Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)の運営会社はどこ?会社概要やアプリの安全性について

2021年6月16日

Pairs(ペアーズ)の運営会社はどこ?会社概要やアプリの安全性について

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。 地方婚活セミナーファッション講師

日本最大級の会員数を誇っているPairs(ペアーズ)。恋活・婚活をしたいと思ったときに最初に選択肢に入るほど有名なアプリです。

しかし、Pairs(ペアーズ)を運営している会社については知らない方も多いのではないでしょうか?

実はPairs(ペアーズ)を運営している株式会社エウレカは世界的なインターネットメディア企業のInter Active Corpが運営するMatch Groupの一員です。

この記事では、意外と知られていないPairs(ペアーズ)の運営について解説します。

Photojoy

Pairs(ペアーズ)の運営会社は株式会社エウレカ

Pairs(ペアーズ)の運営会社は株式会社エウレカ

(出典:株式会社エウレカ

2008年11月20日に設立したIT企業で、日本の東京都港区に本拠地を置いています。

元々はマッチングアプリを作っておらず、アプリを検索するアプリPickieや、友達と使っているアプリをシェアできるアプリpeepappを作成しています。Pairs(ペアーズ)としてサービスを開始したのは2013年2月です。

ほかのマッチングアプリとして代表的なOmiaiは2012年に、メンタリストのDaiGoさんが監修するwith(ウィズ)は2016年に、サイバーエージェントグループのタップルは2014年にサービス開始をしているので、マッチングアプリ業界では老舗にあたります。

2013年には台湾でPairs(ペアーズ)をスタートさせ、2014年にはカップル向けのアプリをリリース。

2014年の段階でPairs(ペアーズ)の会員数は100万人を超え、2021年3月には交際・結婚した人が50万人を突破、2021年6月には1,500万人を超えるマッチングアプリ業界を引率する存在になりました。

アメリカのMatch Groupの傘下

株式会社エウレカは2015年にアメリカのNASDAQに上場しているInter Active Corp(IAC)の一員になりました。IACのなかにはマッチングアプリを専門としているMatch Groupが存在し、そちらに参画しています。

Match Groupは日本でも人気のTinder(ティンダー)やMatch.com(マッチドットコム)を運営しています。

非上場企業

世界的なマッチングアプリ企業になったエウレカですが、上場はしていません。
理由としてはスピードが求められるマッチングアプリ業界なので判断が遅くならないように非上場の立場を保っているそうです。

海外に拠点がある

エウレカは日本だけでなく、台湾やシンガポールにも拠点があります。アジアでのマッチングアプリシェアを拡大するために世界で戦っています。

Pairs(ペアーズ)の会社の安全性は?

Pairs(ペアーズ)の会社の安全性は?

マッチングアプリと聞くと一昔前は怪しいイメージがありましたが、Pairs(ペアーズ)に関しては非常に安全度が高いと言えます。

エンジニアが非常に多い

エウレカの現CEOは元エウレカの最高技術責任者(CTO)です。それゆえ、ITに関する知識が豊富でセキュリティ意識も高いです。
また、エウレカの社員の60%はエンジニアとデザイナーで構成されており、高い技術力を持ったアプリになっています。

グループ内の内部統制も強化

アメリカのInter Active Corp(IAC)はメディア企業ということもあり、2015年に一員に加わってからは内部のIT統制も強化されてきました。

そのため、日本ではメジャーではない技術も保有しているため日本のなかでも最先端の情報とセキュリティ機能を持っています。
現代ではハッカーによる攻撃がありえないとは言い切れませんが、ほかのマッチングアプリと比較するとかなり安全な部類に入るかと思います。

Pairs(ペアーズ)運営がおこなっているセキュリティ対策

ペアーズでは、さまざまなセキュリティ対策がおこなわれています。

ユーザーが安心して利用できる取り組みで、具体的には以下のとおりです。

【ペアーズ運営がおこなっているセキュリティ対策】
・24時間365日の監視システム
・Facebookを使った身バレ防止策

特に、監視システムは、悪質なユーザーを排除するための仕組みです。

いずれも、ユーザーのことを考えた対策なので、登録前の参考にしてください。

24時間365日の監視システム

ペアーズは、ユーザーファーストなアプリで、安心して利用できるようにさまざまな対策をおこなっています。

なかでも、24時間365日の監視システムは、ペアーズがおこなっている大規模なセキュリティ対策です。

概要を簡単に説明すると、自動監視と目視による確認で、悪質なユーザーを排除するような取り組みです。

近年、迷惑なユーザーへの対応が厳しくなっており、以下のようなことをするとアカウントがすぐに凍結します。

【アカウントが凍結するケース】
・アダルトなメッセージを送る
・誹謗中傷をする
・ビジネス勧誘をする

運営から見て、悪質だと思う行為をすると、即凍結する流れです。

男女問わず安心して利用できるので、おすすめです。

Facebookを使った身バレ防止策

ペアーズは、Facebookを使った身バレ防止の対策が用意されています。

登録する際に、Facebook連携をした人に限りますが、友達リストを取得して、友達になっている人を自動的に非表示にするような対策です

本サービスでは、Facebookでの認証をされた利用者に限り、会員登録時または自動、会員自身による手動操作によりFacebookの友達リストを取得し、友達リストに掲載された会員との関係ではお互いの存在が検索結果に表示されない仕組みを提供しています。

引用:ペアーズ利用規約より

利用規約にも書かれているように、”Facebookで友達の人のみ”非表示になります。

そのため、以下のような人は対象外です。

【対象外のユーザー】
・Facebookで友達になっていない人
・友達の友達
・別の媒体で登録している人

このような人は、表示されるので注意しましょう。

万が一プロフィール検索で見つけた場合は、先にブロックすることをおすすめします。

Pairs(ペアーズ)の運営会社はIT集団なので安心して利用しよう

Pairs(ペアーズ)の運営会社はIT集団なので安心して利用しよう

Pairs(ペアーズ)の運営会社エウレカは想像よりもすごい企業でしたね。IT技術の高いアメリカに管理をされながら運営をしているため、セキュリティに関してはかなり安全と言えるでしょう。

素敵な恋人を探すために、安心してPairs(ペアーズ)を利用してみてはいかがでしょうか。

また、マッチングアプリのプロフィール写真撮影サービスPhotojoyPairs(ペアーズ)から唯一公式で提携しているサービスです。

Photojoy

サービス名Photojoy(フォトジョイ)
運営株式会社アルファブル
撮影数17,004人(2022年8月末現在)
価格9,900円~
撮影時間25分~
撮影エリア47都道府県
公認提携アプリPairs、with、marrish、フェリ恋、naco-do等
撮影プラン撮影のみ、ファッションコーディネート、ヘアカット、プロフィール文章作成
撮影オプションスマホ撮影、女性スタッフがおすすめ写真選定、肌補正など

Pairs(ペアーズ)に登録しようと考えている、している方は、信頼のできる撮影サービスを利用してみてください。

関連記事


ペアーズでいいねを増やすなら、公式で提携している写真サービス「フォトジョイ」がおすすめ
【結婚相談所とは?】30歳以上は入った方がいい?料金、からくり、口コミを徹底解説
【撮影業者7社を比較】マッチングアプリ用のモテる撮影はプロにお任せ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。 地方婚活セミナーファッション講師

-Pairs(ペアーズ)