アプリ

マッチングアプリで会う約束をするには?自然な会話の流れを作るテクニックを伝授

2021年5月21日

マッチングアプリで会う約束をするには?自然な会話の流れを作るテクニックを伝授

マッチングアプリに登録しているけれど、マッチング後になかなか会う約束がとれないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

それもそのはず、マッチングしてから実際に出会える確率は約5%と言われています。
100人マッチングできても、実際に会えるのは5人程度です。

これからマッチングアプリを始める方にとっては知りたくなった情報かもしれないですが、これがマッチングアプリのリアルです。
しかし、マッチング後に出会える確立をを5%→20%にすることは難しいですが、10%にすることは可能です。

この記事では、マッチングアプリのマッチング後に会う約束をするためのコツについて紹介します。

マッチングアプリで会う約束をするタイミング

マッチングアプリで会う約束をするタイミング

それでは早速、マッチングアプリで会う約束をするためのコツについて紹介します。

まずは、会う約束をするタイミングについてです。

1週間以内には誘う

マッチングアプリで会う約束をするタイミングは、遅くてもメッセージのやりとり開始~1週間以内にしてください。

なぜなら、お互いの興味関心が最も高いタイミングは、マッチング後すぐだからです。
そのため、マッチング後から時間が経つにつれて、お互いの興味関心は次第に薄れてしまう傾向にあります。

また、時間の経過とともに、同性のライバルが出現する可能性もありますので、1週間を目安にメッセージのやりとりをしてみましょう。

話が盛り上がったら誘う

メッセージのやりとり開始~1週間以内に誘うことをおすすめしましたが、もしそれまでに話が盛り上がった場合は、思い切ってデートに誘ってみましょう。

デートに誘うタイミングは、お互い知り合ってからの期間も重要ですが、より重要なのはその場のノリです。

期間に囚われすぎず、メッセージのやりとり中に誘いやすいタイミングが訪れたら、会う約束をとってみましょう。

マッチングアプリで会う約束をする会話例

マッチングアプリで会う約束をする会話例

ここまで、マッチングアプリで気になった相手をデートに誘うタイミングについて紹介しました。

そこで続いては、マッチングアプリで会う約束をする際に役立つ会話例について紹介します。

ストレートに会いたいと伝える

マッチングアプリで気になる相手と会う約束をとるためには、ストレートに会いたいと伝えることから始めてください。

【メッセージ例】

  1. 〇〇(相手の名前)さんと直接お話したいので、来週の土日のどちらかでお会いできませんか。
  2. 〇〇(相手の名前)さんとお会いしたいので、カフェなどでお話しませんか。

ポイントは、ストレートに会いたい気持ち伝えて、あなたの気持ちを相手にアピールすることです。

食事をきっかけにする

マッチングアプリで相手と会う約束をとるために、食事をきっかけに誘ってみることも一つの手法です。

【メッセージ例】

  1. 近所に日本食の美味しいお店を見つけたので、ぜひ一緒に行きませんか。
  2. ぼくも焼肉が好きなので、良かったら美味しいお肉でも食べに行きませんか。

ポイントは特にありませんが、タイミング的になかなかデートに誘い辛い場合でも、食事をきっかけにすると少々強引にでもデートに誘うことができます。

趣味をネタに誘う

ストレートに誘ったり、食事をきっかけに誘う方法以外にも、お互いの趣味をネタに会う約束をとることもできます。

【メッセージ例】

  1. 私もカメラが趣味なので、時間が合えばぜひ一緒に撮りに行きましょう!
  2. 僕も食べ歩きが好きで、毎週末は未開の地を探索しているんですけど、良ければ一緒に来られますか?

ポイントは、あなただけが楽しめる趣味ではなく、お互いが楽しめる趣味を提案することです。

マッチングアプリで会う約束をするためのコツ

マッチングアプリで会う約束をするためのコツ

マッチングアプリで気になる相手をデートに誘うタイミングと、誘うフレーズについて紹介しました。

続いては、マッチングアプリで会う約束をするためのコツについて紹介します。

顔写真を載せる

マッチングアプリで気になる相手と会う約束をとるためには、プロフィール写真に顔が分かる写真を必ず載せておくようにしてください。

なぜなら、顔が分からないと、相手に警戒されて会う約束をとることが難しいためです。

顔が分からない人と会うことは、何が出るか分からないガチャを引くことと一緒だと思っておきましょう。

趣味やコミュニティに入っておく

マッチングアプリによっては、コミュニティと呼ばれる特定の趣味を好きな人が集まる機能があります。
このコミュニティ機能を利用することによって、あなたと同じ趣味の人を見つけやすくなります。

そのため、どうしても相手と一緒に楽しみたい趣味があれば、コミュニティ機能を利用し、マッチング相手の相性を少しでも高めてみてはいかがでしょうか。

自己紹介文にも趣味や好きなものを書いておく

コミュニティ機能を使うとマッチング相手の相性が高くなりますが、あなたのコミュニティをすべて確認してくれる相手はそう多くはありません。

そのため、プロフィールの自己紹介文にも、あなたの趣味や好きなものを書いておくことをおすすめします。

もし好きなものがたくさんあって、まとめることができない方はすべて羅列させて書いても問題ないでしょう。

会う予定はスムーズに決める

マッチングアプリで会う約束をとるためには、会う日時をスムーズに決める必要があります。

理想は、メッセージ2往復で決める状態です。

2往復で決めるメッセージ例

【男性】
もし良ければ、今度ご飯でも行きませんか。
お店はここが美味しいので、どうでしょうか?(お店のURLを貼る)

ちなみに僕の空いてる日時は、

  1. 6月1日 12時~18時
  2. 6月8日 16時~20時
  3. 6月9日 終日です。
【女性】
ぜひ行きたいです!
このお店、すごい美味しそうですね!

私も「2」が空いてるので、お願いしても大丈夫でしょうか。

【男性】
ありがとうございます!

では、「2」で予約しておきますので、〇〇時に最寄り駅の△△に集合しましょうか。

デートのお店や日程は誘った側から先に提示してあげると、スムーズに日時を決めることができるでしょう。
ゆっくりしているとほかのライバルに奪われてしまう可能性があるため、早めにデート日時は確定させておきましょう。

マッチングアプリで素敵な人と会う約束をしよう

マッチングアプリで素敵な人と会う約束をしよう

マッチングアプリで素敵な人と会う約束をとるコツについて紹介しました。

いきなりすべてがうまくいくことはないですが、少なくとも本記事の内容を実践してもらえれば、デートに誘う成功率は高くなるでしょう。

特に、デートに誘う際の2往復で決めるメッセージ例は本当に使えますので、皆さんもぜひ使ってみてください。

それでは、マッチングアプリで気になった相手と会う約束をとってみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-アプリ