日焼け止め

メンズも帽子で日焼け止めは必須?おすすめの帽子のタイプとは

sun guard hat

「メンズも日焼け止めに帽子はいるの?」

紫外線が肌に悪影響を与えるという認識が一般的に広まってきたので、日焼け止めを塗る人は増えてきました。しかし、帽子を使ってまでの日焼け止めをした方が良いのか悩んでいる男性は多いです。

実は、塗る日焼け止めだけでは完全に紫外線を防ぐことはできないため、より紫外線対策をするのであれば、帽子を使うことがおすすめです。

そこで、この記事ではメンズ向けの日焼け止めに使える帽子について選び方を紹介します。

日焼け止めにはメンズも帽子を使うことがおすすめ

sun guard hat紫外線は顔の前面だけでなく、上や後ろからも降り注いできます。そのため、髪や首の後ろをカバーできる帽子を使って日焼け止め予防をすることがおすすめです。

あまり知られていませんが、髪や頭皮も紫外線のダメージを受けます。頭皮にダメージが蓄積すると抜け毛や薄毛の原因、髪にダメージが蓄積すると色味が落ちたり、枝毛の原因になります。

帽子を使えばそうした問題を防ぐことができます。

また、帽子のツバが広いものを選べば顔の前面もカバーすることもできます。
このように帽子を使えば様々な日焼け止めの効果を得ることができます。

メンズ向け日焼け止め用の帽子の選び方

hat choice日焼け止め用として使える帽子の選び方を紹介します。なんとなく選んだ帽子では日焼け止めができていないこともあるので、しっかりと確認しておきましょう。

日焼け止めの方法から選ぶ

日焼け止め用の帽子は、日焼け止め用の加工がされています。

・繊維に織り込まれたもの
・コーティング剤をかけたもの

繊維に織り込まれたものは高価にはなりますが、日焼け止め効果が高く選択をしても効果が落ちにくいです。
コーティング剤をかけたものは、安価にはなりますが、日焼け止め効果が弱く、効果も持続しにくいです。

普段からよく使うのか、たまにだけ使うのかと目的を考えて種類を選びましょう。

日焼け止めの効果のある色を選ぶ

日焼け止めには帽子の色も関係します。黒やネイビーなど暗めの色が紫外線を吸収してくれるため、日焼け止め対策には効果的です。
白や黄色などの明るめの色は、光を反射はしてくれるものの日焼け止め効果は下がります。

夏らしくオシャレになるのは明るめなので、使う場所によって使い分けましょう。

日焼け止めの効果が高いつば選ぶ

日焼け止めをするには帽子全体のつばが7cm以上のものがおすすめです。様々なデータがありますが、5cmでは紫外線カット率は3割、7cmで6割、10cmで7割と言われています。

7cm以上になるとカット率の上昇が落ち着くので、目安として7cmで大丈夫です。

暑ければメッシュ素材を取り入れる

紫外線を吸収する黒色の帽子を使っていると熱もこもって暑くなってきます。それを防ぐためには、帽子の中がメッシュ素材になっているものを選ぶこともおすすめです。頭の温度が高くなると熱中症になる恐れもあるので、長時間出歩くのであれば、通気性は重要です。
全体がメッシュのものだと紫外線カット効果が落ちるので、内側がメッシュになっているものがおすすめです。

帽子以外の日焼け止めもおこなおう

sun guard紫外線対策には帽子以外にも、クリームやジェル、スプレーを使うことがおすすめです。光には直接届く光以外にも、反射光や散乱光と呼ばれるものがあるからです。
建物や地面に反射した光や、空気中の粒子にあたり分散している光にも紫外線は含まれています。

そのため、上からの紫外線しかガードのできない帽子では足りません。
どこから紫外線が降ってきても大丈夫のように、全体に日焼け止めケアをしておくことがおすすめです。

メンズの日焼け止め対策として帽子を取り入れよう

sun gurad hatメンズで日焼け止めをしている人は増えてきましたが、帽子のケアをできている人は少ないです。しかし、帽子は皮膚の薄い顔や頭皮、髪の毛を守るために重要な役割を持っています。ぜひ長い間状態の良い肌を保つためにも日焼け止め対策として、帽子も取り入れてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-日焼け止め