Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)で強制退会になる理由や強制退会後はどうなるのかを解説

2021年6月15日

Pairs(ペアーズ)で強制退会になる理由や強制退会後はどうなるのかを解説

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。 地方婚活セミナーファッション講師

日本最大級の会員数を誇るマッチングアプリPairs(ペアーズ)では素敵な方が多く登録をしています。

やりとりをしているときに突然強制退会になってしまったら、二度と出会うことができなくなってしまうので、強制退会にならないように適切な使用方法は知っておいて損はありません。

そこでこの記事では、Pairs(ペアーズ)で強制退会になるとどうなるのか、強制退会になる条件について解説をします。

Photojoy

Pairs(ペアーズ)の強制退会とは?

Pairs(ペアーズ)の強制退会とは?

Pairs(ペアーズ)には、自分の意思とは関係なく運営に強制的に退会させられる強制退会が存在します。

運営はPairs(ペアーズ)の秩序を守るために設定しているルールなので、普通にやりとりをしている分には強制退会になることはありません。

しかし、自分では普通だと思っていることがPairs(ペアーズ)のルールに反していてことも少なくありません。
Pairs(ペアーズ)を利用する際には、強制退会になってしまう事柄には目を通しておくと安心して利用できます。

Pairs(ペアーズ)で強制退会になる条件

Pairs(ペアーズ)で強制退会になる条件

(出典:Pairs(ペアーズ)「利用規約」

Pairs(ペアーズ)の利用規約の8条には禁止事項が書いてあり、これに反することをすると強制退会になります。
全部で32個のルールが設定されていますが、そのなかでもよくある強制退会の理由になるものを紹介します。

サービスの本来の目的外の使用

Pairs(ペアーズ)は恋人を作るためのツールなので、それ以外の目的で利用することは禁止です。例えば、自分の仕事のお客さんを見つける、違うアプリに誘導する、アルバイトの勧誘目的で使うなどはNGです。

もし、やりとりをしている人から仕事の話や美味しい話をされた場合には、禁止事項を平気でおこなう人だと思って警戒することがおすすめです。

第三者のなりすまし

自分以外の写真を登録したり、人のプロフィールを真似て登録することも禁止です。健全な出会いを求めている人に対して失礼だからです。自分の写真を持っておらず、ネットから拾った写真を使う人がたまにいますが、強制退会の対象になるので、自分の写真でで登録をしましょう。

既婚者

恋人を見つけるツールなので既婚者の登録もNGです。Pairs(ペアーズ)やほかのマッチングアプリでも既婚者を見かけることがありますが、違反者なので通報するようにしましょう。

その際には、既婚者である証拠を一緒に提出することで早めに強制退会させることができます。

性的な内容

男性で気分が盛り上がり、ついやってしまうこともあるかもしれませんが性的な内容を送ることも強制退会の対象です。昔のマッチングアプリは怪しいイメージがありましたが、今はクリーンなイメージを作ろうとしています。

そのため、イメージが崩れるような内容を送るような人をPairs(ペアーズ)は許しません。メッセージの場合は、証拠も残っているので早めに強制退会の対象になります。

Pairs(ペアーズ)で強制退会になるとどうなる?

Pairs(ペアーズ)で強制退会になるとどうなる?

Pairs(ペアーズ)で強制退会になると、どのようなことが起きるのか紹介します。今まで課金をしてきた分、やりとりが無駄になってしまうので強制退会にならないように利用してください。

今までのデータが消える

強制退会になるとデータが消えてしまうため、やりとりの履歴やマッチングした人が分からなくなってしまいます。課金をしていたとしても、返金はないので今までのPairs(ペアーズ)での履歴がなくなります。

再登録ができない

通常の退会の場合は1ヶ月ほどで再登録ができますが、強制退会の場合は、再登録ができないようになっています。登録したときの情報がブラックリストに入ってしまうので、改めて登録をしようとしてもバレてしまいます。

日本最大級のマッチングアプリが利用できなくなると恋人探しは一気に難しくなるので、強制退会にならないように十分注意して利用しましょう。

Pairs(ペアーズ)で強制退会にならないために注意すること

Pairs(ペアーズ)で強制退会にならないために注意すること

Pairs(ペアーズ)が強制退会になるのはルール違反をすることと、ユーザーからの通報があります。ユーザーは不適切な行動をしているユーザーを見つけたら運営に通報することができ、一定の情報が溜まると強制退会にさせられます。

ここではユーザーに通報されて強制退会にならないための方法を紹介します。

礼節を持って接する

知らない人とやりとりをするので、礼節を持ってメッセージのやりとりをするようにしましょう。ルール違反を犯していないとしても相手が不快だと感じたら通報の対象になります。

特に、Pairs(ペアーズ)で真剣な出会いを探している方は真面目に出会いを探していないであろう振る舞いには敏感です。ぱっと見では誰がどう感じるのかは分からないので、実生活と同じく初めて会う人には礼節を持っておきましょう。

関係を早まらない

写真やプロフィールを見て自分の好みの人とマッチングができると、舞い上がって関係を早まることがありますがNGです。

関係ができていない状態で「会いたい」「電話がしたい」と伝えたり、相手の「最寄り駅」「職場」のような個人情報を聞くと遊び目的かと思われてしまいます。

マッチングアプリでの出会いに警戒をしている男性、女性は多いので相手のとの距離感を考えながらやりとりをしましょう。

しつこくしない

メッセージが返ってこなかったり、返事が遅いときにしつこくメッセージを送る行為はストーカーだと思われて強制退会の対象になります。

「マッチングしたんだから、メッセージしろよ。」と思う気持ちも分かりますが、返信をするかどうかは相手次第です。
無理に相手にメッセージを迫ったとしても良い結果にはならないので諦めて次にいきましょう。

Pairs(ペアーズ)で強制退会にならないように正しく利用しよう

Pairs(ペアーズ)で強制退会にならないように正しく利用しよう

Pairs(ペアーズ)は会員数が多く、素敵な人も多いので恋人探し、結婚相手探しには最適なマッチングアプリです。

正しく利用すれば、楽しい未来が待ち受けている可能性も十分にあるので、ちょっとした勘違いやミスで強制退会にならないように注意して利用をしてください。

Photojoy

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。 地方婚活セミナーファッション講師

-Pairs(ペアーズ)