アプリ

マッチングアプリでのメッセージ頻度はどれぐらいがベスト?好印象な返信方法も紹介

2021年3月16日

マッチングアプリでのメッセージ頻度はどれぐらいがベスト?好印象な返信方法も紹介

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。 地方婚活セミナーファッション講師

実はマッチングアプリで最も難しいのが、メッセージのやりとりです。
そのなかでも、誰もが1度は悩んでしまうのが「メッセージのやりとりをする時の頻度」ですよね。

一方的にグイグイ送りつけるのもダメですし、かと言って、あまりに頻度が少なすぎるのも良くありません。

では一体、どれくらいの頻度でメッセージをすることが相手に不快感を与えずに、スムーズにメッセージのやりとりができるのでしょうか。

実は、お互いが気持ち良くメッセージができる頻度にはコツがあります。

このコツを事前に知っていれば、「メッセージが途中で終わってしまって…」なんてことをできるだけ少なく済ませることができるかもしれないので、ぜひ参考にしてください!

Photojoy

無料簡単マッチングアプリ診断

マッチングアプリのメッセージ頻度は1週間で10往復以上が良い

マッチングアプリのメッセージ頻度は1週間で10往復以上が良い<

マッチングアプリのメッセージ頻度は1週間で10往復以上することをおすすめします。

なぜなら、1日1往復だけでは相手に自分を意識してもらうことはできないためです。どのマッチングアプリのサイトを見回しても「メッセージは1日1往復が原則」と書かれておりますが、1日1往復では少なすぎます。

ライバルがたくさんいるマッチングアプリにおいてはスピード重視なため、“最低1日1往復”にする。それ以上のやりとりは相手の温度感に合わせるようにしてください。

メッセージ内容や文量にもよりますが、お互いレスが早いなと感じる時はその状況に合わせて返事をしてあげても大丈夫です。

メル友を探しているわけではない

マッチングアプリに登録している人はメル友を探しているわけではありません。

アプリによっては友達づくりや恋人づくりなどコンセプトがはっきり区別されているものもありますが、基本的にどのアプリも恋愛を目的としたものになっています。

そのため、ダラダラと内容の薄いメッセージを送るのは止めましょう!

恋人を作るためには、相手をドキドキワクワクさせられるようなメッセージのやりとりを入れて、メッセージの頻度を上げることも必要です。

10往復でデートに誘う

デートに誘うタイミングは、メッセージ10往復=1週間が目安です。

10往復もメッセージが続くということは、お互い気になっている証拠なので、できるだけスムーズにデートに誘うようにしましょう。変な誘い方をしない限り、デートの誘いは大抵成功することでしょう。

逆に、何十往復も頻度を高くメッセージをすると、お互いのことを知りすぎてしまい、デートをした際に話す話題がなくなってしまいます。

長期間のメッセージのやりとりは、相手への興味関心がどんどん薄れてしまうので、十分に注意しましょう。

予定調整など話題によって返信頻度を上げる

メッセージの頻度を変えて良い時があります。それは「デートの日時を調整する時」です。
この時に限ってはメッセージの頻度は無視して、できるだけ早くデートの日程を調整できるようにしてください。

デートの日程調整をはっきり決めずにダラダラしてしまうと、相手から興味がないと思われてしまう原因につながってしまいます。

また、デートに誘う時は候補日を3つほど提示してあげるとスムーズに日程調整ができるのでおすすめです。

おすすめの誘い方

3つの中で都合の良い日時はありますか?
  1. 2月13日(土) 18時~ イタリアン
  2. 2月20日(土) 18時~ 中華
  3. 2月27日(土) 18時~ 焼肉

もし、デートの定番の店がある場合は、そのお店のURLを事前に送ってあげるのも効果的です。

マッチングアプリのメッセージ頻度が少ない理由

マッチングアプリのメッセージ頻度が少ない理由

マッチングアプリでは1週間で10往復以上が良いと伝えましたが、実際には相手次第のところもあります。
自分が1日1往復を心掛けていても、相手の事情によってはメッセージのやりとりができない可能性があります。

そこで、もしお相手からメッセージが返ってこなくて、いちいちがっかりしないことが大切です。
マッチングアプリでは切り替えがとても重要になります。

プライベートが忙しい

メッセージが返ってこない主な理由として、相手のプライベートが忙しいことが挙げられるでしょう。

プライベートにおける優先順位は、マッチングアプリ<友人関係<仕事=家族ではないでしょうか。どんなに恋愛をしたくても、仕事が忙しければそれどころではないように、アプリにログインすることを忘れてしまいます。

それをしっかり汲み取れるかかどうかが、モテる人とそうでない人の違いです。

1日1通を相手側が意識をしている

メッセージが返ってこない別の理由としては、1日1通を相手が意識しているパターンが考えられます。
この場合は相手に合わせるしかないので、相手のペースに合わせましょう。

興味を失っている

そして最も多い理由が、自分への興味関心はなくなってはいるものの、暇つぶしに連絡しているパターンです。

この場合、相手の返信内容が端的に短くなったり、話題を自ら広げようとしないなど、明らかに興味がない雰囲気が出ていますので、残念ながら潔く諦めることも必要です。

マッチングアプリのメッセージ頻度を上げるポイント

マッチングアプリのメッセージ頻度を上げるポイント

メッセージは1日1往復以上と言われても、気になっている異性からメッセージが来るとワクワクしますよね!

そこで、次のステップで重要なことは、どのように相手のメッセージ頻度を増やさせるかです。相手が思わず返信したくなるようなメッセージを送ることができれば、1日に何回もやりとりすることができます。

それでは早速、どのようなメッセージを意識すれば良いか見ていきましょう。

プロフィールにある内容に触れて返信する

最も簡単なのは、相手のプロフィール文章に書いている話題です。

相手がプロフィール文章に書いてること=相手が話しやすいことになりますので、話す話題に困った人はぜひ真似してみてください。

ただし、どんなに興味がないことでも、興味があるように聞いてあげるスキルは必要になります。

おとうふさん直伝!マッチングアプリでモテるプロフィール文の秘密

メッセージ例:趣味にスポーツ・旅行と書いてある人の場合

「趣味は旅行と書いてありましたが、お写真はどこに行かれた時のものですか?」
「△△ってスポーツはやったことがないんですが、昔からやっているんですか?」

自分のことも話す

相手のことを知りたければ、まずは自分のことを話してみましょう。

マッチングアプリと言えど、見ず知らずの相手の情報ばかりを聞くと「かなり気持ち悪い」です。
相手のことを知りたいなら、まずは自分のことを開示することから始めてください。

ただ、ギブアンドテイクの精神は忘れてください。
自分を開示したからといって相手に開示させることを強いてはいけません。

メッセージ例:地元が愛知県、趣味が漫画だった場合

「僕も地元は愛知で名古屋周辺だったんですが、○○さんはどのあたり出身なんですか?」
「最近はジャンプの漫画をよく見るんですが、○○さんは最近面白かった漫画ありましたか?」

返しやすい質問を投げかける

メッセージは返信しやすい内容にしてください。
問答無用で「下ネタ」「専門的知識」などを入れるのはNGです。

また、ここで気を付けないといけないのが「Yes/No」で答えられる質問にしないことです。

(例)
A:「〇〇ですよね?」
B:「はい」

A:「△△ですか?」
B:「いいえ」

これだと質問してる側の自分がだんだんと疲れてしまいます。
そのため、相手に少しでも文章を打たせる質問を心掛けてください。

ポイントは、小学生でも答えられる質問にすることです。

メッセージ例:食事デートに誘うために好きなご飯を聞く時

「和風・中華・洋風だと何が好きですか?」
「最近行った印象に残っているご飯屋ってありますか?」

時間帯を考える

メッセージを送るおすすめの時間帯は以下の通りです。

お昼休み前後(12:00~14:00)

お昼休憩中は、ご飯を食べること以外特にすることがないため、返信率が高くなります。

夕方の仕事終わり(18:00~20:00)

仕事終わりは開放感があるため、時間に追われず返信してもらいやすくなります。

就寝前(22:00~24:00)

この時間帯はベッドに入ってスマホを触っている人がほとんどです。
1日の中で最も返信率が高い時間帯になります。

ただし、無駄に「おはよう」「おやすみ」と送ると恋人じゃないのになんだ?と引かれることもありますので気を付けてください。

また、早朝や夜中(1時~3時)に送るメッセージは、相手によっては良いように捉えてくれない場合があります。
ポイントは、ごく一般の普通の人が生活する時間帯に返信することです。

押さえたポイントは使いまわしても良い

マッチングアプリでは同時に何人もの人とメッセージのやりとりを行います。
そのため、一人ひとりメッセージの内容を変えているとかなり時間がかかってしまい、精神的にも疲れてきます。
そして、精神的に疲れた状態では、メッセージのやりとりすら苦痛に感じるようになってしまいます。

そうならないためにも、メッセージのやりとりは基本的にテンプレを作って使いまわしでOKです。
テンプレは自分の中で最も相応しいものを作れば返信の頻度は上がります。

相手や自分にできるだけ楽になるように、楽しくメッセージのやりとりをすることを心掛けましょう。

写真のクオリティを上げておく

写真の段階で相手の興味を引けているのであれば、メッセージの内容に問わず返信が返って来やすくなります。

そのため、友達に撮ってもらった写真やマッチングアプリの撮影サービスに撮ってもらった写真を利用してみましょう。

マッチングアプリ専門撮影サービス特徴利用料金地域いいね数保障スマホ撮影納品枚数所要時間
Photojoy

Photojoy(フォトジョイ)

Pairsやwithと提携。
撮影実績17,004人以上
9,900円~47都道府県オプションで可10枚~25分~
matching-photo

マッチングフォト

安価な撮影会を実施7,000円~30都道府県10枚~20分~
otopheeotoPheeカフェでの撮影も可能9,800円~関東
宮崎県
大阪
兵庫
全データ15分~

マッチングアプリを利用している人の多くは写真に拘っていないので、写真を良くするだけでも相手の対応が変わってきます。

マッチングアプリのメッセージ頻度を意識してデートにつなげよう

マッチングアプリのメッセージ頻度を意識してデートにつなげよう

メッセージの頻度や内容などは2人の親密度は大きく影響します。
ただし、いくらメッセージの頻度を意識しても、質問内容や細かい言い回しなどを変えることはできません。

また、相手のモチベーションも強く関わってくるため、成果に結びつくには多少時間がかかるかもしれませんが、コツコツとやっていくことが重要です。

ここまでお伝えした内容は裏ワザなどではなく、メッセージのコツにすぎません。
ここから実際にデートにつなげることができるかどうかは皆さん次第になりますので、頑張ってください!

Photojoy

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。 地方婚活セミナーファッション講師

-アプリ