tapple(タップル)

tapple(タップル)でモテる自己紹介文!マネするだけの例文を紹介

self-introduction

tapple(タップル)の自己紹介文には何を書けばいいのかな」

tapple(タップル)を利用しているユーザーの7割は20代だと言われています。若い世代が多いためフットワークが軽く、デートに出かけられる相手を探している人も多いです。

また、「趣味でつながる」がコンセプトのマッチングアプリです。そのため自己紹介文を見て、気軽さと趣味の共通点などが伝わるプロフィールがおすすめです。

この記事ではtapple(タップル)でウケが良い自己紹介文の例と書く時のコツを紹介します。

tapple(タップル)の自己紹介文の特徴

introduction

tapple(タップル)の自己紹介文は、最初の1,2文で自分の特徴を伝えることがが大事です。tapple(タップル)のフリック画面には、プロフィール写真と自己紹介文の最初の2行が表示されます。
そのため自己紹介文を長く書いていても、マッチングしたい相手が最後まで読んでくれる可能性は低いです。自分のアピールポイントは最初の2文にまとめて書いておくようにしましょう。

ウィッシュカードという趣味のタグを多く登録している場合は表示される自己紹介文の文字数がさらに少なくなる傾向にあるので注意が必要です。

また、自己紹介文を全く書いていないと人柄が伝わらない、他の会員と差別化しづらい、恋人を探す気がないと思われるといったデメリットもあります。

写真を気に入ってもらえた場合、自己紹介文を覗いてもらえることもあるので、200~400字程度で簡潔に自己紹介文を書いておくようにしましょう。

tapple(タップル)のメインユーザー層は気軽な恋人探しをしたい人なので、結婚相談所のように細かく丁寧な自己紹介文を書くよりも、端的にまとまっている自己紹介文にするのがポイントです。

tapple(タップル)の自己紹介文に書く内容

write

tapple(タップル)は20代の利用者が多いマッチングアプリです。気軽にデートしてみて相性が合えば恋人になりたいと考えている人が多く利用しています。

そのため若い人からウケがいい自己紹介文だと、マッチング率が高まります。

この章では、tapple(タップル)の自己紹介文で書く内容と例文を紹介します。

マッチングアプリに登録した理由

自己紹介文中に、tapple(タップル)に登録した理由を書きましょう。

・同性ばかりの職場で出会いがないため登録しました。
・趣味が合う方と知り会いたくで登録しました。

書く時のポイントは、堅くなりすぎないことと、ネガティブな表現になりすぎないようにすることです。

結婚を視野に入れた人と出会いたい、今まで恋人ができたことがない、などの内容が書かれてあると、tapple(タップル)では敬遠されてしまう傾向があるので気を付けてください。

仕事の内容

仕事の内容を書いて、自分の人物像のイメージを相手に伝えましょう。

・仕事は不動産の営業で、外出が多いので都内の土地勘だけは負けません。
・ITエンジニアの仕事をしていて、最近はリモートワークが多いです。

仕事内容は、異性にとって気になるポイントの1つです。職業から相手がどんな人なのかを想像するので、仕事内容とちょっとしたアピールポイントを書いておくといいでしょう。

休日の過ごし方や趣味

自己紹介文に休日の過ごし方や趣味を書いておきましょう。

・休日はドライブや、趣味のカメラを持って出かけることが多いです。
・休日は自宅で映画を見ることが多いです。映画の知識なら誰にも負けないので、好みを言ってもらえればおすすめの映画紹介します!

tapple(タップル)は「趣味でつながる」がコンセプトです。そのため同じ趣味を持った人や、一緒に過ごしてみたいと思える休日の過ごし方を書くと、異性からのウケが良いのでおすすめです。

tapple(タップル)で異性ウケがいい自己紹介文の例

example

tapple(タップル)はじっくりメッセージのやり取りをしてから会うよりも、まずは会ってみたいと考えている人が多いです。

そのためフットワークの軽さや、人当たりの良さをアピールするとウケが良いです。

この章では、tapple(タップル)で異性ウケがいい紹介文の例を紹介します。

フランクに接しやすさをアピールする

tapple(タップル)の自己紹介文では少し砕けた表現を使い、接しやすさをアピールしましょう。

親しみやすいと思われるプロフィールの例文は以下の通りです。

はじめまして。26歳の商社で働いている〇〇といいます。職場は男性ばかりで出会いがないので登録してみました!

趣味:ドライブ/アウトドア/サウナ/コーヒー/お酒

休日は友人と出かけることが多く、商店街で食べ歩きなどをよくしています。趣味がドライブなので、たまに遠方に出かけて温泉やサウナなどを楽しんでいます。
コーヒーには少し凝っていて、豆を購入して自宅で作ることもあれば、カフェを巡ることもあります。
お酒も好きなので、赤提灯系の居酒屋に数件飲み歩きなども一緒の楽しめる方だと嬉しいです!

あと、大学までサッカーをしていて体育会系だったこともありフットワークの軽さには自信があります!(笑)

まずは気軽にメッセージ出来ればと思います。
よろしくお願いします!

恋人探しの真剣度や誠実さをアピールする

tapple(タップル)には20代のイケメンが多い半面、ヤリモクなど遊びで登録している人も少なからず存在します。

そのため、誠実さをアピールできると遊び目的のユーザーと差をつけることができます。

恋人探しの真剣度や誠実さをアピールできる自己紹介文は以下の通りです。はじめまして。プロフィールみていただきありがとうございます。
メーカーで開発職をしている〇〇といいます。学生時代から4年程付き合っていた恋人と最近別れてしまったので登録してみました。
真剣にお付き合いできる方と出会えたらとな思っています!

【趣味】
▼映画
▼カフェ巡り
▼美術館巡り
▼舞台鑑賞

休日は美術館や舞台を見に出かけることもありますが、家で映画を見たり読書したりして過ごすことも多いです。
映画は本当に大好きで、週に2本は見ています。ジャンルは問わず見ていますが、恋愛系やヒューマンドラマなどの感情の機微を描いた作品が好みです!

家で過ごす時間が長い分、快適に過ごせるように様々な種類の動画配信サービスに登録しています。おうち時間を一緒に楽しめる方だと嬉しいなと思います。
本は家でも読みますがカフェでもよく読んでいます。気付いたら、今まで結構な数のカフェに行っていたので、おすすめのカフェなど詳しかったりします。

まずは気軽にメッセージを重ねて、カフェでランチなどできると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

tapple(タップル)の自己紹介文を書く時のポイント

tips

tapple(タップル)はスワイプ式のマッチングアプリなので、まずは顔写真が見られます。異性が自分の顔写真をいいなと思ったら自己紹介文を見られます。

そのため、自己紹介文ではマイナス要素を無くした上で、異性との共通点をアピールすることが大切です。

この章では、tapple(タップル)で自己紹介文を書く時のポイントを3つ紹介します。

マッチングしたい相手との共通点が増えるようにする

人は共通点が多い異性に対して相性が良いと感じます。そのため自分が好きなことを書くというよりは、マッチングしたい異性との共通点になるような事柄をアピールしましょう。

例えば保育士さんとマッチングしたい場合は、子供好きや家庭的な自分をアピールするとマッチングできる確率が高まります。

嘘を書いてはいけませんが、狙いたい異性に合わせて自分を表現すると良いでしょう。

ネガティブな表現は避ける

tapple(タップル)の自己紹介文にネガティブな表現を入れるのは避けましょう。
ネガティブな内容であっても、極力ポジティブな表現に言い換えることがポイントです。

例えば、大人数は苦手ですを少人数でいる方が落ち着きますに言い換える。
基本的に外出は好きではない場合は、家でゆったり過ごすことも好きに言い換えるなどです。

ネガティブな言葉があると、一緒にいて楽しいと思わせることができないので注意しましょう。

メッセージやいいかもを送りやすい一言を書く

気軽な印象を与えるために、メッセージやいいかもを送りやすい一言を書くと良いです。

・まずはメッセージのやり取りをする中でお互いのことを知っていきたいです
・気軽にメッセからやりとりできると嬉しいです

一言いいかもを送りやすい言葉があるだけで、異性も気軽に感じてくれるのでおすすめです。

tapple(タップル)は自己紹介文と写真でいいかもを増やせる

photo

tapple(タップル)はスワイプ式なので、自己紹介文だけでなくプロフィール写真も重要です。写真は最低でも5枚は登録するようにすると、あなたの人物像が異性に伝わりやすいです。

この章ではtapple(タップル)に登録する写真のポイントを3つ紹介します。

顔の特徴が分かるメイン写真にする

プロフィールのメイン写真は顔の特徴が分かるものにしましょう。

tapple(タップル)はプロフィール写真で直感的に良し悪しを判断する仕様です。顔が分かりづらい人は何者か分からないのでいいかもとは思われにくいです。

顔の一部を隠していている写真も、自信が無い印象になってしまいます。

あなたを好みだと思ってくれる人を逃さないためにも、メイン写真は表情が分かりやすい写真を使いましょう。

おしゃれな雰囲気のサブ写真にする

サブ写真にはお洒落な雰囲気の写真を登録しましょう。tapple(タップル)の利用者のメインは20代と若いことから、お洒落なことやトレンドには敏感な人が多いです。

そのため、話題のカフェやインスタ映えするような写真だと異性の目を引うことができます。

tapple(タップル)に登録する写真は、実際自分が撮った写真じゃなくても問題ありません。ネットやSNSから写真を探して、異性の目を引くお洒落な写真を登録しましょう。

全身のスタイルが分かるサブ写真にする

全身のスタイルがわかる写真をサブ写真に登録しましょう。

顔も大事ですが、顔写真だけではあなたの雰囲気は分かりません。特に女性は顔だけでなく、服装やスタイル込みの、全身の雰囲気を重要視している人は多いです。

お洒落な服装をしている時の写真などを使い、異性に自分のスタイルを伝えましょう。

tapple(タップル)は自己紹介文で自分の特徴をアピールしよう

feature

tapple(タップル)の自己紹介文作成の際のコツは、気軽さと真面目さを両面アピールすることです。
フットワークの軽い人を好む反面、遊び人には引っかかりたくないという女性がtapple(タップル)には多いです。

自己紹介文では、自分の特徴をアピールしつつポジティブな印象を与えられるように書いてみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

koji

アプリはこれまでペアーズ、タップル、with、Tinderを使用。withは1カ月で1000いいねover! マッチンアプリ専門のカメラマンとしても活動中:フラッシュ撮影: プレイヤー側、アドバイス側の両視点を持って、書かせてもらいます! 新居でカーテンが欲しい

-tapple(タップル)