日焼け止め

メンズでも日常的に日焼け止めを塗る必要はある?正しい塗り方や効果について解説

メンズでも日常的に日焼け止めを塗る必要はある?正しい塗り方や効果について解説

日焼け止めはメンズも日常的に塗るべきかどうか迷う方も多いと思います。実際、男性で日焼け止めをしっかり毎日塗っている方は少ないですよね。
この記事では、男性の日焼け止めの効果や塗り方について紹介します。

日焼け止めはメンズでも日常的に必要?

日焼け止めはメンズでも日常的に必要?

日焼け止めはメンズでも日常的に必要かどうか迷っている人も多いかと思いますが必須です。なぜならば、シワやたるみといった肌の光老化、シミ・そばかすの原因になるのは日焼けからだからです。

さらには皮膚がんを引き起こすリスクがあるということも医学的に証明されており、日焼けは見方によっては悪いことだらけということになります。
主に害はUV-AとUV-Bに分けることができます。UV-Aがシワ、たるみの原因になり、UV-Bはシワとそばかすの原因になります。

冬も曇りの日もつけるの?

冬や曇りの日はなんとなく日焼けが少なそうなイメージですが、冬や曇りの日もちゃんとつけるようにしましょう。
程度の差はありながらも曇りでも紫外線は出ています。雨の日でさえも紫外線は少ないですが日焼けはしてしまうので日焼け止めはいつでもしっかりと塗るようにしましょう。

SPFってなに?

日焼け止めに関わってくるのがSPFです。SPFとはSun Protection Factorの略で、UVBの防止効果を表します。
数値が高いほうが効果が高く、より日焼けを防止することができます。日焼けは様々な肌トラブルの原因になりますが、SPFはそのなかでもUV−Bへの防止効果があります。

PAってなに?

SPFに対してUV-Aへの防止効果があるのがPAです。PAの正式名称はProtection Grade of UVAとなっており、UV-Aへの防止効果があるのでシワやたるみの原因となる紫外線を防ぎます。
紫外線をしっかり防止しようとするとSPFとPAの両方を防止しなければいけません。

日焼け止めをメンズが日常的に塗る方法

実際に塗るときは出かける30分前スキンケアが終わってから肌が紫外線を浴びる場所に塗りましょう。
量はまず手のひらに1円玉程度出し、肌が露出する両頬、額、鼻、あごの5ヶ所に塗りましょう。顔の広い場所から塗っていくと塗りやすいのでぜひ試してみてください。

日焼け止めをメンズが日常的に塗るときの注意点

日焼け止めをメンズが日常的につけるときには色々と注意点があるので見ていきましょう。小さな注意点を知っているとケアもしやすくなります。

SPFやPAは強ければ良いわけではない

SPFやPAは強ければ強いほうが良いということはありません。
あまりに強すぎる防止効果のあるものは肌荒れなどにつながる場合があります。日のあたる時間に合わせて塗る日焼け止めを変えるのがベストです。

(出典:JCiA「紫外線防止の基本」

塗り漏れがないようにする

抜け漏れはあるのであらかじめ塗り忘れそうなところを知っておくのは重要です。
男性は首や耳の裏、デコルテ(鎖骨らへん)が忘れがちなのでしっかりと忘れないように最後に塗ってあげましょう。

こまめに塗り直しをする

日焼け止めは途中で汗などで取れてしまうのでこまめに塗り直しが必要なことを前提に日焼け止めをしましょう。
海やプールに行くときも水で流れてしまうので注意です。3時間程度で肌の状況を見直して再度必要なら日焼け止めを塗りましょう。

メンズも日焼け止めを日常的に塗って肌の内側からキレイになろう

メンズも日焼け止めを日常的に塗って肌の内側からキレイになろう

男性も日焼け止めを日常的に塗ることによって将来の肌トラブルを予防することができます。
まずは日焼け止めを毎日塗るところから始めてみましょう。

メンズ向けにスキンケアのおすすめのやり方や手順など徹底解説
【メンズスキンケア大全】基本手順・年齢別選び方・おすすめ商品を紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-日焼け止め