marrish(マリッシュ)

marrish(マリッシュ)のプロフィールの作り方、モテる写真や自己紹介文とは

2021年6月3日

marrish(マリッシュ)のプロフィールの作り方、モテる写真や自己紹介文とは

「marrish(マリッシュ)のプロフィールはどうやって作ったら良いのだろうか」

婚活・再婚活を目的としている会員が多いmarrish(マリッシュ)ではプロフィールの準備は非常に重要です。なぜならば、自分の真剣さが伝わらないと真面目に婚活をしているのか?と疑われてしまい、マッチングすらできなくなるからです。

この記事では、異性に本気で婚活をしていることが伝わるような写真や自己紹介文の書き方について解説をします。今までいいねがもらえなかった、月に数件しかもらえなかった方必見です。

marrish(マリッシュ)のプロフィールの作り方:写真編

marrish(マリッシュ)のプロフィールの作り方:写真編

marrish(マリッシュ)では最初に異性の目に触れるのは写真です。そのため、写真で良いと思ってもらえないと自己紹介文まで読んでもらえません。ここでは異性に良いと思ってもらえる写真について解説します。

顔が分かる写真

marrish(マリッシュ)は顔が分かる写真を載せることで、相手に真剣度と安心感を与えることができます。
真剣に婚活をしている相手を探しているのであれば、顔の見えない相手は不安ですよね。marrish(マリッシュ)では顔を載せていない方も多いので、顔が分かるだけで良いと思ってもらいやすくなります。

他人に外で撮ってもらう

ただし、顔が分かるといっても自撮りはNGです。顔が暗くなったり、距離感が難しいため怖いという印象を与えがちです。そうならないためにも友達やカメラマンに撮ってもらった他撮り写真を使いましょう。

さらにいいね数を伸ばすのであれば室内ではなく、屋外で撮ってもらえると自然の柔らかい光にあたるので印象も爽やかで柔らかい印象になります。

サブ写真にも顔を載せる

顔が分かる写真は複数あれば相手により安心感を与えることができます。marrish(マリッシュ)を利用している方は真剣度が高いため、写真と印象が違うとなると嘘つきかも?と警戒心が上がります。

そのため、顔が分かるものを2~3枚、全身のスタイルが分かるものまで用意できればよりマッチングしやすくなります。

自分の趣味が分かる写真を載せる

サブ写真では自分のことをリアルに伝えるために趣味や好きなことの写真も載せておきましょう。

自己紹介文に文字で書くよりも写真のほうがイメージが伝わりやすくなります。結婚相手を探している場合は一緒にいるイメージを湧いてもらうことも重要です、
この人とここに行ったらこんな感じで楽しそうと思ってもらえる写真を意識してください。

marrish(マリッシュ)のプロフィールの作り方:自己紹介文編

marrish(マリッシュ)のプロフィールの作り方:自己紹介文編

自己紹介文は自分のことを細かく伝える場所です。真剣度の高い人の場合は細かい場所まで読み込みをしてくれます。また、実際にメッセージのやりとりを始めた場合には自己紹介文の内容を使って話すことが多いので話をしやすい内容を書くことが必要です。

400~600文字で書く

文字数は少なすぎず、多すぎない400~600文字を目安にしましょう。少なすぎるとやる気がないように見られ、多すぎると読まれなくなってしまいます。

一通り文章を書き終えたら文字数を数えるようにしてください。

仕事・趣味・休日の過ごし方を伝える

自分の人柄を伝えるには「仕事」「趣味」「休日の過ごし方」を書くことがおすすめです。
一つのことを深く書きすぎずに広く浅く書くことで多くの人との共通点を作ることができます。深い話は仲良くなってからすれば良いので、まずはマッチングすることを意識して書きましょう。

結婚観を伝える

真剣度の高いmarrish(マリッシュ)では自己紹介文の最後に自分の結婚観について書くこともおすすめです。「笑顔で明るい家族」「笑いの絶えない家族」など、あなたとの将来をイメージさせることでマッチング率が上がってきます。
また、真剣に結婚のことを考えていることも伝わるので相手に安心感を与えることもできます。

marrish(マリッシュ)のプロフィールの作り方:詳細プロフィール編

marrish(マリッシュ)のプロフィールの作り方:詳細プロフィール編

忘れがちですが、詳細プロフィールも重要なポイントです。真剣な人は細かいところまで見るということを忘れずに気を抜かずに入力してください。

全部埋める

詳細プロフィールは量が多いので手を抜きがちですが、全部を埋めることを意識してください。全部埋めているだけで婚活の真剣度を与えることができます。

また、人によっては詳細プロフィールの社交性を気にしていたり、お酒を飲むかどうかを気にしたりしています。
機会損失をしないためにも入力をしておきましょう。

結婚の意識は早めに

「結婚に対する意識」という項目では、結婚の意欲が高いものを選ぶことがおすすめです。marrish(マリッシュ)では結婚を意識している人が多いため、結婚をする気がないと思われるとマッチング率は下がってしまいます。

すぐに結婚したいと思っていなくても、「良い人がいれば」にしておくようにしましょう。

嘘は書かない

詳細プロフィールは埋めた方が良いですが、嘘を書くのはNGです。
貯蓄や学歴、年収などは実際にデートしたときに大きな問題になり得ます。マッチング率が上がったとしても、結婚への道は厳しくなってしまいます。

marrish(マリッシュ)のプロフィールの作り方:その他編

marrish(マリッシュ)のプロフィールの作り方:その他編

marrish(マリッシュ)特有の機能を使えばマッチング率を上げることができます。ほかのマッチングアプリとは違うものなので、使っておいて損はありません。

グループに入る

グループとは自分と同じ価値観や趣味を持っている人達が集まるサークルのようなものです。グループに入っておけば異性が自分を見たときにどんな人なのかを細かく伝えることができます。

また、有料会員になればグループ内での検索ができるようになるため自分と似た人を見つけやすくなります。

リボンマークを付ける

男性限定の機能で、再婚希望や子どもがいることを女性に伝えることができるものです。marrish(マリッシュ)では約70%の人が再婚希望か子どもありです。

そのため、相手にも許容できる人を望んでいることが多いです。リボンマークを付ければ、検索画面で許容のある人だと伝えることができるので、女性からアプローチを受けやすくなります。

リボンマークはポイントを消費して購入することができます。ログインボーナスや年齢確認することでもらえる無料のポイントで十分購入ができるのでポイントが溜まったら購入しておきましょう。

marrish(マリッシュ)のプロフィールを作りこんで好みの人に見つけてもらおう

marrish(マリッシュ)のプロフィールを作りこんで好みの人に見つけてもらおう

marrish(マリッシュ)は真剣度の高いマッチングアプリのため、プロフィールの作りこみが重要です。逆に言えばプロフィールを作りこんでおけば、好印象を与えることができるので準備をしておいて損はありません。
素敵な人と出会うためにもしっかりと準備をしてmarrish(マリッシュ)を利用しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-marrish(マリッシュ)