Dine(ダイン)

Dine(ダイン)とはどんなアプリ?評判・口コミや料金、使い方を徹底解説

Dine(ダイン)とはどんなアプリ?評判・口コミや料金、使い方を徹底解説

「Dine(ダイン)ってどんなアプリなのだろうか」

メッセージ不要で出会いの最短距離をコンセプトにしたデーティングマッチングのDine(ダイン)。
マッチングしたらすぐデートに行けることから、メッセージを手間と感じる方や会ってみないと分からないと感じている方からの人気が急上昇中です。

しかし、スピーディー感が逆に不安と感じて登録を悩んでいる方も多いです。
この記事では、Dine(ダイン)の口コミ・評判、料金や使い方などを徹底に解説をします。これからDine(ダイン)を利用しようかと考えている方必見です。

Dine(ダイン)とは?

Dine(ダイン)とは?

(出典:Dine,「TOPページ」

累計会員数累計20万人(推定)
メイン年齢層30代~40代
運営会社株式会社Mrk&Co
利用料金男性:1ヶ月3,900円/月(25歳以上)
男性:1ヶ月6,500円/月(26歳以上)
女性:無料
男女比率男性:女性=5:5

Dine(ダイン)は株式会社Mrk&Coが運営をしているデーティングマッチングアプリです。コンセプトは「出会いの最短距離」。
マッチングをしたら、メッセージのやりとりなしで即食事デートの日程調整に入ります。

会うまでのメッセージのやりとりが手間だと感じている人達の声を拾い上げたマッチングアプリです。

お店の予約も自動で簡単

お店の予約も自動で簡単

(出典:Dine,「TOPページ」

Dine(ダイン)はアプリ内でお店の調整をすると、自動的にお店への予約もしてくれるシステムです。
Dine(ダイン)は飲食店予約代行サービスのPecotterと提携をしています。メッセージのやりとりをして、日程が決まったけど、なかなか予約が取れないなどの手間がかからないのは非常にありがたいです。

ドタキャンには罰金

Dine(ダイン)はドタキャンの対策もしています。Dine(ダイン)ではお店の予約をする際には男女共にクレジットカードの登録をしないといけません。
仮にドタキャンがあった場合には原因となった人のクレジットカードからドタキャン代が引かれる仕組みです。

これにより、予約をした人が不利になることもなく、ドタキャン率も下げることができています。
初めて会う人と食事デートとなると不安もありますが、ドタキャン防止システムがあると安心してデートの予定を立てられますね。

Dine(ダイン)の評判・口コミ

Dine(ダイン)の評判・口コミを良いもの、悪いものの両側面から紹介をします。これからDine(ダイン)を利用しようと考えている方はリアルの声は参考になるはずです。

Dine(ダイン)の良い口コミ・評判

Dine(ダイン)利用者の良い口コミを紹介します。

美人やイケメンの比率がDine(ダイン)は多いとの口コミが多かったです。モテる容姿の方々にはメッセージをするよりも、サクッと会うほうが性に合っているのかもしれません。

Dine(ダイン)で出会って結婚をした報告も多く見られました。メッセージをダラダラしたくないという価値観の人達同士がマッチングするので、話も合いやすいのでしょう。

Dine(ダイン)の悪い口コミ・評判

Dine(ダイン)の悪い口コミ・評判を紹介します。

Dine(ダイン)はマッチング後すぐに食事デートに行けることから、食事を目的にしている人も登録しています。
そのため、楽しくご飯を食べても先に進まないこともあります。運営側も見極めることが難しいので、自分で判断することが求められます。

マッチング後は日程の調整になりますが、日程が合わなかったりすると再調整の日程を相手が提示してくれないこともあるようです。メッセージでフォローができないことが裏めに出てしまっていますね。
しかし、日程の調整で連絡が取れない人は真剣度が足りない方なので、早めに分かるのは良いかもしれません。


Dine(ダイン)の口コミから分かるアプリの特徴とは
Dine(ダイン)の口コミから分かるアプリの特徴とは

続きを見る

Dine(ダイン)の料金

Dine(ダイン)の料金

プラン料金(男性・女性同じ)
ゴールド会員25歳以下ゴールド会員26歳以上
1ヶ月プラン3,900円/月〜6,500円/月〜
3ヶ月プラン3,300円/月〜
(一括 9,900円〜)
4,800円/月〜
(一括 14,400円〜)
6ヶ月プラン2,900円/月〜
(一括 17,400円〜)
3,800円/月〜
(一括 22,800円〜)
12ヶ月プラン2,400円/月〜
(一括 28,800円〜)
2,900円/月〜
(一括 34,800円〜)

(※支払い方法によって金額が変わる可能性があります。)

Dine(ダイン)の料金は男女同額ですが、25歳以下と26歳以上で金額が変わります。
食事前提のデートなので、食費のことを考えて安くなっているのはありがたいですね。長期間のプランになると1ヶ月あたりの料金が下がります。

Dine(ダイン)の初心者が有料プランになるのであれば、まずは1ヶ月プランがおすすめです。自分に合うかを確認してから長期間プランに移行をしましょう。

プラチナム会員

Dine(ダイン)に通常の有料会員プラン以外にもプラチナム会員があります。

プラン料金(男性・女性同じ)
1ヶ月プラン6,500円/月〜
3ヶ月プラン4,800円/月〜
(一括 14,400円〜)
6ヶ月プラン3,800円/月〜
(一括 22,800円〜)
12ヶ月プラン2,900円/月〜
(一括 34,800円〜)

(※支払い方法によって金額が変わる可能性があります。)

プラチナム会員になると、TOP Picksに表示される人気会員をデートに誘うことができるようになります。また、シークレットモードと呼ばれる、自分がリクエストをした相手のみに自分のプロフィールを公開する機能も使えます。

プラチナム会員は通常の会員料金にプラスしてかかるので、Dine(ダイン)をより快適に利用したいと思ったら検討してみてください。

Dine(ダイン)の料金プランを紹介!有料会員になるメリットについて
Dine(ダイン)の料金プランを紹介!有料会員になるメリットについて

続きを見る

招待コードの利用で1週間無料

Dine(ダイン)の招待コードを使うと1週間無料で有料会員の機能を利用することができます。Dine(ダイン)でいきなり有料会員になるには月額費が高くて気になる方も多いので、まずは招待コードを利用することがおすすめです。

オフラインのDine(ダイン)バー

(出典:Dine,「出会いをもっと楽しく」

Dine(ダイン)にはSnack Dineと呼ばれるオフラインの店舗があります。
住所は非公開になっており、アプリ内から会員登録をする必要があります。プロフィール画像、自己紹介文、本人確認の設定が済んでいないと会員登録ができないため、真剣にDine(ダイン)を利用している人のみが入れます。

自分以外の恋人探しをしている人と出会うことができるので、話も盛り上がれますし、良い人がいたらDine(ダイン)内でマッチングをさせることもできます。

Dine(ダイン)の使い方

Dine(ダイン)の使い方を解説します。ほかのマッチングアプリとは仕様が変わりますが、機能が絞られているので簡単に利用することができます。

基本情報の登録

Dine(ダイン)を始めたらまずは基本情報を入力します。

基本情報の登録

Dine(ダイン)ではデートで行きたいお店を10個選ぶことができます。ここで選んだお店が似ている人達が検索に出てくるので真面目に選んでください。
お店の場所や料金も紹介されているので、じっくりと調べることができます。

基本情報の登録

写真の設定は4枚以上載せることがおすすめです。Dine(ダイン)のデータによると1枚しか載せていないときと比べてマッチング率が3倍になるそうです。

食事デートに誘う

基本情報の設定が終わったらデートに誘います。

Dine(ダイン)では自分で検索をすることはできず、毎日紹介をされる10人とデートに行きたいかを選びます。デートに行きたいと思ったら、行きたいお店のカードを上にスワイプしてデートに誘います。

お互いが良いと思えばマッチングになり、デートの日程調整に移ります。
候補日を3~5個ほど選択し、ランチとディナーの選択もできます。相手から日程がきた場合にはきた選択肢から選びます。

日程の調整が決まったら、細かい待ち合わせ場所をメッセージで決めます。デートの日付と場所が決まっているのでそれほどメッセージをする必要はありません。

苦手な人がいたらブロック

もし、検索画面に知り合いが出てきたり、何度も見る顔が出てきた場合にはブロックをすることができます。
ブロックをすると、相手にも気付かれずに検索画面に出なくなります。

Dine(ダイン)の使い方、基本機能からマッチングしやすくするための活用方法を解説
Dine(ダイン)の使い方、基本機能からマッチングしやすくするための活用方法を解説

続きを見る

Dine(ダイン)にサクラはいるの?

一昔前のマッチングアプリは怪しいイメージがあり、サクラがいることもありました。しかし、Dine(ダイン)にはサクラはほぼいないと言えます。

なぜならば、Dine(ダイン)のシステムは月額課金制だからです。昔のマッチングアプリはメッセージやりとりをするたびに料金が発生する仕組みだったのでサクラを雇ってメッセージをさせることをしていました。

しかし、月額課金制の場合はメッセージのやりとりをさせても料金は変わらないのでサクラを雇うメリットはありません。

既婚者はいるらしい

サクラはいないですが、既婚者が紛れ込んでいることはあります。


独身者しか登録できないルールにはなっていますが、独身証明書を出す必要がないので既婚者も登録ができてしまっています。
仲良くなったとしても相手が既婚者ということもあり得るので、関係を進めるときには自分で判断をする必要があります。

ご飯目的の人も

Dine(ダイン)は恋人を探すためのマッチングアプリですが、ご飯を目的に登録をしている人もいます。Dine(ダイン)には「奢ります」という機能があるため、それを利用してタダで食事だけをする人です。
会うまでは判断することができないので、避けることは難しいです。

Dine(ダイン)の退会方法

Dine(ダイン)の退会方法を紹介します。退会作業は3分程度で終わります。

アプリの「設定」にある「よくある質問」から「Dineを退会したい場合は?」を選択します。

Dine(ダイン)の退会方法

「Dineを退会したい場合は?」のなかに出てくる「こちら」から、退会理由を選択して「退会する」を押します。
最後に確認画面が出てくるので「退会する」を押すことで完了です。

Dine(ダイン)の退会方法

これでDine(ダイン)の退会作業は終わりです。Dine(ダイン)を退会すると今までのデータが消えてしまうので、やり残したことがないかを確認して退会するようにしましょう。

Dine(ダイン)で即デートして、気の合う恋人を見つけよう

Dine(ダイン)で即デートして、気の合う恋人を見つけよう

Dine(ダイン)はマッチングしてすぐにデートに行ける新しいタイプのマッチングアプリです。自分と同じような価値観で利用している方も多いので結婚している方も多いです。

ほかのマッチングアプリと違った層と出会いたいと思ったときにはDine(ダイン)を試してみてください。価値観の合う恋人と出会えるかもしれません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-Dine(ダイン)