tapple(タップル)

tapple(タップル)でマッチングしない人の4つの特徴を解説

2021年12月21日

why

PhotojoyMagazine編集部

累計撮影数17,004人超えの恋活・婚活のプロフ撮影サービスPhotojoyが立ち上げたWebメディア。 全国47都道府県での撮影体験を元にマッチングアプリでモテる写真やメッセージについて紹介します。

「tapple(タップル)でマッチングしない理由は何かな」

tapple(タップル)は毎月1万人のカップルが誕生しているマッチングアプリです。一方でマッチングができずに困っている人も多いです。マッチングしない人にはある共通点があります。

この記事ではtapple(タップル)でマッチングしない人の4つの特徴と、マッチングするコツをまとめてみました。

tapple(タップル)でマッチングしない原因は4パターン

not popular

tapple(タップル)は20代が多く登録しており、好きなことから恋の相手を見つけるマッチングアプリとして人気です。

そんなtapple(タップル)で趣味の合う素敵な人と出会えないと悲しいですよね。この章では、tapple(タップル)で異性からいいねがもらえない原因を4つにまとめたので是非参考にしてください。

プロフィール写真にこだわってない

プロフィール写真にこだわってない人はマッチングしにくい傾向があります。

第一印象を決めるのはプロフィール写真です。異性が見たときに好印象の写真じゃないといいねを貰うことはできません。

自撮りの写真を使っていたり、スタンプで顔を隠していたりすると、マッチングしづらくなってしまいます。

自己紹介文の世界観が独特

自己紹介文の世界観が独特すぎる人は、異性に引かれてしまいます。

例えば、絵文字を乱用していたり、ネガティブな表現ばかり使っていたりなどです。

読む人によっては「拘りが強く関わりにくい」というイメージを抱いてしまうため、当てはまっている方はすぐに変更してください。

初回デート費用の設定が「割り勘」になっている

実は初回デート費用の設定が「割り勘」になっている人もマッチングしない原因の1つです。

多くの男性はtapple(タップル)で、初回デート費用を「男性が多めに払う」か「男性が全て払う」にしています。そんな中「割り勘」に設定していると少しケチな印象を持たれかねません。

「割り勘」にしていると絶対にダメというわけではありませんが、おすすめは「男性が多めに払う」か「男性が全て払う」です。

自分本位のタグ設定やウィッシュカードになっている

タグ設定やウィッシュカードを、自分本位なものに設定している人はマッチングの機会を逃しているかもしれません。

タグとは、自分の趣味を異性により細かく伝えることができる機能です。好きな趣味のタグを設定することで、共通点がある人を見つけやすくなります。

また、ウィッシュカードとはやりたいことや行きたい場所で相手とつながれる新機能です。追加したウィッシュカードは相手に表示され、やりたいことや行きたい場所をきっかけにマッチングすることができます。

タグやウィッシュカードは、自分が出会いたい異性が設定していそうなものを登録しましょう。狙った人と共通点が増えるのでおすすめです。

tapple(タップル)でマッチングするための4つコツ

tips

tapple(タップル)でマッチングするにはコツがあります。

異性に好印象を与えるには、まず自分がどんな人物なのかを知ってもらう必要があります。そのため写真とプロフィールの自己紹介文の関連性を出すことが大切です。
この章ではtapple(タップル)でいいかもがもらえるコツを4つ紹介するのでご覧ください。

プロフィール写真を少し盛る

マッチングするためには、まずプロフィール写真を少し盛ることから始めてみましょう。

プロフィール写真を盛ることができれば、自分の人柄や雰囲気を視覚的に伝えることができ、マッチングできる確率も上がります。

具体的には、ニキビなどを加工で消したり、顔周りを少しだけシャープにさせる等です。ただし、あまりやりすぎると別人になってしまうため、あくまで補正程度にしておきましょう。

もし自分で加工するのが苦手だという人は、加工アプリや加工の専門家に依頼してみることも検討してみましょう。

普段の生活が分かるようにする

サブ写真や自己紹介文で普段の生活が分かるようにして、あなたのライフスタイルや人物像をアピールしましょう。

例えば、サブ写真は趣味や休日に行った場所の写真などにして、自己紹介文にハマっているものや休日の過ごし方を書きます。

自分のプロフィールを見た異性は、一緒に過ごすシーンを想像します。楽しそうと思ってもらえるといいねがもらいやすくなるのでおすすめです。

共通点を増やす

異性と共通点を増やすようにプロフィールを設定しましょう。

共通点を増やす方法は、狙いたい異性の好きな趣味や音楽、休日の過ごし方を参考にしながらプロフィール写真を設定することです。

tapple(タップル)は「趣味で繋がる」がコンセプトのマッチングアプリです。そのため、趣味の共通点を探している異性は他のアプリに比べても多いです。そのため共通点は他の人と差をつける武器になります。

自己紹介文を丁寧に書いたり、趣味を多く設定したりしてお互いの共通点を増やしましょう。

真面目に恋人探しをしていることをアピールする

自己紹介文で、真面目に恋人探しをしていることをはっきりアピール書きましょう。

真面目に恋人探しをしていることをアピールする方法は、「プロフィール項目を埋めてマッチングへの希望が分かるようにする」「自己紹介文に理想の恋人像やマッチングアプリに登録した理由を書く」などです。

tapple(タップル)のメインユーザー層は20代です。登録者の年齢層が高いアプリに比べると、真剣に恋人探しをしている人や、婚活をしている人が少ないという特徴があります。

プロフィール項目を埋めているだけでも、相手に誠実な印象を与えることができるので、プロフィールは丁寧に作成するようにしましょう。

tapple(タップル)でマッチングしやすくなるための裏技

Tricks

tapple(タップル)でできるだけ簡単にマッチングできる方法を知りたい方必見です。

tapple(タップル)にはマッチングしやすくなるための裏技が3つあるので紹介します。

おでかけ機能を使う

tapple(タップル)には独自の仕組みである、おでかけ機能があります。

おでかけ機能とは、マッチング前に気になる相手とデートの約束ができる機能のことです。
女性会員は「おでかけ」ページから自分好みの「おでかけプラン」を投稿することができます。
また、男性会員は投稿された「おでかけプラン」の中から気になる相手をタップすることで、「おさそい」を送ることがきます

そして女性会員は、男性会員から送られた「おさそい」に対し、おさそいをお受けすることで「おでかけ」が成立する仕組みです。成立するとメッセージ交換ができ、デートの日程などをご相談することができます。

男性会員は、1日に5回おさそいをすることができるので、いいかもに加えておでかけ機能を活用してマッチングする確率を高めましょう。

同じタグカードやウィッシュカードを登録している相手にいいねを送る

いいねを送るときは、相手が同じタグカードやウィッシュカードを設定しているかどうかをチェックしましょう。

同じタグやウィッシュカード設定しているということは、共通の趣味や行きたいところが同じということです。

恋人を探すとき、自分と同じ趣味かどうかを気にしている人は多いので、趣味から異性を探すこともおすすめです。

スーパーいいかもを使う

スーパーいいかも使い、相手に気になっていることを最大限アピールしましょう。

スーパーいいかもとは、気になる相手にメッセージ付きの「いいかも」を送る機能です。
相手はスーパーいいかもに対して、ありがとうかごめんなさい、どちらかのリアクションをしなければ次の画面に進むことができないので、必ず気付いてもらえます。

たくさんアプローチが来ている人の場合、普通のいいかもでは埋もれてしまう可能性があるので、ここぞというときはスーパーいいかもを使いましょう。

tapple(タップル)は好印象のプロフィールでマッチングしよう

Good impression

tapple(タップル)はプロフィール写真と自己紹介文の内容次第で異性からの印象が大きく変わります。

この記事を参考にして、異性から好印象を持たれるプロフィールにして、理想の人とマッチングしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

PhotojoyMagazine編集部

累計撮影数17,004人超えの恋活・婚活のプロフ撮影サービスPhotojoyが立ち上げたWebメディア。 全国47都道府県での撮影体験を元にマッチングアプリでモテる写真やメッセージについて紹介します。

-tapple(タップル)