アプリ

【公式サイトから参照】マッチングアプリの累計会員数が多いのはここだ!

2021年5月21日

マッチングアプリの会員数を比較!会員数の違いによるメリット・デメリットとは

マッチングアプリを始めたいけど、どのマッチングアプリの会員数が多いのか分からないという方は多いはず。そもそも会員数が多いことが良いことなのかも分かりませんよね。

この記事では、各マッチングアプリの会員数を徹底比較。会員数が多いことのメリットやデメリットについても紹介します。

マッチングアプリの会員数を徹底比較

マッチングアプリの会員数を徹底比較

まずはマッチングアプリの会員数を比較します。果たしてどのマッチングアプリの会員数が多いのでしょうか。今回は会員数が多い順に並び替えていきます。

■マッチンアプリの累計会員数まとめ(2022年1月26日現在)
Pairs(ペアーズ):1,500万人
tapple(タップル):700万人
Omiai(おみあい):700万人
with(ウィズ):450万人
youbride(ユーブライド):229万人
marrish(マリッシュ):150万人

Pairs(ペアーズ)

CV_left_image

(出典:Pairs,「TOP」

まずはPairs(ペアーズ)です。もちろん会員数は一番多いですよね。
圧倒的な多さで会員数は1,500万人以上を誇ります。とにかく会員数が多いマッチングアプリを選びたいという方におすすめです。

累計会員数1,500万人以上
メイン年齢層20代~30代前半
運営会社株式会社エウレカ
(東証一部上場企業)
利用料金男性:3,590円~(1ヶ月プラン)
女性:無料
男女比率男性:女性=7:3

tapple(タップル)

tapple

(出典:gamebiz,「タップルの会員数が700万人を突破」

続いてtapple(タップル)です。tapple(タップル)は新しいアプリながら人気急上昇中でPairs(ペアーズ)についで700万人の会員数となっています。
ITで有名なサイバーエージェントグループが運営するマッチングアプリですが、比較的若い人が多く利用するマッチングアプリとなっています。婚活というより、とにかく会いたいという方にはおすすめです。

累計会員数700万人以上
メイン年齢層20代~30代前半
運営会社株式会社タップル
(サイバーエージェントグループ)
利用料金男性:3,700円(1ヶ月プラン)
女性:無料
男女比率男性:女性=7:3

Omiai

tapple(タップル)と同数の会員を持つのがOmiaiです。
同じく700万人以上いるマッチングアプリですが、Omiaiの利用者は真面目な利用者が多いので婚活に向いています。

累計会員数700万人以上
メイン年齢層20代~30代前半
運営会社株式会社ネットマーケティング
(東証一部上場企業)
利用料金男性:3,980円~(1ヶ月プラン)
女性:無料
男女比率非公開
マッチング率非公開
累計マッチング数5,000万組以上

with(ウィズ)

with

(出典:株式会社イグニス,「IR情報」

続いては性格診断で有名なwith(ウィズ)です。会員数は450万人で、20代のユーザーがメインのマッチンアプリです。
性格診断で価値観や性格が合う人とマッチングしやすくなっています。

累計会員数450万人以上
メイン年齢層20代~30代前半
運営会社株式会社イグニス
利用料金男性:3,600円(1ヶ月プラン)
女性:無料
男女比率男性:女性=7:3

youbride(ユーブライド)

youbride

(出典:youbride,「TOP」

youbride(ユーブライド)は婚活目的の利用者に向いています。結婚相談所のIBJが母体となっているため信頼度も高く累計の会員数も229万人になっています。
男女ともに課金しないと利用できないため、女性も真面目な利用者が多いです。

累計会員数229万人以上
メイン年齢層30代~40代
運営会社株式会社Diverse
利用料金男性:4,500円~(1ヶ月プラン)
女性:4,500円~(1ヶ月プラン)
男女比率男性:女性=7:3

marrish(マリッシュ)

marrish

(出典:marrish,「TOP」

marrish(マリッシュ)は様々な恋の形を応援するマッチングアプリで、再婚や子持ちの方も多く利用しており、累計会員数が150万人を突破しています。」

marrish2

(出典,valuepress,「シングルファザー・マザー会員が25万人突破」

特にシングルファザー・マザーの方を応援するイベントを多くやっており、150万人中25万人、約16.6%がシングルの会員になっています。

また、男女比が5:5とほかのマッチングアプリに比べて女性が多いのも特徴的です。

累計会員数150万人以上
メイン年齢層30代~40代
運営会社株式会社マリッシュ
利用料金男性:3,400円~(1ヶ月プラン)
女性:無料
男女比率男性:女性=5:5

マッチングアプリの会員数の違いによるメリット・デメリット

マッチングアプリの会員数の違いによるメリット・デメリット

各マッチングアプリの会員数を見たところで、会員数が多い、会員数が少ないことのメリットとデメリットを見ていきましょう。

出会いの数

会員数が多ければ出会いの数も多くなるでしょう。
例えばPairs(ペアーズ)とmarrish(マリッシュ)を比べると会員数は12倍ほど違うので、単純計算で12倍の利用者を検索で見ることができます。

好みの人が見つかりやすいのは当然でしょう。好みの人が見つかりやすいという点では会員数が多いほうがメリットが大きいと言えます。

真剣度

会員数が多いと真剣度が低いわけではないですが、女性も利用に課金が必要なyoubride(ユーブライド)などのマッチングアプリは真剣度が高く会員数が少ない傾向にあります。
会員数が多ければ不純な目的で利用している人にも会う可能性も高まります。

ライバルの数

会員数が多いとライバルは多いのは当然です。1人の女性がデートに行ける数とメッセージにかけられる時間は有限ですので、ライバルが多ければ多いほどデートに行くことが難しくなります。

会うためにはタイミングや相性などが重要になってきますが、ライバルとあまり戦いたくない場合は会員数が少ないマッチングアプリを選ぶのが吉でしょう。

人の属性

基本的に会員数が多いマッチングアプリは様々な属性の利用者がいます。しかし会員数が少ないマッチングアプリはそのマッチングアプリの色に合った利用者が多い傾向にあります。

youbride(ユーブライド)やmarrish(マリッシュ)などから遊びの目的で利用している人が少なく見えるのは会員数が少ないからでしょう。

マッチングアプリの会員数を参考に自分に合うものを利用しよう

マッチングアプリの会員数を参考に自分に合うものを利用しよう

マッチングアプリはそれぞれ会員数が全然違います。
会員数に合わせて出会いの数やライバルの数、性質などが違うので、自分に合った会員数のマッチングアプリを利用するようにしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-アプリ