アイブロウ

眉毛を書く男性が増加中!女性の意見や眉毛を書く方法・アイテムを紹介

2020年7月23日

メンズアイブロウペンシルで眉毛を整える男性

PhotojoyMagazine編集部

累計撮影数17,004人超えの恋活・婚活のプロフ撮影サービスPhotojoyが立ち上げたWebメディア。 全国47都道府県での撮影体験を元にマッチングアプリでモテる写真やメッセージについて紹介します。

「男性でも眉毛を書くの?」

そう思う人も多いでしょう。ひと昔前までは男性が眉毛を書くことは当たり前ではありませんでしたが、今は男性でも眉毛を書く時代です。

実際に眉毛を整える事で第一印象は8割改善されると言われており、身だしなみにおいても男性の眉毛の重要性は高くなっています。

眉毛を整えてみると、眉毛が薄い部分や足りない部分が気になる男性は多いです。

そんな時に役立つ、男性の眉毛の書き方とアイブロウペンシルをはじめとしたおすすめアイテムを紹介していきます。

眉毛の書き方をマスターして、第一印象や身だしなみを改善していきましょう!

この記事の内容

・ 約9割の男性 が「肌や眉毛を整えるメンズメイクをしてみたい」と回答

・眉毛の形次第で、どの部分を書き足すかが変わる

・眉メイク初心者にはアイブロウペンシルがおすすめ!リキッドやパウダータイプのアイテムもある

PLUME nomal

男性も眉毛を整える・描く時代に

「最近では、男性も眉毛を書くのは当たり前の時代です。」

と言われてもなかなかピンとこないですよね。

実際にどれくらいの男性が眉毛を書いていて、眉毛を整えているでしょうか。

資生堂が実施した「男性のスキンケアと肌や眉を整える等の行為に関する意識調査」では、「肌や眉毛を整えるメンズメイクをしてみたいですか?」に対して、221人中の男性中、約9割が「してみたい」と回答。

男性の眉毛に関する調査結果

また、「男性がメイクをすることに対してどう思いますか?」という問いに対して、439人中、否定派わずか約6.2%と回答しており、眉毛を整える男性が多い事がわかります。

男性の眉毛に関する調査結果

調査結果参考リンク

上記の結果から、メイクをすることでビジネスで有利になると感じる人は約7割、男女間のパートナーにおいて有利になると感じる人は約8割という回答結果が出ています。

これらのデータより、男性が眉毛を整えることのメリットもわかると思います。

眉毛を書いてる男性って気持ち悪い?女性にインタビューしてみた

では、女性から見た、眉毛を書いている男性のイメージは実際にどうでしょうか。

マッチングアプリの専門家やメイクの専門家にインタビューしてみました。

眉毛を書いている男性の印象について教えてください。

小林

メイクアップアーティストのMEGUMIさん

MEGUMIさん

ボサボサな眉毛は野暮ったくだらしなく見えてしまいます。それを防ぐためにきちんと眉毛を剃って足りない箇所を書くのが良いでしょう。

眉毛を整えることができない人は、細かいことに気を遣えない印象や、仕事を任せる際の信頼感などにも影響します。

ですので眉毛を書き足す意味で眉毛を書くのは良いと思いますね。

恋活・婚活の身だしなみやプロフィールにお詳しいおとうふさん

おとうふさん

恋活・婚活においても男性の眉毛は第一印象を大きく左右するので、眉毛を整えるために書くのは全然問題ないと思います。

眉毛を描いていることがマイナスなのではなく、眉毛が整っていないことのほうがマイナスになるとのご意見でした。

下記の画像は実際に眉毛サロンで眉毛を整えたビフォーアフターになりますが、眉毛が整えっていることで男らしさや清潔感が出ていると思います。

plumet-step_2

眉毛を整えてから、綺麗な形に眉gえを描くことによって、魅力を最大限に活かすことができています。

【男性向け】眉毛を書くための3アイテム

男性が眉毛を書くときに使えるアイテムを紹介していきます。

男性向けの眉毛を書くアイテムは下記の3種類です。

今回紹介する3つの眉書きアイテム

リキッドタイプ・・・眉毛をしっかり描きたい方にお勧め。液体なので書き直すことができない。
ペンシルタイプ・・・鉛筆式なので、芯が細くピンポイントで狙った箇所にかける。安いものは芯が折れやすい。
パウダータイプ・・・まあらな眉毛を全体的に埋めてくれるのが特徴的。部分的にピンポイントで使いにくい。

それぞれのメリットデメリットはありますが、眉メイク初心者の男性はペンシルタイプがおすすめです。

パウダーとリキッドタイプはメイクに慣れてきたタイミングで使うのが良いでしょう。

種類メリットデメリット有名ブランド
リキッドしっかり濃くかけるので落ちにくい液体状なので、使いこなすのがやや難しい
書き直しができない
KATEなどの女性ブランドのみ
ペンシルピンポイントで足りない部分に書き足すことができる
芯が細く、書きやすい
鉛筆のような繰り出し形式なので多くのアイブロウは芯が折れやすいシャネル、MULC、UNO
パウダーまばらな眉毛を埋めるように補足することができる
綺麗に色をのせることができる
眉全体にのるため、ピンポイントでかけないKATEなどの女性ブランドのみ

リキッドアイブロウ

メンズリキッドアイブロウ写真

リキッドアイブロウはしっかり眉毛を書きたい人向けです。

一度描いたら落ちにくいため、眉尻で使われることが多いです。

反面、一度失敗をしたら修正が難しいため、慎重に眉毛を書く必要があります。

眉毛を書くことに慣れてきたら使ってみましょう。

アイブロウペンシル

メンズメイクアイブロウペンシル

アイブロウペンシルは初心者向けで、失敗をしにくいアイテムです。

アイブロウペンシルは男性用に開発されているアイテムも多いので、抵抗なく購入できるでしょう。

リキッドタイプやパウダーよりも薄く付くので、何度も重ねながら理想の濃さに調整することができます。

また、眉頭を薄く、眉山を濃くなど、眉毛内でも濃淡をつけることができるので自然な眉毛になります。

簡単メンズの眉毛の書き方!誰でもできる4ステップを写真で解説

MULC(ムルク)のアイブロウペンシルは、男性用に作られており、芯が硬く折れにくいのが特徴です。そのため、使い慣れていない男性でも使いやすく、失敗も起こりにくいでしょう。

眉毛のメイクを始めるメンズは、男性用のアイブロウペンシルから試してみましょう。

アイブロウパウダー

メンズメイクアイブロウパウダータイプ

アイブロウパウダーは眉毛にふんわりとした柔らかさを出すことができます。

リキッドアイブロウやアイブロウペンシルと比べると、眉毛を書き足すより、「毛量が不足している部分を埋める」役割を担うのがアイブロウパウダーです。

眉毛が薄い場合には、アイブロウペンシルなどと併用して使うと良いでしょう。

男性向けのものは多くないので、男性で使っている人は少ない種類です。

【眉毛状態別解説】男性の眉毛を書く前には眉毛を整える

眉毛を書くアイテムはあくまで、眉毛の形を補正するものです。

そのため、元の眉毛が補正のしようがないほどボサボサだったり、形がズレているとメンズメイクをしたところで直すことはできません。

眉毛を書こうと思ったら、眉毛を整えることから始めましょう。

ここでは眉毛の状態別に整え方を紹介します。

眉毛がボサボサで、野暮ったい眉毛

男性で眉毛がボサボサだと相手に不快感を与えてしまい清潔感が無くなってしまいます。

ほぼ手入れをしたことがないのであれば、眉毛バサミを使って長さを整え、毛抜きやシェーバーを使って形を整えることが必要です。

整えてしまえば、力強い男らしい印象にすることができます。

ボサボサの人の注意点は、一気に眉毛を細くし過ぎたり、短くし過ぎたりしないことです。

加減がわからずに一気にカットしてしまうと、眉毛の形が左右で合わなくなります。

こまめに左右の眉毛の形を確認して、バランスが合うようにしましょう。

細かいやり方は下記の動画が参考になります。

余分な毛が増えて、産毛や毛量が増えてしまっている眉毛

産毛が多くなってしまい、眉毛の形が崩壊してしまっている眉毛です。

目の周りに生えている産毛やムダ毛が多く生えてしまっていて、本来の綺麗な眉毛の形が台無しになってしまっているケースです。

社会人の眉毛-完成

眉毛が散らばっていると、幼いイ印象になってしまうので、必要な部分以外の眉毛は行いてしまうと良いでしょう。

特に眉毛と目の間の空間に伸びた産毛があると、一気に野暮ったくなるので気を付けて処理をしましょう。

薄い・スカスカの眉毛

眉毛が薄く、整えることが難しい人も多いかと思います。

その場合であっても、眉毛は整えておきましょう。

実は、眉毛の形を整えて、必要な部分の密度を上げることによって眉毛を濃く見せることが可能です。

before after

(出典:PLUMET,「TOP」

ただ、それでも眉尻が短かったり、眉毛の真ん中あたりが不自然に少ないこともあると思います。

その場合には、先述したアイブロウペンシルやアイブロウパウダーを使って、眉毛の量を増やすメイクをすることがおすすめです。

眉毛を書いて、他のメンズと差をつけよう

いかがでしょうか。男性でも眉毛を綺麗に整えて、書くことで清潔感がでて第一印象アップにつながります。

男性用の眉毛をケアできるメイクアイテムはまだまだ少ないですが、アイブロウペンシルだけでも先取りして一歩前の身だしなみ術を覚えませんか?

PLUME nomal

MULC_Amazon_banner

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

PhotojoyMagazine編集部

累計撮影数17,004人超えの恋活・婚活のプロフ撮影サービスPhotojoyが立ち上げたWebメディア。 全国47都道府県での撮影体験を元にマッチングアプリでモテる写真やメッセージについて紹介します。

-アイブロウ