シェーディング

【メンズ向け】シェーディングスティックってどうなの?使い方と商品を紹介

shading-eyecatch-stick

「メンズ向けのシェーディングスティックについて知りたい!」

シェーディングを入れることで、小顔に見せることや立体感のある顔に見せることができます。

シェーディングアイテムには種類があり、スティックタイプのシェーディングは、肌に直接塗ることができメンズメイクにもおすすめです。

この記事では、シェーディングスティックについて、使い方やメンズにおすすめの商品を紹介します。

シェーディングスティックとパウダーの違い

スティックタイプのシェーディングは、パウダータイプとどのような違いがあるのでしょうか。

まず、パウダー状に対し、スティックタイプはクリーム状のシェーディングです。クリームが固められ繰り出しのバーになっているので、影を付けたい部分に直接塗って使用します。

パウダータイプは薄付きですが、スティックタイプは色がつきやすく骨格の凹凸感を出しやすいのが特徴です。

また、肌への密着度が高く、崩れにくいという利点もあります。そのため、長時間の外出するときも綺麗な状態を維持することができます。

シェーディングスティックの選び方

heading-244-item-brush-placed

スティックタイプのシェーディングはどのように選ぶのがよいのでしょうか。この章では、シェーディングスティックを選ぶときのポイントを紹介します。

シェーディングを入れる場所で選ぶ

シェーディングスティックの太さはアイテムによって異なります。シェーディングを入れる場所で太さを選ぶのがよいでしょう。

フェイスラインや髪の生え際に使用する場合は太めのものがおすすめです。鼻筋などノーズシャドウとして使用する場合は細めのものが使いやすいでしょう。

価格で選ぶ

気軽に試しやすいプチプラのシェーディングもあれば、仕上がりがワンランクアップするデパコスのシェーディングもあります。

シェーディング初心者であればプチプラから始め、慣れてきたらデパコスにするなど、価格で選ぶのもよいでしょう。

色で選ぶ

シェーディングを選ぶときは肌に合わせた色選びが大切です。明るい色では効果が得られず、暗すぎる色でも悪目立ちしてしまいます。

肌色は大きく分類すると、黄み寄りのイエローベースの人と、青みよりのブルーベースの2つに分けることができます。

それぞれのタイプで馴染みやすい色も異なるので、色選びの参考にしましょう。

シェーディングスティックの使い方

How-to-use-shading--scaled

シェーディングスティックの使い方は以下の通りです。

①フェイスラインや髪の生え際に塗る
シェーディングスティックを使用するときは、5mm~1cmほど繰り出し、影を付けたい部分に直接塗ります。まずは、面積の広いフェイスラインや髪の生え際に線を引くように塗りましょう。

②馴染ませる
塗った後は、指の腹やメイクスポンジを使って馴染ませていきます。特に、フェイスラインと首に境目ができないよう、内から外に向けてぼかしましょう。

③ノーズシャドウを入れる
鼻筋の横にシェーディングを入れ、鼻を高く見せます。ノーズシャドウには、細めのシェーディングスティックがおすすめです。

メンズにおすすめのシェーディングスティック

heading-247-item-brush-placed

スティックタイプのシェーディングにはどのようなアイテムがあるのでしょうか。この章では、メンズメイクにおすすめのシェーディングスティックを紹介します。

CEZANNE(セザンヌ)

shading-6-cezanne-brown

CEZANNE(セザンヌ)のシェーディングスティックは、太めのタイプで、フェイスラインのシェーディングにおすすめです。価格もお手頃で、初めてシェーディングを使用するメンズにぴったりです。値段は660円です。

MAYBELLINE(メイベリン)

shading-11-maybelline-beige

肌に馴染ませやすい柔らかいスティックが特徴です。値段は2,680円です。

MAYBELLINE(メイベリン)のシェーディングスティックは、反対側にハイライトスティックはもついており、立体感のあるメイクに仕上げることができます。

ETUDE (エチュード)

shading-4-etude-brown

ETUDE (エチュード) のシェーディングスティックは、3種類の色から選ぶことができます。

ハイライトもセットになっており、自然に凹凸感を演出することができます。値段は1,300円です。

&B(アンドビー)

shading-12-&b-brown

&B(アンドビー)のシェーディングスティックは、ペンタイプで細かい部分にもシェーディングが入れやすくなっています。

馴染ませやすいため、初心者のメンズでも簡単に使用できます。値段は3,165円です。

KATE(ケイト)

shading-13-kate-brown

KATE(ケイト)のシェーディングスティックは、ピンポイントで立体感を強調できるペンシルタイプです。

鼻筋などに加え、目元や顎下などの細部にこだわりたいメンズにおすすめです。値段は1,045円です。

簡単に塗れるシェーディングスティックで簡単小顔に

heading-194-man-nothing-smile

シェーディングスティックは影を付けたい部分に直接塗ることができ、メイク初心者のメンズでも使いやすいのが特徴です。

塗る部分に合わせた太さのアイテムを使うことで、より簡単に、顔に立体感を出すことができます。

簡単に塗れるシェーディングスティックを使用して小顔メイクをしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nana

元美容部員。百貨店などでメンズスキンケアの販売をおこなっていた経験を元に、スキンケアやメイクの方法を初心者に分かりやすく伝えます。 ■所得済み資格 ・日本化粧品検定1級 ・美容薬学検定1級 ・JMAメイクアップ技術検定試験2級 ・日本エステティック協会認定フェイシャルエステティシャン

-シェーディング