メンズメイク

眉毛に注目したメンズメイクの方法や必要な道具を紹介

2021年5月14日

眉毛に注目したメンズメイクの方法や必要な道具を紹介

自分の眉毛に自信がなく、何とか変えたいと悩んでいる男性は多いです。実はメンズメイクを覚えれば男らしい眉毛を作ることができます。眉毛のメイクは簡単にできるため、多くの男性がこっそり取り入れています。

この記事では眉毛のメイクで必要な道具と眉毛のメイクのやり方について解説をします。ぜひメイクを取り入れてキリっとした印象を作り出しましょう。

メンズメイク:アイブロウ(眉毛)で使うもの

メンズメイク:アイブロウ(眉毛)で使うもの

眉毛をメイクする道具のことをメイク用語では「アイブロウ」と呼びます。

アイブロウには種類が4つあります。

  • アイブロウペンシル
  • アイブロウパウダー
  • アイブロウリキッド
  • アイブロウマスカラ

それぞれのメリットと合わせて特徴を紹介をします。初心者であれば失敗をしにくいアイブロウペンシルから揃えることがおすすめです。

アイブロウペンシル

アイブロウペンシル

アイブロウペンシルとは、鉛筆の形をしたアイブロウのことです。片面には眉毛を描くペン、反対側には描いた色を自然にぼかすブラシが付いていることが多いです。

メンズメイク用のアイブロウは薄いブラウンを使っていることが多く肌馴染みが良いです。そのため眉毛を描いていたとしても悪目立ちをすることはありません。また、アイブロウペンシルは修正もしやすいので、初心者の方が使うには最適です。

反面薄くて取れやすい弱点もありますので、汗をかいたり触ったときには修正が必要です。

アイブロウパウダー

アイブロウパウダー

(出典:KATE,eyebroe

粉状のアイブロウパウダーは眉毛をふわっとした自然な形で仕上げることが得意です。パレットタイプのパウダーであれば色が複数入っているため自分の色とも合わせやすいです。

また、ブラシが両面に付いており太めのブラシは全体に色を付ける用として使い、細いブラシは眉尻や眉毛の輪郭をとるときに使います。

デメリットとしては眉毛に粉を載せるイメージなので取れやすいです。服を脱ぎ着する際や電車に乗る際には注意をしてください。

アイブロウリキッド

アイブロウリキッド

(出典:SANA,「パワースタイル リキッドアイブロウSWP N3(グレイッシュブラウン)」

筆で描くタイプのアイブロウリキッドは、足りない眉毛を足すイメージで描くものです。パウダーやペンシルよりも肌への密着率が高いので汗をかいても取れにくい傾向にあります。

描くときは自然になるより筆先を使って眉毛らしく描く必要があるので手間が少しかかります。眉毛を描くことに慣れてから挑戦してみましょう。

アイブロウマスカラ

アイブロウマスカラとは元々ある眉毛の一本一本にコーティングをして太く見せていくものです。色が付いているものもあり、黒や茶色、女性用のものだと金色に近いものもあります。

マスカラは均一に付けることができれば、眉毛全体の印象を強くすることができます。しかし、初心者の方の場合だとムラができやすいので難しい道具です。

メングメイク:アイブロウ(眉毛)の手入れの仕方

メングメイク:アイブロウ(眉毛)の手入れの仕方

眉毛の描き方を紹介します。道具の種類によって描き方や仕上がりが変わってくるので自分の理想の眉毛を探してみてください。初心者の方であれば最初はアイブロウペンシルから試して雰囲気を掴むことがおすすめです。

メイクの前に眉毛を整える

アイブロウを使ってメイクをしていくにしても土台がしっかりとしていないと効果は半減です。まずは綺麗な形に眉毛を整えましょう。

余分な眉毛はハサミを使ってカットしていきます。眉毛コームを使いながら均一な長さにしていきましょう。

余分な眉毛はハサミを使ってカット

理想の眉毛の形を作ります。相手に与えたい印象で形は変わりますが、基本的な形は眉頭から15°の角度で眉山に向かい、眉山から眉尻にかけて緩やかに下げていく形です。

https://photos.app.goo.gl/7Lyjoq9YgRLpLd5TA

最後に余分な部分の眉毛はシェーバーや毛抜きを使って綺麗にしていきます。

眉毛を描く準備

これで眉毛を描く準備が整いました。眉毛を描かなくても大きく印象が変わります。

アイブロウペンシルの描き方

アイブロウペンシルは薄くて描きやすいため初心者の方はアイブロウペンシルから試してください。

眉尻の位置を決めて毛の薄さが目立つ部分を埋めるように眉山から眉尻まで描いていきます。

アイブロウペンシルの描き方

自然に見せるコツは眉頭を淡く、眉山を濃く、眉尻がやや濃くと場所によって濃さを変えていくことです。慣れてきたら試してみましょう。

さらに上のテクニックでは眉毛の目に近い下の部分をやや濃く、上の部分を淡くすると肌に馴染んだ眉毛にすることができます。

ブラシを使ってペンシルの色味をぼかす

一通り描き終わったら反対側のブラシを使ってペンシルの色みをぼかしていきましょう。色ムラを無くし自然な眉毛を作れます。

アイブロウパウダーの付け方

薄い色のパウダーを太いブラシに取り眉毛全体に付けていきます。肌に馴染ませる意味合いなので、地肌に付くように意識をしましょう。

  1. 中間の濃さのパウダーを同じブラシで取り、眉山から目頭に向けた色を付けます。
  2. 一番濃い色を細いブラシで取り眉山から眉尻に向かって色と輪郭を付けていきます。
  3. 眉山から眉頭の手前までの輪郭を細いブラシを使って取っていきます。
  4. 眉毛のアウトラインをブラシを使って馴染ませます。

これで輪郭がはっきりとしながらも肌に馴染んだ眉毛を作ることができます。

アイブロウリキッドの塗り方

アイブロウリキッドは全体に描くのではなく、眉毛の足りない部分を付け足すイメージです。そのため描き方も眉毛を描くように毛に沿った形で描いていきます。

アイブロウマスカラの塗り方

アイブロウマスカラはアイブロウペンシルやアイブロウパウダーを使って形を作った後に補強をする形で使われます。

アイブロウマスカラを液から取りティッシュを使い余分な液は取り除きます。

lamire,「眉マスカラの使い方!正しい塗り方&コツでこなれ眉は作れる」

(出典:lamire,「眉マスカラの使い方!正しい塗り方&コツでこなれ眉は作れる」

余分な液が付いていると眉毛に付いたときにムラになったり肌に付いてしまう恐れがあります。

眉毛の毛の流れとは反対側にブラシを動かしていきます。

(出典:lamire,「眉マスカラの使い方!正しい塗り方&コツでこなれ眉は作れる」

一回で眉頭まで行こうとせずに、ブラシを動かしながら全部の眉毛にマスカラが触れるような動きをします。

眉毛の流れに沿ってマスカラを付けながら眉毛を整えます。

lamire,「眉マスカラの使い方!正しい塗り方&コツでこなれ眉は作れる」

(出典:lamire,「眉マスカラの使い方!正しい塗り方&コツでこなれ眉は作れる」

強く押し付けると眉毛がペタっと寝た印象になるので優しく整えるイメージでやりましょう。

アイブロウ(眉毛)メンズメイクをして男らしい印象を作ろう

アイブロウ(眉毛)メンズメイクをして、男らしい印象を作ろう

眉毛は男性らしい表情を作る大切な場所です。もし、自分の眉毛をかっこ良くしたい、薄いのを何とかしたい、綺麗な形にしたいという思いがあった場合には今回紹介した内容を試してみてください。ちょっとしたメイクで大きく印象を変えることができることでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-メンズメイク