tinder

【初心者必見】誰でも分かるtinder(ティンダー)の基本的な使い方

tinder

tinder(ティンダー)をこれから使いたいけど、最初に何をしたらいいのかな?」

tinder(ティンダー)はスワイプ式のマッチングアプリで、男性も女性も無料で使うことができます。世界中で大人気で、190か国以上で使われています。

tinder(ティンダー)では最初の基本設定と、相手を探す際に使う5つのマークがあります。この記事ではtinder(ティンダー)の基本設定と5つのマークについて紹介します。

tinder(ティンダー)の基本的な使い方

base

tinder(ティンダー)は約190もの国で使われている大人気マッチングアプリです。世界中で使われているだけあって、使い方も比較的簡単です。

この章では、これからtinder(ティンダー)を始める方でも分かるように、基本設定からメッセージまでのやり方を紹介します。

tinder(ティンダー)に登録する方法

tinder(ティンダー)を使う時は、まず会員登録をする必要があります。

会員登録では電話番号登録とFacebook登録の2つの方法があります。どちらでも登録できますが、おすすめは電話番号登録です。Facebook登録では、Facebookの友達がtinder(ティンダー)で表示されてしまうので、身バレを防ぎたい方には向いていません。

無難なのは電話番号登録なので、迷ったらまずは電話番号で登録しましょう。

プロフィールを設定する方法

会員登録が済んだら名前、写真、自己紹介文などのプロフィールの設定をします。プロフィールの設定画面は会員登録後自動的に表示されます。

名前の設定画面は、会員登録後自動的に表示されます。なお、名前は一度設定すると後で変えられません。本名を書く必要もありませんが、変な名前にしてしまうと後々後悔してしまうこともあります。名前をどうするか悩んでしまう方は、自分の下の名前を登録名にしましょう。

写真は名前の設定後に登録画面が表示され、自己紹介文は写真の設定後に登録画面が表示されます。後ほど変更する場合はどちらも「情報を編集」ボタンからいつでも変えることができます。

選べる5つのマークでスワイプする方法

tinder(ティンダー)では相手を探す際にメインで使う5つのマークがあります。

5つのマークの名前と効果は以下の通りです

・Like(いいね)
・Nope(イマイチ)
・Super Like(スーパーライク)
・Rewind(リワインド)
・Boost(ブースト)

Like(いいね)は、表示された写真がタイプだった時に使います。ボタンをタップして使うこともできますが、写真を右にフリックすることでLike(いいね)することもできます。

Nope(イマイチ)は、表示された写真が好みで無い場合に使います。ボタンをタップして使うこともできますが、写真を左にフリックすることでNope(イマイチ)することもできます。

Super Like(スーパーライク)は、Like(いいね)よりもマッチしたい人に使います。Super Like(スーパーライク)をすると相手に伝わるので、確実にマッチングしたいことを伝えたい方はおすすめです。なお、有料プランに加入するとSuper Like(スーパーライク)は5回分を540円から購入可能です。

Rewind(リワインド)は、Like(いいね)かNope(イマイチ)した後に戻って選び直せる機能です。間違ってNope(イマイチ)した人でも再度Like(いいね)することが可能です。ただし、Rewind(リワインド)は有料プランに加入しないと使用できません。

Boost(ブースト)は、30分間近くにいる利用者にあなたのプロフィールを優先的に表示できる機能です。使用すると普段よりもプロフィールを見てもらえるので、Like(いいね)がもらいやすくなります。なお、有料プランに加入した場合は1ヶ月に1回分付与され、単体で購入する場合は3回1,221円から購入可能です。

マッチングした相手とメッセージする方法

tinder(ティンダー)ではマッチングした異性と無料でメッセージすることができます。

マッチングすると「新しいマッチ」に相手が表示されます。相手のアイコンをタップすればメッセージ画面が開き、メッセージを送信できます。

【デートができる】tinder(ティンダー)の上手な使い方

overbearing

tinder(ティンダー)は男女ともに無料で使えるマッチングアプリです。そのため登録している男性会員数は多く、ライバルとの差をつける必要があります。

この章では女性とデートするためのtinder(ティンダー)の上手な使い方を紹介します。

異性ウケのいいプロフィールを作成

tinder(ティンダー)においては、プロフィールの作成が異性とマッチングのできるかどうかの要です。

tinder(ティンダー)では結婚や恋愛目的というよりは、気軽にデートできる相手を探している利用者が多いです。そのため外見が好みかどうかと、同じ目的で利用しているかどうかを女性はよく見ています。

外見の特徴を伝えるには、顔がはっきりと分かる笑顔の写真を3~5枚登録するのがおすすめです。顔を一部隠している写真などは、自信がなさそうに見えるので、あまり好印象ではありません。

自己紹介文は、4~7文程度で自分のことを端的にまとめたものがおすすめです。tinder(ティンダー)では気軽に遊べる人を探している利用者が多いので、ラフな印象の方がマッチングしやすいです。

沢山スワイプして好みの異性とマッチング

tinder(ティンダー)は、気になる異性に対して積極的にスワイプすることが大切です。tinder(ティンダー)ではライバルが多い上に、Like(いいね)できる人数も多いので、女性は驚くほどの数のLike(いいね)を日々貰っています。

女性は、Like(いいね)された人の中から気になる人を探す傾向にあるので、Like(いいね)していないと検索の候補から漏れてしまいます。

ちなみに、好みの女性を表示させやすくするために、検索条件を絞ることもできます。

積極的にメッセージ

マッチングしたら積極的にメッセージを送りましょう。tinder(ティンダー)では、女性が自分からメッセージは送ってくることは基本的にありません。

ファーストメッセージで書く内容は挨拶、Like(いいね)した理由、質問程度の内容を5行以内でまとめると良いです。あまりに長いと重い印象を与えてしまうので注意しましょう。

また、マッチング直後にメッセージを送ると、相手もtinder(ティンダー)を使っている最中なので返信を貰いやすいです。

早めに予定を合わせて初デート

マッチングした後は早めに初デートの予定を合わせましょう。tinder(ティンダー)の女性会員は男性から沢山のアプローチが来ています。早めに動かないと他の男性に取られてしまいます。

マッチングしてから2、3日以内にはデートに誘うようにしましょう。

tinder(ティンダー)の使い方をマスターして理想の異性と出会おう

dating app

tinder(ティンダー)は世界中で大人気の無料で使えるマッチングアプリです。無料だからこそ会員数も多くライバルが多いマッチングアプリです。

ライバルに差をつけて理想の異性と出会いたい方はこの記事を参考にtinder(ティンダー)を使ってみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

koji

アプリはこれまでペアーズ、タップル、with、Tinderを使用。withは1カ月で1000いいねover! マッチンアプリ専門のカメラマンとしても活動中:フラッシュ撮影: プレイヤー側、アドバイス側の両視点を持って、書かせてもらいます! 新居でカーテンが欲しい

-tinder