tapple(タップル)

tapple(タップル)の年齢確認は安全!今すぐできる簡単な手順を紹介

personal information

tapple(タップル)の年齢確認で送る個人情報は安全なのだろうか?」

昨今個人情報の漏洩などの悪いニュースをよく目にします。tapple(タップル)でも例外ではないと思う方も少なくないのではないでしょうか。

tapple(タップル)は、高い水準の管理が徹底されているwebサイトだけが付けられる、TRUSTeマークがついています。第三者機関も認める安全性の高さなので、安心して個人情報を預けられます。

この記事では、tapple(タップル)の個人情報の安全性と、年齢確認することによるメリットを紹介します。

tapple(タップル)の年齢確認とは

Age confirmation

tapple(タップル)は18歳以上から利用できるマッチングアプリです。18歳未満の方や、年齢を偽って登録することがないように、年齢確認しないと一部機能を使えない仕組みとなっています。

年齢確認しないと使えない機能はメッセージ、ビデオチャット機能、おでかけ機能の3つです。

年齢確認前でも異性とマッチングできますが、メッセージなどができないため相手と距離を縮めることはできないような絡繰りとなっています。

tapple(タップル)の年齢確認は安全?

Security

tapple(タップル)の年齢確認では、身分を証明する公的な書類を提出しなければなりません。安全性が気になるかもしれませんが、安心してください。個人情報は厳重に管理されています。

タップルの運営会社「株式会社タップル」は、サイバーエージェントのグループ企業です。「サイバーエージェント」はabemaTVやアメーバブログを運営する大手企業。東証一部上場企業の子会社が運営しているので、個人情報の管理が徹底されています。

更に、tapple(タップル)はTRUSTeマーク(個人情報よりも厳しい基準で、個人情報の管理が行われているwebサイトを、認定するマーク)がついています。

以上のように、tapple(タップル)は大手企業のグループ会社であることと、第三者機関より安全性が認められていることから、個人情報管理の厳重さは保証されています。

tapple(タップル)で年齢確認をする方法

certification

tapple(タップル)の年齢確認は、マッチングアプリ内で運営に写真を送り、完結できます。

年齢確認方法は以下の通りです。

①マイページを開く
②歯車マークをタップする
③設定画面を開き、本人確認欄をタップ
④「申請する」をタップ
⑤提出する本人確認書類を選ぶ
⑥「ステップ1の申請を行う」をタップ
⑦本人確認書類の種類を選択する
⑧「本人確認書類を撮影する」をタップ
⑨「ライブラリから選ぶ」または「写真を撮る」を選択
⑩「この画像で確認」をタップ
※表示された枠内に収まるように写真を撮影
⑪「送信」をタップ
※本人確認書類とタップルに登録している生年月日が一致していることを確認
※生年月日が一致していない場合、表示されている生年月日をタップし、修正
⑫「OK」をタップ

⑫まで終了したら、あとは審査を待つのみです。審査は完了するまで30分ほどかかります。

tapple(タップル)の年齢確認に必要な書類

License

tapple(タップル)の年齢確認では、本人の身分を確認できる公的な資料が必要です。

tapple(タップル)の年齢確認で使える本人確認書類は以下の通りです。

運転免許証
健康保険証
パスポート
マイナンバーカード(通知カードはご利用できません)
住民基本台帳カード
共済組合員証
在留カード
特別永住者証明書
障害者手帳
など

なお、健康保険証の場合は「保険者番号・被保険者記号・番号」は不要です。そのため、3つの箇所を隠して提出することも可能です。

tapple(タップル)は年齢確認をしてメッセージ機能を使おう

message

tapple(タップル)では年齢確認をしないとメッセージを異性に送ることができません。メッセージを送れなければ、異性とデートすることもできません。

tapple(タップル)では年齢確認をして異性と交流し、素敵な恋人を見つけましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

koji

アプリはこれまでペアーズ、タップル、with、Tinderを使用。withは1カ月で1000いいねover! マッチンアプリ専門のカメラマンとしても活動中:フラッシュ撮影: プレイヤー側、アドバイス側の両視点を持って、書かせてもらいます! 新居でカーテンが欲しい

-tapple(タップル)