アプリ

マッチングアプリでの2回目のデート後は何をすべき?違うと感じたときの断り方も解説

2021年5月19日

マッチングアプリでの2回目のデート後は何をすべき?違うと感じたときの断り方も解説

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。 地方婚活セミナーファッション講師

マッチングアプリでの2回目のデート後は何をすべきか迷いますよね。

違和感を感じたときの断り方や3回目をどうやって誘うかも気になります。

そこでこの記事ではマッチングアプリで2回目のデートの後の対応についてまとめてみました。

Photojoy

無料簡単マッチングアプリ診断

マッチングアプリは2回目のデート後から関係が深まる

マッチングアプリの2回目デート後から関係が深まる

マッチングアプリの2回目のデートの後からは深い関係になりやすいです。2回目までに挨拶や自己紹介、仕事や休日の過ごし方などについてなんとなくお互いの理解を深めれたかと思います。

ここからはもっと相手に近づくフェーズなので、3回目のデートまでの準備やメッセージが大事となってきます。

マッチングアプリの2回目のデート後にすべきこと:メッセージ編

マッチングアプリの2回目デート後にすべきこと:メッセージ編

まず2回目のデートの後にメッセージですべきことについて紹介します。

好意を伝える

マッチングアプリで知り合った人との2回目のデートが終わって3回目になると、もう告白をしても良い時期になってきます。

なので3回目に会う前に下準備として、「一緒に居ると楽しい」「テンションが上がる」などの好意を示すメッセージをしっかり送っておきましょう。あくまで友達としてではなく異性として楽しいということを伝えましょう。

ここで注意なのはストレートに伝えすぎないことです。相手は直接会って告白されることを望んでいます。メッセージは3回目のデートの下準備としてメッセージをするように心がけましょう。

デートの予定を早めに決める

デートの予定を早めにメッセージで決めるのは重要です。仮に2回目に話が盛り上がったとしても3回目のデートの日程が遠ければ相手も自分も冷めてしまう可能性があります。

冷めてしまっては告白するムードに持っていくのも難しくなります。良いと思っているなら2回目のデートからあまり間を空けずに3回目のデートに誘いましょう。

デートで聞いた情報を活かす

2回目までのデートの情報を一度軽く整理することは3回目のデートの準備として重要です。そして2回デートを重ねたときに聞いた趣味や好きなことや癖などを使ってメッセージをしましょう。

もう当たり障りのない会話はすでにしてきたと思うので、これまでの情報から相手の懐に入るようなメッセージを送ってみると良いでしょう。

マッチングアプリの2回目のデート後にすべきこと:次のデートの準備編

マッチングアプリの2回目デート後にすべきこと:次のデートの準備編

次に準備編としてマッチングアプリの2回目のデート後にすべきことを紹介します。

長めに一緒に居れるデートプランを考える

3回目は長めに一緒に居ることができるデートプランを考えましょう。お互いに良いなと思っていてもゴールは一緒に長い期間を過ごせるパートナーを探すことです。

半日も一緒に居るのが難しいようなら付き合っても上手くいかない可能性が高いので、食事やお茶だけではなく長く一緒に入れる場所を探しましょう。遊園地や動物園、日帰りで行ける観光地などがおすすめです。

今までの情報から相手が喜ぶ場所を探す

色々と2回目までに相手の情報収集はしてきたと思うので、相手の喜ぶ場所を探しておくのは重要です。

例えばおしゃれなカフェが好きそうなら、動物園や遊園地に行ったあとに連れて行ってあげるといったことなどです。

メッセージで提案ももちろんGOODですが、事前に確実に相手の好きなものなどを知れているようならデート中にサプライズするのも良いでしょう。

服装を決める

2度のデートで似てる服装で行ったとしても、3度目のデートは服装を変えていきましょう。相手はあなたの服装もしっかりと見ています。

時と場所に合った服を着てきているか、どのような服装を持っているかなどを気にしています。服装は入念に準備して3度目のデートに臨みましょう。

マッチングアプリの2回目のデートで違うと感じたときの断り方

マッチングアプリの2回目デートで違うと感じたときの断り方

続いてマッチングアプリの2回目のデートで違うと感じたときの断り方について紹介します。

ストレートに伝える

ストレートに伝えることができるのであればストレートに断りの連絡を入れましょう。理由もしっかり一緒に送ることで面倒なことになることはありません。もし理由が思い浮かばないときはシンプルに合わないということを伝えましょう。

ほかに良い関係の人ができたと伝える

ほかに良い関係の人ができたと伝えると相手は諦めるしかありませんので断り方としては良いでしょう。しかしあまりにも言い方が悪いと相手にも迷惑をかけてしまうので、申し訳無さはしっかりと伝えましょう。

ブロックする

ブロックするのは一番ラクです。マッチングアプリで会わなければほかの場所で一生会うことはないので、もしメッセージを打つのが面倒だったり、相手と口論になりそうなのであれば早めにブロックして引き上げるのもありでしょう。

マッチングアプリの2回目のデート後にはしっかりと準備をしよう

マッチングアプリの2回目デート後にはしっかりと準備をしよう

2回目のデートが終わったら3回目のデートに向けてしっかりと準備する必要があります。

メッセージなどを工夫して、3回目のデートが良いものになるように準備しましょう。

もし、2回デートをしても良いと思える人に会えないのであれば、自分の写真が理想の相手とマッチをしていない可能性があります。

その場合は友達に新しく写真を撮ってもらったり、マッチングアプリのプロフィール写真撮影サービスPhotojoyのような撮影サービスを利用してみましょう。

マッチングアプリ専門撮影サービス特徴利用料金地域いいね数保障スマホ撮影納品枚数所要時間
Photojoy

Photojoy(フォトジョイ)

Pairsやwithと提携。
撮影実績17,004人以上
9,900円~47都道府県オプションで可10枚~25分~
matching-photo

マッチングフォト

安価な撮影会を実施7,000円~30都道府県10枚~20分~
otopheeotoPheeカフェでの撮影も可能9,800円~関東
宮崎県
大阪
兵庫
全データ15分~

写真を良くすることによって、自分の魅力を更に伝えることができ、理想の相手ともマッチングしやすくなります。

Photojoy

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。 地方婚活セミナーファッション講師

-アプリ