マッチング

マッチングアプリのメッセージの頻度は?初デートまでが最も重要!

2020年6月17日

man

PhotojoyMagazine編集部

累計撮影数17,004人超えの恋活・婚活のプロフ撮影サービスPhotojoyが立ち上げたWebメディア。 全国47都道府県での撮影体験を元にマッチングアプリでモテる写真やメッセージについて紹介します。

マッチング後のメッセージの頻度がわからない
初デート約束後から、デート当日までのメッセージの頻度がわからない

こんにちは!Photojoy編集部のJoyです!

マッチング後や、デートの約束をしてから会うまでの間に、どれくらいの頻度でメッセージをするべきか悩みますよね。
急に連絡が来なくなることも多々あるのがマッチングアプリです...

しかし、メッセージの頻度は下記の3つの段階に分けることで、スムーズに関係を進めることができます。

①マッチングからデートの約束決定まで
②デートの約束から当日まで
③デート後から2回目の約束決定まで

今回はこの3つの段階においてのマッチングアプリのメッセージの頻度ついて解説していきます!

記事監修者

PhotojoyのJOY

・マッチングアプリのプロフ写真に特化した撮影サービス「Photojoy」代表
・1年半で3,000名以上のユーザーを撮影
・婚活アプリ「Pairsエンゲージ」の写真プロコーチも兼務
・友人紹介型のマッチングアプリ開発経験を経てPhotojoyを開始。

この記事の内容

・初デートまでのメッセージの頻度は1日1往復がおすすめ

・初デート後のLINEは1日2~4往復で頻度を高くする!電話をする場合は週1回20分程度が目安

・返信がない場合は連投せず、相手の頻度に合わせてメッセージを返すのがコツ

Photojoy

無料簡単マッチングアプリ診断

マッチングアプリのメッセージ頻度の目安

message-3step

マッチングアプリのメッセージの頻度は3つの段階に分けて考えるのが良いでしょう。
その時の状況に応じて女性の心理は変わってくるので、相手の心理状況を見極めて適切な頻度でメッセージを送ることが重要です。

3つのポイント

  • マッチ後からデートの約束決定まで
  • デートの約束当日までの期間
  • デート後から2回目の約束決定まで

マッチングから初デートの約束決定までは「1日1〜2往復」

マッチングから初デートまでは、「1日1往復〜2往復程度」にしておきましょう。

マッチングをするとメッセージをたくさん送りたくなりますが、関係が浅いうちにメッセージがたくさんくると「めんどくさい人かも・・・」と思われかねません。

マッチングをしたということは相手も会う気はあるので、初デートまでは1〜2往復で十分です。

また、マッチしてからデートの約束を決定するまでの期間はおおよそ7日が限度です

7日以上経過してしまうとあなたへの女性の興味関心が薄れてきます。
あなたへの興味関心度が高い間に、デートの約束をすることを心がけましょう。

1日1往復のメッセージ程度だと、下記の流れが親しみを感じさせつつスムーズにデートの誘いに繋げられます。

頻度例

  • 1日目:挨拶、呼び方を決める、質問で終わる
  • 2日目~4日目:相手の趣味を深ぼる、共通点の洗い出し
  • 5日目~7日目:好きなご飯の話、食事に誘う

一点だけ注意点として、早期で個人の連絡先は聞かないでください。
個人情報を与えることに対して、不安を覚えてしまい連絡が絶えてしまうことが非常に多いです。
連絡先を早く聞きたい気持ちはわかりますが、ぐっとこらえて我慢しましょう。

初デート当日までは「1日1往復」

デートの約束ができてから、デート当日までのメッセージの頻度が実は一番難しいです。実際に悩んでいる方も多くいらっしゃいました。

悩み1

マッチングアプリで女性と食事の約束をしたのですが、お互い忙しい時期だったのもあり日付が合わず3週間後になりました。ここでおやすみなさいとお互い言って会話が切れたのですがこの後メッセージは送りあったほうがいいでしょうか。またどの程度の頻度で連絡するのが女性に負担がなくいいのでしょうか...

悩み2

マッチングアプリでメッセージのやり取りを続けていた女性と約1週間後にお会いすることになりました。

会うまでの1週間、どれくらいの頻度、どのような内容のやりとりをすればいいか迷っています。

デート当日までのメッセージの頻度は、1日1往復程度が良いでしょう。デートまでに多く会話をしていると当日話すことが無くなったりします。

特に相手の方のパーソナリティや価値観などの話は深掘らずに、適度に話を広げつつ、相手のノンストレスで返信をしてもらうことが大切です。

連絡が途絶えるとあなたの事を忘れる可能性が高いので、必ず何かしらの会話を継続するようにしましょう。

初デート後から2回目のデートまでは「頻度をあげて、電話も使う」

初デートを終えて関係ができたなら、連絡の頻度をあげましょう。
LINEは1日2~4往復程度、電話は週1~2回(20分程度)が関係を積み上げていくにはベストの回数です。

初デート後は個人連絡先を交換して、電話とメッセージを使って連絡するようにしましょう。

この時に気をつけたいのは、連絡をしすぎない事です。

初デートが上手くいくと、「もう自分のことが好きなんじゃ・・?」と感じやすいですが、女性は同時に複数の男性と連絡しているのがほとんどなので、あまり連絡が多すぎるとめんどくさく感じます。

「連絡がいつでもできそうだけど、なかなか連絡がつかない人」という印象を相手に与えることができれば、あなたへの興味関心度はぐっと引きあがります。

女性は謎めいた人に興味関心を高く持つ傾向があるので、ぐいぐいいかず駆け引きをすることが大切です。

メッセージ頻度は平日・休日で使い分ける

マッチングアプリでのメッセージは、平日と休日で使い分けるとうまくいきます。

平日に仕事があることを前提にした場合、マッチングアプリでゆっくり返信ができるのは19時~23時程度になります。

それに、仕事で疲れていることも考慮すると、あまり頻繁にメッセージはしないほうが吉です。

アプリを開く頻度が低い人もいるため、相手に合わせつつ返信頻度を高めていきましょう。

しかし、休日はメッセージの返信率がアップするので、頻度を上げたいところです。

なかでも、以下の時間帯は返信がきやすいです。

【特に休日に返信が来やすい時間帯】
・12時~15時
・18時~20時
・22時~24時

この時間帯は、マッチングアプリでもゴールデンタイムと言われています。

平日でも返信が来やすい時間帯ですが、休日になるとさらに返信が来やすくなります。

そのため、平日と休日で使い分ける場合は、時間帯も意識してメッセージを送っていきましょう。

マッチングアプリでメッセージ頻度が高い人の3つの特徴

マッチングアプリで、メッセージ頻度が高い人には、それぞれ特徴があります。

それぞれ特徴を紹介すると、以下のとおりです。

【マッチングアプリでメッセージ頻度が高い人の特徴】
・脈ありで興味がある
・出会いに対して本気
・まじめな性格をしている

普段やり取りしている人が、高い頻度でメッセージを送ってきている場合は、あなたに脈がある可能性があります。

そのほかにも、出会いに対して本気な人や、まじめな性格をしている人はメッセージ頻度が高い印象です。

脈ありで興味がある

普段やり取りをしていて、返信したら数分以内にメッセージが返ってくる人は、脈ありの可能性があります。

マッチングアプリの攻略法の一つでもありますが、メッセージをする際は優先順位をつけてやり取りします。

そのため、どのようなメッセージに対しても、すぐに返信が来るということは、少なからずあなたに脈があるということです。

この場合、あなたもその相手に対しての優先度を上げて、返信頻度を高めることで出会いやすくなります。

苦手な人なら無理して返信する必要はないので、相手のことをよく判断しながらメッセージしていきましょう。

出会いに対して本気

メッセージをしていて、返信頻度が高い人は、真剣に出会いを求めています。

以前、筆者と当編集部のライターで検証をしたことがありますが、自己紹介文で真剣に出会いを求めているという男性に対し、二人でマッチングしました。

その際、男性の返信頻度をチェックすると、どちらのアカウントに対しても時間がある限りは即レスしている人でした。

また、ファーストメッセージもテンプレ返信ではなく、プロフィールに沿ったメッセージを送ってくるまじめな人だったので、真剣度が高いことがわかります。

脈ありサインとも関係していますが、自分が本気で気になっている人には、自然と返信頻度も高まります。

遊び目的・ヤリモクの可能性は低いので、積極的に狙っていきたいタイプのユーザーです。

まじめな性格をしている

まじめな性格や、まめな性格の人は、即れすが多いため返信頻度が高いです。

また、この性格の人は、返信頻度が高いだけではなく、返信が続きやすいのも特徴の一つ。

相手から終わるようなことはなく、どのようなメッセージに対しても必ず返ってきます。

性格から起因しているため、脈ありかどうかの判断はできませんが、やり取り次第では脈ありな関係に発展する可能性はあります。

そのため、マッチングしてやり取りが続く場合は、メッセージを継続することが大切です。

マッチングアプリでメッセージ頻度が低い人の特徴は?

マッチングアプリで、メッセージをしてもほとんど返信がない人がいます。

頻度が高い人に比べると、以下のような特徴があるユーザーです。

【マッチングアプリでメッセージ頻度が低い人の特徴】
・マッチングアプリを開く頻度が低い
・仕事が忙しくアプリを開けない
・多くの人とマッチングしている

そもそもマッチングアプリに対して興味がない人は、メッセージ頻度以前にログイン頻度も低いです。

そのような人とマッチングしても出会いに発展しないので、別の人とやり取りすることが大切です。

マッチングアプリを開く頻度が低い

マッチングアプリで、なかなかメッセージの返信が事ない人は、そもそもアプリを開いていない可能性があります。

このような人は、マッチングアプリでの出会いに高い優先順位をおいていないため、ログイン頻度も低いです。

マッチング前に判断が可能で、以下のような人との出会いは、非効率なので控えましょう。

【マッチングに発展しないことが多いユーザー一覧】
・最終ログイン日時が2週間以上経過している
・返信が雑
・あまり真面目に使っていない

とくに、最終ログイン日についてはチェックしておきましょう。

ログイン頻度が高い人なら、”オンライン・24時間以内”になっています。

数日ログインしない人でも”3日以内”の人を狙うようにし、それ以上の人は対象外です。

マッチングアプリを使って本気で出会いを見つけているなら、ログイン頻度も上がります。

マッチングアプリは、メッセージをして仲良くなっていきます。

頻度が低い人とやり取りをしていても正直無駄足に終わることが多いので注意しましょう。

仕事が忙しくアプリを開けない

仕事が忙しいと、なかなかアプリを開く機会がありません。

この場合、出会いを求めてマッチングアプリに登録したとしても、うまく活用できていない人です。

そのため、相手の仕事の状況次第では、出井亜に発展する可能性があります。

ログイン頻度も低いため、なかなかやり取りができる機会は少ないですが、少しでもやり取りするチャンスがある場合は、以下のメッセージを送りましょう。

【仕事が忙しい人に送りたいメッセージ】
・「いつもお仕事お疲れ様です」
・「お時間あるときに返信お願いします」
・「お体無理なさらず」

相手の体をねぎらったり、お疲れさまという言葉をかけるだけでも違います。

相手から好印象を持たれれば、真っ先に変身してくれるかもしれません。

多くの人とマッチングしている

男女問わず、マッチング率が高い人は返信頻度が低いです。

筆者もマッチングアプリを利用していたことがありますが、同時並行でやり取りしていた人数は20人程度。

優先順位も決めていましたが、マッチング率が高いアプリだと、100人以上とマッチングすることも珍しくありません。

マッチング数が高い人とマッチングした場合は、好印象を持たれるためにも以下の方法を実践しましょう。

【相手に好印象を持たれるためにしたいこと】
・メッセージの優先順位を高める
・返信頻度を高める
・適度に相手のことをほめる

返信が来ないことには意味がありませんが、脈ありサインを出すと振り向いてくれる可能性もあります。

そのため、返信の優先順位を上げて、メッセージが来たら即返信するような環境を作っておきましょう。

NGなメッセージの送り方5選

NG-message5

マッチングアプリのメッセージでやりがちなミスを紹介していきます。

マッチングをしているのであれば、最低限の好意があるはずなので、ミスをなくすだけでデートに繋げることは可能です。

関係と頻度の関係は守る

女性の連絡を取りたい気持ちと、好意レベルは比例します。

女性の気持ちは、会う回数を重ねるごとに徐々に盛り上がってくるタイプなので、序盤から飛ばしすぎないようにしましょう。

最初のうちは気を遣って返信していても、徐々に頻度が高すぎると面倒になってきます。

会話のネタもなくなってきてしまうのでグッとこらえて少なめにしておきましょう。

返信は1時間以内がベター

最初のうちは1時間以内を意識して返信は早めに送りましょう。

仕事中など手が離せない場合は仕方がありませんが、なるべく早く返信する方が好印象。

あまりに遅いと相手も不安になったり、脈なしと判断して他の会員を探してしまう可能性があります。

返信が遅くなった場合は「仕事で遅くなりました」など理由を伝えてあげてください。

相手の生活リズムに合わせて送る

自分からメッセージを送る場合は、相手の生活リズムを考慮して送りましょう。

例えば、会社員であれば平日は通勤中・昼休み・夜間あたりがメールのやり取りがスムーズです。

逆に自営業や勤務時間が不規則な相手の場合は、相手にいつが返信しやすいか聞いてみると良いですね。

休日や相手の生活時間帯を把握しておくと、デートのお誘いもしやすくなりますよ。

 相手から返信が来ないうちは連投しないこと

メッセージの返信が相手からなくても連投しないようにしましょう。

仕事や飲み会などプライベートの予定で返信できない可能性もあります。

不安だからといって連投してしまうと、相手から面倒・怖いと思われてしまうリスクがあるんです。

相手のリズムに合わせて、返信がこないうちは待つのが正解。万が一数日経っても返信がこない場合は、もう諦めて次に行くことです。

 最初は敬語でメッセージを送る

年が同じでも初対面の相手なので、最初は敬語でメッセージを送りましょう。

最初からタメ口を使うと「馴れ馴れしい」「礼儀がない」と悪印象を与えます。

男性の場合は女性から「チャラそう」と思われてしまうこともあるでしょう。

仲良くなってきたらお互いに自然と口調も変わってくるので、最初のうちは相手の心象を悪くしないように礼儀を忘れずに接しましょう。

相手のメッセージ頻度別の対応案

point

実際は相手のメッセージの頻度が多いことも、少なすぎることもあります。
そんな場面でも悩まないためのメッセージのコツをお伝えします。

相手のメッセージ頻度が多い時は「合わせない」

相手のメッセージが多かったとしても、頻度を合わせる必要はありません。

無理に返信速度をあげてしまうと、ネタもつきますし、送っている側が疲れてしまって楽しくなくなってしまいます。

ここで注意点なのは、「アプリをあまり開かない」という事を伝えてはいけません。

逆の立場で考えて欲しいのですが、アプリをあまり開かない人が真剣に恋愛活動をしているとは思えませんよね。

頻度が少ない理由をあえて伝える必要はありませんが、聞かれたら考えるのに時間がかかるとマイナスにならないように伝えましょう。

相手のメッセージ頻度が少ない場合は「合わせる」

相手の返信が少ないので、あれば相手の返信のペースに合わせてメッセージよりも会う約束を取り付けることを意識しましょう。

連絡頻度が少ない女性に対して多く送っても返ってこないのがオチです。

返信が遅い理由としては、元々メッセージが苦手、あるいはあなたに興味がそこまでないかのどちらかです。

なので、必要以上に連絡を送るだけ時間の無駄になるので、あまり良い反応がない場合は次の女性に進みましょう。

マッチングアプリのメッセージの頻度は相手に合わせよう

今回は、マッチングアプリのメッセージの頻度について解説してきました。

メッセージについては誰にでも当てはまる正解は無く、あなた自身で試行錯誤を繰り替えしていくしかありません。

今回の記事を参考に、相手に合わせてカスタマイズをしていってください。

もし、メッセージを重ねても上手く会えないのであればメッセージではなくて、プロフィールか写真にぴったりとくる一押しがない可能性もあります。

その場合は、マッチングアプリのプロフィール写真撮影サービスPhotojoyのような撮影サービスに依頼をすることもおすすめです。

良い写真を寄ることで、相手が自分に好意を持ってくれてメッセージが苦手でもデートにつなげることができます。

マッチの段階から女性に好意を持ってもらうためにも、プロフィール写真や自己紹介文を充実させておきましょう!

Photojoy

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

PhotojoyMagazine編集部

累計撮影数17,004人超えの恋活・婚活のプロフ撮影サービスPhotojoyが立ち上げたWebメディア。 全国47都道府県での撮影体験を元にマッチングアプリでモテる写真やメッセージについて紹介します。

-マッチング