メンズメイク

【メンズメイク初心者向け】メンズメイクの順番を準備から紹介

make order

「メンズメイクってどんな順番でやればいいの?」

昨今韓国アイドルの影響もあり、メンズメイクを始める男性が急増しています。
メイクといっても女性のように派手なものではなく、メンズメイクは欠点をカバーするナチュラルなものが主流です。
いざメンズメイクを試そうとした時に、何からやればいいのか順番が分からないと困ってしまいますよね。

この記事では、メンズメイクの順番やアイテムの効果について徹底解説していきます。
これを読めば誰でも簡単にメンズメイクを始めることができますよ。

メンズメイクの順番:準備編

make Preparation

メンズメイクを始めるうえで必要不可欠なのが下準備です。
必要なアイテムを揃えることから始め、ひげ剃りやスキンケアでメイクの土台となる肌を整えましょう。

必要なものを揃える

メンズメイク初心者の方は、まず必要なアイテムを揃えましょう。

■最低限必要なもの
メンズメイクをするうえでBBクリームとアイブロウは必須アイテムになります。
・BBクリーム(ファンデーション)
BBクリームは化粧下地やファンデーション、美容液の機能を持つクリームです。
1本で青ひげやクマ等の肌悩みをカバーし、ベースメイクを完成させることができます。

・アイブロウ
アイブロウは、眉毛に色を足したり眉毛を書き加えたりするアイテムのことです。
アイブロウは主に2種類あり、ペンシルタイプで眉毛の輪郭や足りない部分を描いて、パウダータイプで眉毛の隙間を埋めるのがおすすめです。

■必要に応じて必要なもの
肌悩みをカバーすることが中心のメンズメイクですが、様々なアイテムを組み合わせることでより自然でかっこいい印象を与えることができます。

・化粧下地
化粧下地は、メイクアップをする前の土台となるもので、ファンデーションの前に使います。
ファンデーションの前に下塗りをすることで、全体の仕上りをアップさせる役割があります。

・ルースパウダー
ルースパウダーとは、ファンデーションをした後に使う仕上げの粉のことです。
ファンデーションの上から粉をかぶせることで化粧浮きを防ぎ、ふわっと自然な仕上りになります。

・コンシーラー
コンシーラーとは、シミやニキビ跡、クマなどを部分的に薄くするものです。
BBクリームは顔全体に使うのに対し、コンシーラーは気になるポイントにだけ使います。
ファンデーションだけでは隠しきれない肌の色ムラをカバーする役割もあります。

・リップ
リップはかさかさの唇に潤いを与えたり、唇をケアするものです。
メンズメイクで使う場合は、保湿をすることがメインなので、無着色か薄づきのピンクを選ぶのがおすすめです。

・アイライナー
アイライナーは目の周りに線を引くことで、目を大きく見せるものです。
リキッドタイプやペンシルタイプのものがあり、まつげのすき間を埋めるように使うと目元がはっきりした印象になります。

・アイシャドウ
アイシャドウはまぶたに色をつけるパウダーのことです。
目元に近づくにつれて段々と濃い色になるようなグラデーションをつけるのが一般的です。

・ハイライト
ハイライトは肌よりも明るい色を塗ることで肌を立体的にするものです。
Tゾーン(おでこの中心と鼻筋)につけると、鼻を高く見せることができます。

・シェーディング
シェーディングは肌よりも暗い色を塗ることで肌に陰影をつけるものです。
鼻の両脇のくぼみや目元につけることで、彫りを深く見せることができます。

髭剃り

メンズメイクをする前に、髭剃りをして準備を整えるようにしましょう。
剃り残した髭は不潔な印象を与えるだけでなく、髭があることで化粧ノリも悪くなります。
せっかくBBクリームで肌全体を均一に整えても、剃っていないと青ひげがかえって目立つことになります。
シェービングをしても青ひげが気になる場合はコンシーラーで目立たなくすることもできますよ。

スキンケア

日々のシェービングで傷ついている男性の肌は、しっかり保湿をしてケアすることが大切です。
また正しいスキンケアを行うことで、きめ細やかな肌となり、化粧ノリがよくなります。
1番簡単なスキンケアの手順は、以下の通りです。

①洗顔
②化粧水
③乳液

スキンケアについては正しいメンズスキンケアとは?知っておくべき用語や注意点など解説の記事に詳しく書いてあるのでご覧ください。

メンズメイクの順番:ベースメイク

BB cream houw toメンズメイクは、まずはベースメイクから始めます
ベースメイクとは、メイクアップする前の肌を均一に見せるメイクのことです。
ベースメイクの基本的な流れは4工程です。

①化粧下地
②ファンデーション
③コンシーラー
④ルースパウダー

BBクリームを使用する場合は、化粧下地やファンデーションが1本でまかなえます。
BBクリームやファンデーションは小豆1粒分を手の甲に取り、反対の手で両頬、額、鼻、顎の5点に置いて、肌に馴染ませるように薄く伸ばしましょう。
BBクリームを使わない場合のみ4工程でベースメイクを完成させればいいので、組み合わせて使う必要はありません。

メンズメイクの順番:気になる部分の補正

Concealer

ベースメイクで全体の肌の準備ができたら、次は気になる部分の補正をしていきます。
メンズメイク初心者の方は、気になる部分の補正ができるようになれば十分ですよ。

・男性で目立つのは眉毛
眉毛は、顔の印象を大きく左右する大事なパーツです。
アイブロウで眉毛を描くことで目力が増し、男らしい顔にすることができます。
眉毛の書き方については「イケメンの眉毛は作れる?モテるおすすめの眉毛をプロが教えます」の記事に詳しく載っています。

・青ひげやニキビ跡が気になる人はコンシーラー
部分的に青ひげやニキビ跡、クマを隠したいという人はコンシーラーを使いましょう。
コンシーラーを気になる部分に少量塗り、手でポンポンと優しく叩いてぼかします。
コンシーラーを塗ることで肌悩みが薄くなり、隠すことでがきます。

・血色を良くするリップも
かさかさの乾燥した唇や、唇の血色が気になる人はリップがおすすめです。
保湿を目的としているケアバームを使っている男性は多いですが、薄付きのリップを使うことで血色を良くすることもできます。
サーモンピンクやコーラルピンクの商品を選ぶようにすると、肌なじみのいいオレンジがかったピンク色になりますよ。

メンズメイクの順番:目元のメイク

eye liner ここからは見た目を大きく変えたい人のために、上級者向けメンズメイクを紹介します。
韓国アイドルのようなワンランク上の自分になりたい人は取り入れてみてください。

1つ目は目元のメイクです。
目とまつげの間や目のキワに線を引くのがアイライン、まぶたにパウダーを塗るのがアイシャドウです。
眉の下全体に明るいアイシャドウを、まぶたに少し暗いブラウン、目元に濃いブラウンを塗り、目のキワや目尻にアイラインを引くのが一般的です。

目元のメイクをすることで黒目が大きく見え、目力が増します。
さらに、明るめのアイシャドウやアイライナーで影をつけて涙袋をつくり、目元をぱっちりさせるという方法もありますよ。

メンズメイクの順番:顔に陰影をつける

shading2つ目はシェーディングとハイライトです。
顔の骨が出ている高い部分にハイライト、くぼんでいる部分にシェーディングをします。
陰影をつけることで目鼻立ちをはっきりさせ、外国人のような彫りが深い顔を作ることができます。
肌の色に近い色を選ぶことで、目鼻立ちがはっきりしているのに自然な印象を与えることができます。

メンズメイクの順番を正しく覚えよう

try make

メンズメイクは、メイクを始める前の準備段階から大まかな順番が決まっています。
順番通りに正しくメイクすることで、メイクしている感のない自然な仕上りになります。
メンズメイクは清潔感が増すだけでなく、顔の印象がキリッとし、理想の自分に近づくことができます。
ぜひこの機会に正しい順番を覚え、メンズメイクにチャレンジしてみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-メンズメイク