tinder

tinder(ティンダー)とは?6つの特徴と口コミ、料金をまるごと解説

2022年2月27日

question

koji

アプリはこれまでペアーズ、タップル、with、Tinderを使用。withは1カ月で1000いいねover! マッチンアプリ専門のカメラマンとしても活動中:フラッシュ撮影: プレイヤー側、アドバイス側の両視点を持って、書かせてもらいます! 新居でカーテンが欲しい

「tinder(ティンダー)ってどんなマッチングアプリなの?」

tinder(ティンダー)というマッチングアプリの名前はよく聞くけれど、実際どのようなマッチングアプリなのか知らない人もいるのではないでしょうか。

tinder(ティンダー)はスワイプ式のマッチングアプリで、気軽な出会いを探している20代の若い男女が多く利用しています。また、人によっては合う合わないがはっきりわかれるマッチングアプリでもあります。

この記事ではtinder(ティンダー)がどんなマッチングアプリなのかを詳しく紹介します。

Photojoy

これを見れば分かる!tinder(ティンダー)の6つの特徴とは

tinder(ティンダー)は日本だけでなく、世界中で利用されている大人気のマッチングアプリです。水原希子さんがブランドアンバサダーをしていることでも有名ですが、一体tinder(ティンダー)にはどのような特徴があるのでしょうか。

この章ではtinder(ティンダー)の特徴を6つ紹介します。

世界最大級のマッチングアプリ

tinder(ティンダー)は累計ダウンロード数3億4000万を超える世界最大級のマッチングアプリです。

190カ国、40以上の言語に対応しており世界中の人と繋がることができます。

Match Group(マッチグループ)が運営

tinder(ティンダー)はMatch Group(マッチグループ)が運営しているサービスです。

Match Group(マッチグループ)はアメリカの大手企業で、日本で有名なPairs(ペアーズ)も運営している会社です。

セキュリティー技術が発達しており、より安全な出会いを提供すべくユーザープライバシーへの配慮に力を入れているので安心してtinder(ティンダー)を利用することができます。

5つのマークで感覚的にスワイプできる

tinder(ティンダー)で相手を探す画面では、5種類のマークから感覚的に相手をスワイプする仕様です。

5つのマークの名前と効果は以下の通りです。

・LIKE(いいね!)
気に入った相手が表示された場合に使います。相手も自分をLIKEしてくれたらマッチング成立です。

・NOPE(イマイチ)
表示された相手がイマイチだった場合に使います。

・SUPER LIKE
通常のLIKEよりも特別感のあるLIKEです。どうしてもマッチングしたい相手に使いましょう。

・BOOST(ブースト)30分間近くにいる利用者にあなたのプロフィールを優先的に表示できる機能です。BOOSTは課金することで使うことができ、購入価格は以下の通りです。

ブーストAndroid版iOS版Web版
3回353円/1個(一括1,060円)407円/1個(一括1,211円)362円/1個(一括,984円)
10回266円/1個(一括2,660円)306円/1個(一括3,060円)272円/1個(一括2,721円)
20回212円/1個(一括4,250円)245円/1個(一括4,900円)217円/1個(一括4,355円)

・REWIND(リワインド)
1つ前の操作を取り消すことができる機能です。間違えてLIKEやNOPEした際に使いましょう。

REWINDは有料プランに加入していないと使用できません。tinder(ティンダー)の有料プランを以下の通りです。

REWINDtinder Plustinder GOLDtinder PLATINUM
1ヶ月959円/月2,878円/月3,837円/月
6ヶ月604円/月(一括3,624円)1,803円/月(一括10,819円)2,398円/月(一括14,390円)
12ヶ月399円/月(一括4,796円)1,199円/月(一括14,390円)1,598円/月(一括19,187円)

男女無料で利用できる

tinder(ティンダー)は男女ともに無料で利用できるマッチングアプリです。

男性の場合、他のマッチングアプリでは、無料で相手にいいねを送ってマッチングすることはできても、メッセージが有料となっている場合が多いです。

しかしtinder(ティンダー)は無料会員でもLikeやNopeをしてマッチングした相手とメッセージすることができます。tinder(ティンダー)にも有料プランはありますが、課金せずとも十分異性と出会えることができるのは嬉しいポイントです。

既婚未婚に関係なく利用できる

tinder(ティンダー)は既婚や未婚に関係なく利用することがきます。tinder(ティンダー)は恋愛目的での利用に限定しておらず、友達探しとしての利用も可能としているためです。

結婚相談所や婚活アプリのように独身証明書の提出なども求められていないので、誰でも自由に利用することができます。

男性の会員数が多い

tinder(ティンダー)は全世界で約3億4000万以上ダウンロードされており、有料会員数も500万人以上います。

男女比は6:4となっていて、女性会員よりも男性会員の割合の方が高いです。

tinder(ティンダー)は男性だけでも約2億人がダウンロードしており、他のマッチングアプリと比較してもtinder(ティンダー)の男性会員数の多く、ライバルの数も多いです。

実際どう?tinder(ティンダー)とは何かが分かる男女のリアルな口コミ

tinder(ティンダー)は水原希子がアンバサダーなことで有名です。有名人がCMで起用されていることから、tinder(ティンダー)がどのようなマッチングアプリなのか気になる人も多いのではないでしょうか。

この章ではSNSの口コミを元にtinder(ティンダー)の実態を紹介します。

男性の口コミ

tinder(ティンダー)を利用している男性はどのように感じているのでしょうか。口コミを見てみましょう。

tinder(ティンダー)にはかわいい子が多く登録しているようです。顔を重視している男性にとっては、かわいい子が多いマッチングアプリは嬉しいですよね。

tinder(ティンダー)は若い子が多いマッチングアプリです。

tinder(ティンダー)を利用している女性の6割が20代ですので、若い人と出会いたい人にはtinder(ティンダー)はおすすめです。

tinder(ティンダー)はなかなかマッチングしないという声も多いです。

tinder(ティンダー)には若いイケメンが多く登録していると言われております。更に女性会員よりも男性会員の方が多いので、ライバルが多いマッチングアプリと言えるでしょう。

女性の口コミ

女性のtinder(ティンダー)利用者についてどのように感じているのでしょうか。女性の口コミを見てみましょう。

tinder(ティンダー)はイケメンの利用者が多いと言われています。

顔写真が決め手となるtinder(ティンダー)では、イケメンが人気会員になるので、顔に自信がある人が多く登録しているようです。

tinder(ティンダー)にはヤリモクが多いようです。

健全に恋愛や友幸探しをしている人は、ヤリモクかどうかをしっかりと見極める必要がありそうです。

tinder(ティンダー)の登録者の中には、彼氏を作ることができたという方もいます。

ヤリモクが多いといわれていますが、相手をきちんと見極めれば、素敵な恋人もできるのがtinder(ティンダー)の特徴ですね。

tinder(ティンダー)が向いている人とは

tinder(ティンダー)は男女ともに無料で利用でき、恋愛だけに囚われない出会いを探すことができるマッチングアプリです。

携帯搭載のGPS(位置情報)を利用して、近くの人と出会うことができるマッチングアプリですが、一体どのような人がtinder(ティンダー)に向いているのでしょうか。

この章ではtinder(ティンダー)に向いている人のタイプを5つ紹介します。

異性と気軽にデートをしたい人

tinder(ティンダー)は異性と気軽にデートしたい人がおすすめです。tinder(ティンダー)では結婚相手を探す目的よりも、恋愛や友達探しを目的に利用しているユーザーが多いためです。

予定が空いている日の前日などに、デート相手を探したい場合などにはtinder(ティンダー)がピッタリです。

マッチングアプリにお金をかけたくない人

マッチングアプリの利用にお金をかけたくない人はtinder(ティンダー)がおすすめです。tinder(ティンダー)は男女ともに無料で利用でき、マッチングやメッセージ機能などを使うことができます。

お金はないけれどマッチングアプリを使ってみたいというときには、tinder(ティンダー)を検討してみると良いでしょう。

おしゃれな美男美女を探したい人

おしゃれな美男美女と出会いたい人はtinder(ティンダー)で探しましょう。

tinder(ティンダー)は異性の写真が次々に表示され、感覚的にありなしを判断できるスワイプ式のマッチングアプリです。そのため異性からウケのいいおしゃれな美男美女が多く利用しています。

tinder(ティンダー)はデート相手を容易に見つけることができる容姿端麗な若者が多いので、身の回りにはいないような、イケメンや可愛い子を探したい人はぴったりです。

若い異性とマッチングしたい人

tinder(ティンダー)は20代の利用者が過半数を占めているので、若い異性とマッチングしたい人におすすめです。

tinder(ティンダー)は結婚相手よりも気軽な出会いや恋人を探している人が多いので、結婚に焦りのない20代が多いです。一方40代以上のユーザーは5パーセント以下なので、出会うことは難しいです。

気の合う友人を見つけたい人

tinder(ティンダー)に向いているのは、気の合う友人を見つけたい人です。

マッチングアプリといえば恋人を探すイメージですが、tinder(ティンダー)は恋人だけでなく友達探しをしているユーザーも多数います。
tinder(ティンダー)は同姓ともマッチングすることができるので、性別問わず友人を探したい人にはおすすめです。

tinder(ティンダー)が向いていない人とは

tinder(ティンダー)には気軽に遊べる相手を求めている20代のユーザーが多いマッチングアプリです。利用者にとって自分が求められている対象であれば、tinder(ティンダー)での出会いはありますが、そうでない場合はマッチングすらできません。

この章ではtinder(ティンダー)に向いていない人のタイプを5つ紹介します。

結婚相手を探している人

結婚相手を探している人はtinder(ティンダー)には向いていません。

tinder(ティンダー)で結婚相手を探している人は少数です。結婚相手よりも恋愛や気軽に遊べる人を探している人が多いので、真剣な出会いは難しいです。

容姿に自信がない人

容姿に自信がない人はあまりtinder(ティンダー)はおすすめできません。

tinder(ティンダー)はスワイプ式のマッチングアプリなので、顔写真がありなしを判断する大きな要素になります。外見を重視しているユーザーが多いので、自分の顔やスタイル、服装に自信がない人は異性からlikeがあまりもらえないです。

外見よりも中身を確認したい人

tinder(ティンダー)に向いていない人は、外見よりも中身を確認したい人です。

tinder(ティンダー)にも他のマッチングアプリ同様に自己紹介の項目がありますが、自分のことをしっかりと書いている人は少ないです。そのためプロフィールで相手のことはあまり知ることができません。

マッチングする人の中身を重視している人はtinder(ティンダー)ではないマッチングアプリを検討したほうが良さそうです。

相手を要注意人物かどうか見極められない人

tinder(ティンダー)には残念ながら自分にとって悪い影響を与える要注意人物が存在します。

具体的にはビジネスや宗教の勧誘、誠実なふりをしたヤリモク、本人と別人の写真を使っている人などが要注意人物にあたります。プロフィール写真や自己紹介文、メッセージなどから相手が安心できる人なのか見極められる人でないと、良い出会いを見つけることはできません。

要注意人物は言葉巧みにこちらを丸め込もうとしてくるので、何でも信じすぎてしまう人などは注意が必要です。

自分で自分の身を守れない人

自分で自分の身を守れない人はtinder(ティンダー)に向いていません。

tinder(ティンダー)にはハイスペックなイケメンやモデルのような美女がいます。女性であれば、イケメンとマッチングして会う約束をしたはいいものの、実際には別人が来た、という話も珍しくありません。

男性であれば、綺麗な女性にぼったくりバーに誘われ、大金を払うはめになったという事例もあります。

怪しいと思った時には一度立ち止まり、自分にブレーキをかけられる人でないとtinder(ティンダー)を使うのはおすすめできません。

tinder(ティンダー)と他のマッチングアプリとの比較

tinder(ティンダー)は他のマッチングアプリと比べてどのような特徴があるのでしょうか。料金、利用者の年齢層、会員数についての比較してみました。

matting app

(出典:キュンラブ「Tinder(ティンダー)の料金とは?有料会員と無料会員の違いは?」

tinder(ティンダー)は無料で使うことができますが、有料プランもあります。有料プランも他のマッチングアプリに比べて安く利用できるのが特徴です。

tinder(ティンダー)の有料プランになると、使える機能が増え、より好みの異性とマッチングしやすくなるのでおすすめです。

matching app 2

(出典:マッチLife「Tinder(ティンダー)の年齢層を徹底調査!男女比や会員数も解説【おすすめの人が判明!】」

tinder(ティンダー)の利用者の年齢層は男女共に、20代が6割程度占めており、比較的若いユーザーが多いです。

他のマッチングアプリと比べると、tapple(タップル)、with(ウィズ)に次いで3番目に若い人が多いマッチングアプリです。

matching app 3

(出典:ねとらぼ調査隊「マッチングアプリの市場調査してみた ユーザー数では「Pairs(ペアーズ)」と「Tinder(ティンダー)」が2強」

tinder(ティンダー)は、Pairs(ペアーズ)に次いで2番目に利用者が多いマッチングアプリです。多くの人が利用しているということは、その分出会える可能性が高いマッチングアプリと言えるでしょう。

【撮影業者7社を比較】マッチングアプリ用のモテる撮影はプロにお任せ!

tinder(ティンダー)とは男女無料の気軽な出会いを探せるマッチングアプリ

"tinder(ティンダー)は男女無料で、気軽な出会いを探せるマッチングアプリです。若くて美男美女のユーザーが多い一方で、ヤリモクやネットワークビジネスなどを勧誘してくる要注意人物が一定数存在します。

自分の身をしっかり守れる人は、tinder(ティンダー)で気軽な出会いを探してみてはいかがでしょうか。

Photojoy

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

koji

アプリはこれまでペアーズ、タップル、with、Tinderを使用。withは1カ月で1000いいねover! マッチンアプリ専門のカメラマンとしても活動中:フラッシュ撮影: プレイヤー側、アドバイス側の両視点を持って、書かせてもらいます! 新居でカーテンが欲しい

-tinder