Pairs(ペアーズ)

ペアーズでLINE(ライン)交換後にデートまでつなげるメッセージのコツ

pairs engage (1)

「Pairs(ペアーズ)でLINE(ライン)交換後、連絡が取れなくなった」

恋人探しとしてPairs(ペアーズ)を使っている方は多くいます。マッチングアプリのPairs(ペアーズ)ではマッチングをした後にもアプリ内でメッセージのやり取りをすることができますが、親密になるとLINE(ライン)を交換する人も増えてきます。

しかし、LINE(ライン)交換後に連絡が取れなくなり、デートに行けずに困る方は非常に多いです。

そこで、この記事ではPairs(ペアーズ)ではでLINE(ライン)交換後にデートまでつなげるためのコツについて解説をします。

LINE(ライン)交換までできれば、デートまではあと少しです!

Pairs(ペアーズ)でLINE(ライン)交換後に出会えなくなることは多い

pairs experiences

Pairs(ペアーズ)でLINE(ライン)交換後に連絡が取れなくなってしまうことは多いです。実際の声をみていきましょう。

Pairs(ペアーズ)に限らずで紹介をしましたが、マッチングアプリでの出会いだと連絡が取れなくなることも少なく無いようです。この原因を見ていきましょう。

メッセージ内容が合わなくなった

Pairs(ペアーズ)内のメッセージでは楽しくやり取りができたけれども、LINE(ライン)交換後のメッセージが楽しくなかったケースです。これが一番多いです。メッセージの序盤はお互いのプロフィールや興味を持ったことを軸にやり取りをするので、会話が盛り上がりやすいです。
しかし、LINE(ライン)を交換してから共通の話題がなかったり、盛り上がれないときにはメッセージが合わなかったと思われて連絡が取れなくなることがあります。

相手と会話を長く続けることを意識して、会話の中から話が続きそうなものを広い出しましょう。

テンポが合わなくなった

Pairs(ペアーズ)でのメッセージは通知を待ってからの連絡になるので、比較的ゆっくりとすることが多いです。
しかし、LINE(ライン)になるとすぐに返信ができてしまうので、テンポが上がります。そうした時にテンポが早くなって違うな。と感じられることもあれば、Pairs(ペアーズ)と同じゆっくりテンポが嫌だと感じることもあります。

やりとりのテンポは相手の返信スピードを意識して返しましょう。

会うのがめんどくさくなった

他の予定が入ったり、違う人と会うことになった場合、体調が良くないとき、気分が乗らない時など、会うことがめんどくさくなったときも連絡が途絶えやすいです。
なぜならば、マッチングアプリでマッチングをして、初対面が済んでない状態では優先度が低いからです。

会ってもいない人の場合、少しめんどくさいと感じると連絡を簡単に切る人もいます。この場合は自分ではできることはないので、仕方がないと諦めましょう。

業者だった

Pairs(ペアーズ)に限らず、マッチングアプリには業者が紛れ込んでいることがあります。そうした人たちはLINE(ライン)のIDだけ入手することが目的だったり、LINE(ライン)から自社の悪徳サイトに誘導することが目的にしていることがあります。その場合はLINE(ライン)のメッセージが明らかにおかしいと分かりやすいので、こちらからブロックするようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)でLINE(ライン)交換後にデートまでつなげるコツ

pairs message point

Pairs(ペアーズ)でLINE(ライン)交換後に連絡が取れなくなることは多くありました。しかし、自分が努力をすれば変えられるものがあります。ここではデートにつなげるためのメッセージのコツを紹介します。

頻度はそこそこ

LINE(ライン)の頻度はよっぽど盛り上がっていない限りは、そこそこで十分です。Pairs(ペアーズ)内の情報だけでは話をすることはそんなに多くありません。
話題が枯渇して、お互いが何を話せば良いのか分からなくときまずい雰囲気になるので、デートまでのネタがなくならない配分を考えましょう。

長文を送り過ぎない

LINE(ライン)を返すことがめんどくさいと思われてしまうと、Pairs(ペアーズ)の他の人とのメッセージが始まってしまいます。特に長文のメッセージは返すことに手間だと感じやすいのでNGです。
短い文章でラリーの数を多くするようにしましょう。

返しやすい内容を送る

短い文章だとしても「今日はいい天気だね」「ご飯美味しかった」「仕事疲れた」など自分にあったことを伝えるだけではNGです。
相手からは「そうなんですね」としか返すことができません。その場合は返信することに重荷を感じてしまい連絡が途絶えてしまうことがあります。

相手が返しやすいとうに「今日は寒いですね。風も強いようなので、体調を崩さないように気を付けてください」「お昼ごはん何食べましたか?僕は近くのキッチンカーでケバブを食べました」など、一言相手が返しやすい言葉を付けてあげると良いでしょう。

会う予定をサクッと決める

Pairs(ペアーズ)でLINE(ライン)を交換した後にはサクッとデートに誘いましょう。LINE(ライン)を交換できている時点で、お互いにデートに行く意思はあります。LINE(ライン)で少しだけやりとりをしたら、食事の話題を出してデートに誘うことがおすすめです。

あまりにも長い間デートに誘わないと相手がメル友を募集しているのかな?と勘違いさせてしまいます。

デート場所の提案はスマートに済ます

LINE(ライン)のやりとりがグダグダすることも連絡が来なくなる原因です。デートの日程を決めるときには2往復あれば十分です。

「空いている日にちありません?
僕の空いているに日程は
7/3(土)13時以降
7/4(日)17時以降
7/7(水)20時以降
7/10(土)11時前後
です。
場所は新宿か渋谷、品川だと出てきやすい場所はどのあたりですか?」

「それでは7/4(日)18時からお願いします。」

「ありがとうございます!では7/4(日)18でお願いします。お店は○○と△△と■■だとどれが楽しそうです?」

「○○が良いと思いました」

「では○○に行きましょう!楽しみにしています。」

以上で簡単な流れが終わりです。このくらいのペースで日程の調整とデートで行く場所を決めてしまいましょう。

初デート後にLINE(ライン)交換もあり

LINE(ライン)を交換してからデートにつながりにくいことがあるのであれば、初デートまで、LINE(ライン)のやりとりをしないことも1つの手です。
Pairs(ペアーズ)のメッセージ内でも、十分に当日の待ち合わせをすることができます。
密に連絡を取りたくなったと思ったタイミングLINE(ライン)の交換をすれば良いだけなので、デートにいくためにLINE(ライン)は必須ではありません。

人によってはLINE(ライン)の交換をしたいと言わないことで誠実だと感じてくれることもあるので、おすすめです。

Pairs(ペアーズ)でLINE(ライン)交換後に印象を上げてデートに行こう

pairs date

Pairs(ペアーズ)ではLINE(ライン)交換後に連絡が取らなくなることはよくあります。自分ではどうしようもないことも多いですが、できることはあります。LINE(ライン)交換の提案ができればデートまであと少しなので、頑張ってデートまでつなげましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-Pairs(ペアーズ)