまっている方もいるようです。
この問題については後ほど解決策を紹介しますが、準備をしておけば難しいことはありません。

ビデオデートには、準備の労力よりもメリットのほうが大きいです。
ぜひこの記事を参考にビデオデートに誘ってみてください。

Pairs(ペアーズ)のビデオデートの使い方

Pairs(ペアーズ)のビデオデートの使い方

うまく使えばメッセージよりも短い時間で好印象を与えることのできるビデオデート。
しかし、まだまだ新しいサービスのためやり方が広まっておりません。

スムーズにビデオデートをこなせるよう使い方を覚えておきましょう。

ビデオデートはアプリからのみ利用可能

ビデオデートができるのはアプリからのみとなっています。PCからの利用はできません。
普段からPCのブラウザからPairs(ペアーズ)を利用している場合は気を付けてください。

ビデオデートの注意点

ビデオデートは誰でもいつでも無制限に利用できるわけではありません。基本の仕様を紹介します。

通話が可能な条件はこちらです。

通話可能な条件

  • マッチングしたお相手に限ります
  • 双方が3通以上のメッセージのやり取りをしている
  • 男性会員:“本人確認ステップ1” “有料会員登録” 後から利用可能
  • 女性会員:“本人確認ステップ1” 後から利用可能

(出典:Pairs「ビデオデート」,エウレカ)

3通以上やりとりをすることでビデオデートの利用が可能になるため、まったく知らない方にいきなりビデオデートに誘われることはありません。

また、本人確認のステップを終了後しかビデオデートができないため、不適切なことが起こらない安心感がありますね。

続いて利用可能な通話時間です。

通話上限時間

  • 1回目の通話:15分
  • 同一のお相手との2回目以降の通話:60分
  • 1日の通話上限:3時間

※ただし、1日の最終通話が同一のお相手との2回目以降の通話の場合、3時間を超えて通話可能です
※通話上限のリセットは“毎朝4時”です

  • 待機時間の上限は“40秒”です
  • ビデオデートをするためには“カメラ”“マイク”の許可が必要です
  • 複数の方と同時にビデオデートをすることはできません
  • 不適切な映像を検出した場合ビデオデートが強制終了する場合があります
  • 違法目的な利用を防ぐため、ビデオ通話の一部を録画・撮影・確認する場合があります

(出典:Pairs「ビデオデート」,エウレカ)

初回の通話は強制的に15分で切れます。
もし合わない人だと通話中に思ったとしても、長引かない仕様になっています。

相手のことに興味が湧けば個人の連絡先を交換することもできますし、合わないと思えば連絡先を交換せずに終えることもできます。

数日かけてメッセージで相手のことを知るよりも、かなり早く相手の印象を掴むことができるメリットがあります。

ビデオデートの開始方法

ビデオデートは「メッセージ」画面右上にあるビデオマークを押すことから始めることができます。
「ビデオデートを開始する」のボタンを押して開始しましょう。

相手側にはビデオデートルームが作成されたら通知が表示されます。
その後メッセージ右上にあるビデオマークを押すだけで参加することができます。
作る側、入る側も簡単に利用することができます。

ビデオデートの終了は初回の場合は15分の経過。
もしくは画面に表示されている赤い通話マークを押すことで終了することができます。

告知なく、ビデオデートが終了するため、時間の把握はしておきましょう。

バーチャル背景

ビデオデートでと気になる自分の家の背景。
Pairs(ペアーズ)のビデオデートではバーチャル背景という設定を使うことができます。

バーチャル背景とは、実際の背景が入り込まないように仮想の背景を自動で表示してくれる機能を言います。
背景から個人情報が漏れることがないため安心して利用することができます。

Pairs(ペアーズ)でビデオデートを成功させるコツ

Pairs(ペアーズ)でビデオデートを成功させるコツ

初回のビデオデートは時間が短いため、事前の準備をしておかないと沈黙が続き失敗してしまうリスクがあります。ここでは、ビデオデートで自分に興味を持ってもらうためのコツを紹介します。

話題の用意

まず、話す内容について準備をしておきましょう。

最初のビデオデートは自己紹介がメインになりますが、雑談をする時間も十分にあります。相手のプロフィール文章や写真から会話が続きそうなものを探してください。

メッセージの流れでビデオデートに誘うこともありですが、数日後にビデオデートの予約をしておくと安心してビデオデートに望むことができます。

ビデオデートは仲が進展するメリットがありますが、同時に沈黙のリスクがあることを忘れずに望んでください。

カメラの配置に気を付ける

プロフィールの写真と比べて、スマートフォンのカメラは顔の映りが悪くなりやすいです。
そのため、カメラの位置が悪いと顔の印象が違ったとお断りをされる可能性があります。

  • 顔に光があたる場所
  • 自分の目線と同じ高さ
  • バストアップになる距離

こちらのポイントだけ押さえておけば大きく印象が変わることはありません。
写真と近い印象を与えることで相手には大きな安心感を与え、関係が進展することが期待できます。

無理には誘わない

ビデオデートは仲を進展するために有効な機能ですが、まだ抵抗感を持っている方も多いです。
そのため、一度提案をしてダメだった場合はすぐに諦めましょう。

「ビデオデートで話してみませんか。もし難しければ引き続きメッセージで大丈夫です。」など相手に断りやすい言い方を付け加えて提案をしてみてください。

ビデオデートを断られたとしても、悪い印象を与えるわけではないため安心してください。

Pairs(ペアーズ)のビデオデートを利用して良い人に会おう

Pairs(ペアーズ)のビデオデートを利用して良い人に会おう

個人の連絡先を伝えずに仲を進展させることのできるPairs(ペアーズ)のビデオデートは、非常に便利な機能です。

まだまだ浸透していませんが、これからの時代当たり前に使われる機能になるでしょう。
ぜひうまく活用して理想の人に最短で会える工夫してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-Pairs(ペアーズ)