日焼け止め

メンズが普段使いする日焼け止めはUVカット控え目でOK!選び方や商品を紹介

sunguard everyday

「日常的に日焼け止めをしたいけど、選び方や使い方が分からない」

メンズの普段使いできる日焼け止めが欲しいけど、どれが良いか分からないという方は多いと思います。それもそのはずで、男性のほとんどは日焼け止めをする習慣がないためいきなり選んで使おうと思っても難しいです。
しかし、日焼けによる肌へのダメージは年を重ねるごとに表面化されるため、日常的な日焼け止めの利用は大切です。

そこで、この記事ではメンズが日常使いできる日焼け止めについて紹介します。

普段使いできるメンズ日焼け止めの選び方

sunguard choice

普段使いできる日焼け止めについて紹介していきます。普段使いできるかどうかは、UVカット効果の大小、刺激性、水で落ちにくいか、保湿力はあるか、塗るのにストレスはないかを見ていきます。

UVカット効果は控え目でOK

UVカット効果は控えめなものを選ぶと良いでしょう。

意外に感じるかもしれませんが、通学や通勤など外出をするけれども長い時間外にいない場合にはUVカット効果が控え目のもので十分です。

SPF PA

(出典:日本化粧品工業連合会,「紫外線対策の基本」

日本化粧品工業連合会によると日常生活であれば紫外線防止効果が控え目のPA+~PA++、SPF10~30程度で十分だと言われています。
実は、高い効果のUVカットを実現しようとすれば紫外線吸収剤など肌に負担をかけてしまう成分が入ってくることがあるからです。

日焼け止めを選ぶ際には自分が使うシチュエーションを想像して選ぶようにしましょう。

刺激に弱い肌か

日常使いする日焼け止めはずっと肌に塗っておくものになるので、肌への刺激が強いかどうかは見ておきましょう。
外出している間はずっと塗り続けることになるので、肌に合っているかは重要です。
肌が弱い方は紫外線吸収剤フリーや、アルコールフリーなど色々なフリーがあるので、フリー成分を確認しておきましょう。

汗で落ちにくいか

普段使いするなら落ちにくい処方を選べると塗り直しの必要が少なくなってきます。ウォータープルーフ処方は汗で落ちにくい処方となっているので、日焼け止めがウォータープルーフかどうか確認してみましょう。

乾燥しない保湿力

肌が乾燥しやすい人は保湿成分などがしっかり入っている日焼け止めを選ぶと良いでしょう。
日焼け止めを塗っているからOKというわけではなく、肌の状態を整えておくことも肌へのダメージを減らすことになります。

普段からの保湿をスキンケアをしながら、足りないと感じたら保湿力の高い日焼け止めを選ぶようにしてみてください。

ストレスのない使用感

毎日使うのであれば使用感も大事です。クリームなどしっかり塗って重くなるタイプもあればサラッと塗って軽いジェルタイプの日焼け止めもあります。
テスターを手にとって見て使いやすいかどうかを見てみましょう。

つけたばかりではベタベタする感覚があっても、数分で肌に馴染み気にならないものもあるので時間をかけて確認をしてください。

普段使いできるメンズ日焼け止めおすすめ3選

sunguard recommend

どのようなポイントで日焼け止めを選べば良いかを紹介しましたが、ここでは実際のおすすめアイテムを紹介します。
自分の用途にあったものを試してみてください。

紫外線予防 UVさらさらジェル 250g

sarasara

さらさらUVジェルの紫外線予防は「子供でも使える」と謳うほどさらっと使えるジェルタイプの日焼け止めです。
SPF値が30+と軽い値になっており、過度に肌に負担を与えません。石鹸で簡単に落とすことができるので、日焼け止めに慣れていない男性でも使いやすいです。

肌荒れを防ぐ:キュレル 潤浸保湿 UV ミルク SPF30 / PA+++

curel

Curel(キュレル)は肌荒れに悩む方向けに作られた、低刺激で肌に優しい日焼け止めです。
肌への負担になりやすい紫外線吸収剤が無配合、アレルギーテスト済み、アルコールフリー、敏感肌の方によるパッチテスト済み、無香料・無着色などあらゆる刺激を減らしています。

日常使いすると肌への負担が気になる方におすすめです。

ニベア UV 【大容量】スーパーウォータージェル 160g

nivea

ニベアの日焼け止めはジェルタイプで軽い使用感と強力な汗耐性が特徴です。SPF50+とPA+++と紫外線カット効果は高めなので、日常的に外に出る時間が長い方や部活動などの運動をしている方におすすめです。

普段使いできるメンズ日焼け止めの付け方

how to sun guard

普段使いできる日焼け止めの付け方について紹介します。日焼け止めは「ムラなく」「隙間なく」「満遍なく」をキーワードにつけておきましょう。

①日焼け止めはまず1プッシュ手に取ります。howto sunguard

厚く出しすぎると肌に馴染まず白く浮いてしまうこともあるので、最初は少なめからスタートしましょう。プッシュ型ではない日焼け止めを使う場合は10円玉程度の日焼け止めを手に取りましょう。

②顔全体に日焼け止めを塗る
howto sunguard2

顔の広いところから塗っていきます。日焼け止めはしっかり伸ばさないと白くなってしまう場合があるので、指の腹で顔全体に伸ばしましょう。
最初は白くなって驚くかもしれませんが、伸ばしていけば馴染みます。また、

③全体を伸ばして白浮きをなくす
howto sunguard3

指で優しく伸ばしていくと、白浮きしているところが少なくなります。伸ばしても白浮きがなくならないようであれば、日焼け止めを出しすぎの可能性があるので次回からは減らしましょう。

④首の裏や耳の裏、首も塗る
howto sunguard4

忘れがちですが、耳の裏や首も日に焼けます。満遍なく顔全体に塗りましょう。

⑤全体に伸ばし終わったら完了

howto sunguard5

しっかり伸ばすと白浮きがなくなりました。日焼け止めをつけたばかりではテカリが目立ちますが、時間が経てば馴染んできます。
家を出る30~60分ほど前に日焼け止めをつけると効果が出やすいと言われているので、目安として試してみてください。

普段使いできるメンズ日焼け止めをつけて、紫外線から肌を守ろう

sunguard

普段使いできる日焼け止めは、将来の肌を守るためにメンズも持っておいて損はないです。
使い慣れるまでは大変だと感じますが、紫外線から肌を守っていつまも若々しい肌になりましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-日焼け止め