スキンケア

30代メンズにおすすめのスキンケア方法は?肌の特徴や注意したいこと

30代メンズにおすすめのスキンケア方法は?肌の特徴や注意したいこと

「30代向けのメンズスキンケアはどうすれば良いのだろうか」

30代になってくると徐々に気になってくる肌の乾燥やテカリ。実は肌は20代後半から徐々に機能が低下してくるため30代になるとスキンケアを始める男性は非常に多いです。

この記事では30代の肌の特徴に合わせたスキンケアの方法をおすすめの化粧品・乳液・洗顔と合わせて紹介します。ぜひ30代用のスキンケアを取り入れて同世代と差をつけましょう。

30代メンズにはスキンケアが必要

30代メンズにはスキンケアが必要

30代の男性は10代20代と比べると代謝が下がっているので肌の回復機能が弱まっています。また、紫外線の肌へのダメージも蓄積していたものが30代になると表面化をしてきます。

そのため、30代からのスキンケアをしないと、徐々に肌の状態が悪くなっていってしまいます。また30代になると、仕事のストレスや睡眠不足、運動不足や不規則な食生活も肌への影響としてすぐに反映されるようになってしまうのです。

だからこそ、30代の男性はなるべく早めのスキンケアが重要になっています。

30代メンズの正しいスキンケアの手順

30代メンズの正しいスキンケアの手順

30代メンズが覚えておくべき正しいスキンケアの手順を紹介します。間違った手順のスキンケアや一部を抜いたスキンケアでは効果が半減してしまうことがあるので、正しい順番を覚えておきましょう。

洗顔で汚れを落とす

洗顔は毛穴に詰まった汚れを落とすために行います。間違った洗顔では毛穴に溜まった汚れが落ちず肌荒れの原因にもなります。

洗顔の手順は以下です。

  1. ぬるま湯(30℃~32℃)で軽く汚れを浮かす
  2. ネットを使って洗顔料を泡立てる
  3. おでこ~鼻の皮脂の多い部分から洗う
  4. ぬるま湯で優しくすすぐ

ぬるま湯(30℃~32℃)で軽く汚れを浮かす

ぬるま湯を使うことで毛穴が開いて汚れが取れやすくなります。暑い夏などは冷たい水で洗顔をしたくなりますが、反対に毛穴が詰まってニキビや肌荒れの原因になってしまいます。
反対に熱いお湯を使ってしまうと肌にダメージがいくのでほど良い温度のぬるま湯を使って毛穴を開きましょう。

ネットを使って洗顔料を泡立てる

洗顔料は直接手で擦って使うのではなく、ネットを使って泡立ててから使います。毛穴は小さいので、泡のような細かいキメのもののほうが細かく取ることができるからです。

30代の男性の肌はダメージにも弱くなっているので泡で優しく擦ることがおすすめです。手で肌には触れず泡を円を描くようにして肌に押しあてるとキレイに汚れが取れてきます。

おでこ~鼻の皮脂の多い部分から洗う

男性は皮脂の分泌量が多いため、念入りに落とす必要があります。特におでこ~鼻にかけては皮脂が出やすい部分なので、泡のキメが細かい最初の内に洗うようにしましょう。

ぬるま湯で優しくすすぐ

顔全体を洗い終えたらぬるま湯を使って洗顔料を落とします。肌に洗顔料が残っていると肌荒れの原因になるので、入念に洗い落してください。
顔をすすぐ際にも顔には極力触れずバシャバシャと水をかけて洗い流すと肌への刺激が少なくなります。

化粧水で水分を与える

化粧水は洗顔で失った水分を補給するためのものです。30代の男性はヒゲ剃りで肌にダメージを負っていることが多いので水分補給は重要です。

化粧水の手順は以下です。

  1. 500円玉サイズの量の化粧水を手のひらに取る
  2. 両手で肌に染み込ませるように手を押し当てる
  3. 乾燥の気になる箇所は化粧水を足す

500円玉サイズの量の化粧水を手のひらに取る

化粧水は多めに取ってしまって大丈夫です。

両手で肌に染み込ませるように手を押し当てる

手に取った化粧水を優しく肌に染み込ませていきます。肌をパンパン叩かずに手で顔を覆うようにして浸透させます。
浸透が悪いようであれば指の腹を使って優しくトントンとパッティングをしましょう。

乾燥の気になる箇所は化粧水を足す

30代の男性の場合は頬や顎のラインが乾燥をしやすいので、乾燥しているようであれば追加で水分の補給をしていきます。

乳液で保湿をする

乳液は化粧水で補給した水分を閉じ込めるものです。化粧水だけでは蒸発をしてしまうので肌の水分量を保つために使用してください。乳液はべたつくタイプのものが多く、苦手な方もいますがしっかりと伸ばせばすぐに気にならなくなります。

乳液の手順は以下です。

  1. 10円玉サイズの量を手のひらに取る
  2. 頬→おでこ・鼻と顔全体に広げてつける
  3. 全体をムラなく広げる

10円玉サイズの量を手のひらに取る

乳液は化粧水よりも伸びやすいので少ない量で大丈夫です。少ない量を薄く伸ばして保湿をするとテカリも少なくなります。

頬→おでこ・鼻と顔全体に広げてつける

30代の男性はおでこや鼻の皮脂の分泌が多いので、乳液は少なめにつけます。そのため、頬を先につけて余ったものをおでこや鼻に持っていくとちょうど良い量になります。

全体をムラなく広げる

乳液には油を含んだものが多いため、余分に肌に残ると肌荒れの原因にもなってしまいます。全体に薄く広がるように指の腹を使って優しく伸ばしましょう。

シミやたるみが気になるなら美容液

上記の洗顔・化粧水・乳液までが基本的なスキンケアです。美容液とはシミ・たるみ・ニキビ跡ケア、美白効果など個々の問題や理想を求めて使うスキンケアアイテムです。

30代になると生活リズムが人によって異なるため肌の状態も異なってきます。細かい調整をするために美容液は役立ちます。

化粧水の後にメーカーの容量を守って必要な部分だけに美容液を使いましょう。

時間がなければオールインワン

化粧水・美容液・乳液の効果を一つで行うものがオールインワンです。洗顔の後にオールインワンを使えばスキンケアが完了するため忙しい30代の男性には人気です。

化粧水や乳液などを一つずつ使うときよりも効果が弱くなるデメリットがありますが、スキンケアに慣れていない男性でも習慣にしやすいことはメリットです。

自分の肌に合わせた細かいスキンケアをする前や、スキンケアの習慣がない場合は非常におすすめです。

30代メンズがやりがちな間違ったスキンケア

30代メンズがやりがちな間違ったスキンケア

スキンケアは正しくやらないと効果が半減してしまいます。ここでは30代メンズがやりがちな間違ったスキンケアを紹介します。

心当たりがある場合は直すようにしましょう。

洗浄力が高ければ良いと勘違い

30代の男性は洗浄力が高く、すっきりとしたものを好むことがありますが洗浄力が高ければ肌がキレイになるわけではありません。
キレイな肌は適切な水分量と脂量がある状態です。肌が突っ張る状態は気持ちは良いですが肌には良くありません。

洗顔の後も肌が潤っているような状態のほど良い洗浄力のものを探しましょう。

肌質を意識しない

人の肌は5種類に分かれていると言われています。

  • 普通肌
  • 乾燥肌
  • オイリー肌(脂性肌)
  • 混合肌
  • 敏感肌

敏感肌も追加して6種類と呼ばれることもあります。それぞれの肌によって水分量と脂の量が変わってくるのでスキンケアで使うアイテムも変わってきます。
自分に足りないところをカバーすることで効果を発揮するようになるので自分の肌質を理解しておきましょう。

ゴシゴシと肌に刺激を与える

肌を洗うときに男性は強く擦りがちですが顔の肌は非常に薄く刺激に弱いため強くゴシゴシと擦るのは肌に悪影響です。

泡を使って手が直接触れないように洗顔をしたり、化粧水をつけるときも優しく染み込ませることでキレイな肌を作ることができます。

男性物しか使わない

女性用のスキンケアアイテムは男性も使うことはできます。
女性用のものは肌に優しいものが多いので30代以降の男性は非常に使いやすいです。男性用に拘らずに自分の肌に合ったものを選びましょう。

30代メンズにおすすめのスキンケアアイテム

30代メンズにおすすめのスキンケアアイテム

30代の男性の肌質に合わせたおすすめのスキンケアアイテムを紹介します。一度試してみて自分により合うものを探していってください。

洗顔

30代の男性が洗顔に悩んだらNileがおすすめです。

Nile:化粧水

濃密な泡を作りやすいので、毛穴の汚れをキレイに取ることができます。テカリやべたつきも少ないので、さっぱりとした仕上がりになります。

化粧水

30代男性で自分の肌質が分からない場合は無印がおすすめです。

無印:化粧水

無印の化粧水は保湿力の違うタイプが用意されているため自分の肌質を確認しやすいです。30代以降もスキンケアをしていくことになるので、このタイミングで試してみるのはおすすめです。

シミや美白を意識したい場合にはメラノCCがおすすめです。

メラノCC:化粧水

ビタミンC誘導体が肌の奥まで入り込みメラニンの生成を抑制し、シミやそばかすを防ぎます。また、できてしまったシミも薄くする効果があるので外に出ることが多かった方にはおすすめです。
ただし肌への刺激が強いのでまずは腕でパッチテストをしてから使用するようにしましょう。

乳液

乳液も使ったことがない30代男性であれば無印がおすすめです。

無印:乳液

乳液も保湿力が違うタイプが用意されているため自分に合った乳液をみつけやすいです。

エイジングケアを意識するならアクアレーベルがおすすめです。

アクアレーベル:乳液

もちもちとした肌への潤いを与えつつも、べたつかず使いやすいです。テカリが気になる方の場合はおでこや鼻には薄く塗って目元や頬には通常の量をつけるなど、場所によって使い分けてみてください。

オールインワン

スキンケアをこれから始めるという方にはNileがおすすめです。

Nile:オールインワン

化粧水・美容液・乳液の役割を1本で行ってくれる優れものです。べたつきもなく、サラサラした使用感で保湿もばっちりしてくれるのでスキンケア初心者の方でも抵抗感なく使うことができます。

30代メンズもスキンケアを始めていつまでも格好良くいよう

30代メンズもスキンケアを始めていつまでも格好良くいよう

30代のスキンケアは40代50代の肌に大きな影響を与えます。すぐには効果が分かりにくいですが、習慣づけることによって周りの男性と大きな差がついてきます。
ぜひこの記事を参考に自分に合ったスキンケアを実践しいつまでも格好良い男性になりましょう。

メンズ向けにスキンケアのおすすめのやり方や手順など徹底解説
【メンズスキンケア大全】基本手順・年齢別選び方・おすすめ商品を紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-スキンケア