アプリ

マッチングアプリでいいねが増える自己紹介文!例文をコピペでOK

2021年9月13日

profile-example

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。 地方婚活セミナーファッション講師

マッチングアプリでいいねの増える自己紹介文が書きたい!」

マッチングアプリではいいねが多ければ多いほうがマッチングしやすくなります。しかし、マッチングアプリで自己紹介文を書く機会が多くある人はほとんどいないので、上手くいいね数が伸びない方は男女共に多いです。

この記事では、いいねが増えやすい自己紹介文の書き方と例文を合わせて紹介します。何を書けば良いのか全く分からないという方は記事で紹介をする例文をマネして自分流にアレンジしてみてください。

Photojoy

マッチングアプリの自己紹介文の役割

profile1

まずはマッチングアプリの自己紹介文の役割を再確認していきましょう。役割を確認することによって良い自己紹介文とは何かを確かめることができます。

相手に興味を持ってもらう

自己紹介文は、相手に興味を持ってもらっていいねをもらうための材料としての役割があります。逆に言えば、自己紹介文とは相手に見てもらって興味を持ってもらわないと意味がありません。

つまり、自分のことを羅列するのではなく、自分のことの中でも、読んだ人が話をしてみたいなと思わせる自己紹介文を書く意識を持ちましょう。

相手に話したいと思ってもらう

さらには自己紹介文は会話のきっかけになる役割も果たします。マッチングしたら、プロフィールに書いてあることを軸に相手とメッセージをして仲良くなります。

そのため、メッセージを交わしやすくなるような「この会話したい!」と思わせる内容にする必要があります。

マッチングアプリの自己紹介文に入れるべき項目

profile2

マッチングアプリの自己紹介文にはどのような項目を入れれば良いのでしょうか。1つずつ見ていきましょう。

プロフィールを見てくれたことへのお礼

まずはプロフィールを見てくれたことへのお礼を入れましょう。「プロフィールを覗いてくれてありがとうございます。」「見つけてくださってありがとうございます。」などが良いでしょう。

最初の一文だけでも、丁寧な印象を与えることができるので、本気で出会いを探している婚活目的の人には好印象に映ります。

基本的なプロフィール

基本的な「住んでいる地域、自分の名前、職業」は挨拶のあとに入れておきましょう。「大阪でSEをしているじゅんです!」のようにシンプルで問題ありません。

仕事と休日

仕事と休日について触れましょう。一緒に過ごすとなった場合、どのように過ごしているのかは気になります。
休みが土日ではない人もここで触れるとデートの誘いの際にスムーズです。

「仕事はビルの管理人で休みはシフト制です。」など仕事と休日を紹介しましょう。こうすることによって最初から自分と休みの合う人と会いやすくなります。

休みの日の過ごし方

休みの日の過ごし方は会話のきっかけになるので積極的に書いてみましょう。「休みの日は小説をずっと読んで過ごしています。たまに釣りなどのアウトドアな遊びも友人としています。」などいくつかあると良いでしょう。

ここの部分が話してみたいと相手に思ってもらえるポイントなので、浅く広く書いておくと良いでしょう。

趣味や特技

趣味や特技なども入れてみましょう。相手は趣味や特技を通じてあなたの人柄を知ります。
「趣味は公園回りです。色々な公園を見て回るのが好きです。」など、どのように好きなのか一歩踏み込んで書くと趣味の度合いも伝わるのでGOODです。

性格や理想の付き合い方

マッチングアプリはパートナーを探すものなので性格や理想の付き合い方について触れると真剣度が高く見えるので良いでしょう。「性格は大人しいのでよく話してくれる人と一緒に過ごせればと思っています。」など参考にしてみて下さい。

マッチングアプリの自己紹介文で使える例文

profile3

先述した自己紹介文にいれるべき項目を入れた例文を紹介します。
初めて自己紹介文を作る、いいねがなかなか伸びないのであれば、紹介する例文を真似して使っていただいても大丈夫です。

男性の自己紹介文

■婚活の場合

はじめまして。じゅんと申します。
プロフィールを覗いてくださってありがとうございます。
友人に勧められて始めました。

仕事はイベント業やっています。イベントがあった際に機材を搬入したり、人を派遣したりする仕事で不定休です。

趣味は釣りで、いつも休日は1日中釣りをして過ごしています。釣りをしていると自分の心が落ち着くのが好きです。海や魚などが好きな人は絶対に楽しいと思うので、仲良くなれれば一緒に行きたいです。

そのおかげで魚をさばくのが得意になりました。釣った魚は基本的に自分でさばいて食べています。一番好きな魚はうなぎです。(釣りに行ってもうなぎは連れませんが笑)

自分は大人しい性格なので、相手と一緒にゆっくりとしたライフスタイルで暮らせればと思っています。少しずつ仲良くなりたいので、良かったらいいねをもらえると嬉しいです。

■恋活の場合

はじめまして東京の西の方に住んでいるじゅんです!
良かったらプロフィール見ていって下さい。

仕事は広告代理店をやっていて激務です。結構しんどいですが、クライアントやパートナーに恵まれて厳しくも楽しい職場で働けています。

休みは土日で平日の夜遅くまで働いた分寝ています。起きてもずっとゲームをやったりネットフリックスをずっと見ています。最近ハマっているのは韓国系のドラマです。何かおすすめがあればぜひ教えて下さい。

趣味はポーカーです。たまに先輩や友人と近くのアミューズメントパークでポーカーをしにいってます。最初は難しいですが楽しいのでもし良かったら教えますよ!

プロフィールの自己紹介文見てもらったとおり、何でも楽しめるタイプです!アウトドアなので仲良くなったら色々なところお出かけしましょー!良かったらいいねもらえると嬉しいですー!

女性の自己紹介文

■婚活の場合

はじめまして。れいこと申します。
色々な方がいる中でわたしのプロフィールを見てくださってありがとうございます。
今年30になったばかりで友人が結婚や出産が相次いだので登録しました。婚活に真剣な人と出会えればと思っています。

仕事は都内で不動産の事務をやっています。不動産は水曜日と日曜日が休みなのでどちらのお休みの方にも合わすことができます。

職場の人に誘われてからゴルフが趣味になっており、月に2回ほど行っています。ゴルフが好きな方は是非一緒にラウンドとか回れれば嬉しいです。

昔ビールの売り子をやっていたのでビールを入れるのが得意です。わたしは一滴も飲めませんが。。。

性格は見た目によらず男っぽいとよく言われます。お互いわがままを言い合えるような関係になれれば嬉しいです。まずはランチからでも行きましょう。

■恋活の場合

はじめましてれいこです!
今年25歳になったのでまだまだ元気です!

仕事は人材の営業しています。色々な人と会えるのは楽しいですが毎日夜遅くまで働くのはしんどいので転職しようか考えています。。誰か相談乗って下さい笑

「休日は1日も無駄にしない」モットーなので土日は絶対にどこかへでかけています。インスタ映えするカフェ知ってたら教えて下さい。わたしもとっておきのところ紹介します!

趣味の延長でカメラもやってて、風景撮るのが好きです。カメラ好きの人と喋ってみたいです!一緒にカメラ持っている人は一緒に撮りに行きましょう~

性格はうるさい方だと思うので一緒にワイワイできれば嬉しいです。良かったら仲良くして下さいー!

マッチングアプリの自己紹介文のポイント

point

自己紹介文の大きな流れは先述した内容で大丈夫ですが、更に細かく好印象になるポイントについて紹介します。

400~600字くらいにする

字数は400字~600字程度が適切でしょう。あまり短すぎると軽い人だと思われますし、長すぎると読む気がなくなってしまいます。適切な長さで自己紹介文を設定しましょう。

絵文字を入れすぎない

絵文字を入れすぎると真剣に見えなくなってしまうので注意です。また意図せずとも馴れ馴れしい感じがでてしまったり、少しバカっぽい印象も与える可能性があります。注意しましょう。

項目で分けて見出しをつける

より見やすくするためには自己紹介文の項目ごとに見出しをつけると相手は読みやすいでしょう。【性格】【好きなもの】などカッコでくくって分けてあげましょう。

個性が強すぎる、ネガティブな情報を書かない

個性が強すぎたりネガティブすぎる情報は自己紹介文では書かないようにしましょう。まずは少しでも多くの人と会えるように、幅広い人に好印象になるようなワードを入れるのが良いでしょう。

嘘の情報を書かない

嘘の情報は書かないようにしましょう。職業や休みなどは嘘をついて会っても良いことはありません。ただし身長だけは会った時に違和感がでない程度2~3cm盛っても良いでしょう。

自分の趣味趣向を押し付ける内容を書かない

自分の趣味趣向を押し付けるのもNGです。〇〇な人は苦手です、〇〇な人とマッチしたいです、〇〇して欲しいですなどは相手には悪印象です。

マッチングアプリは好印象の自己紹介文で差をつけよう

book

マッチングアプリは好印象の自己紹介文を設定できるといいねをもらいやすくなります。
いいねをもらいやすくするために自己紹介文をしっかりと整えましょう。

Photojoy

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。 地方婚活セミナーファッション講師

-アプリ