youbride(ユーブライド)

youbride(ユーブライド)のブロック機能の使い方や利用前の注意点とは

youbride(ユーブライド)のブロック機能の使い方や利用前の注意点とは

マッチングアプリyoubride(ユーブライド)で「自分のプロフィールを見せたくない」「今後一切のやりとりをしたくない」と思っている方もいるのではないでしょうか。

実はたった10秒で相手をブロックすることができるのです。
そこで本記事では、youbride(ユーブライド)のブロック機能について紹介します。

youbride(ユーブライド)のブロック機能とは?

youbride(ユーブライド)のブロック機能とは?

マッチングアプリのyoubride(ユーブライド)におけるブロック機能について紹介します。
ブロックとはその名の通り、相手との連絡をブロック(遮断する)することになりますが、マッチングアプリによってブロック機能が若干異なります。

では一体、youbride(ユーブライド)のブロックとはどんな機能になっているのか詳しく見ていきましょう。

youbride(ユーブライド)のブロック機能の使い方

youbride(ユーブライド)のブロック機能の使い方

それでは、マッチングアプリのyoubride(ユーブライド)アプリ内で実際に異性をブロックする手順について画像を使って紹介します。

たった10秒ほどでできるので、ぜひ覚えていってください。

  1. 相手のプロフィールを開く → 右上にある「・・・」をクリック
  2. youbride(ユーブライド)のブロック機能の使い方

  3. 「・・・」をクリック → 「ブロックする」を選択
  4. youbride(ユーブライド)のブロック機能の使い方

  5. 再度「ブロックする」をクリック → ブロック完了
  6. youbride(ユーブライド)のブロック機能の使い方

これでブロック完了です。本当に10秒でできるくらいすごく簡単にブロックすることができます。

youbride(ユーブライド)でブロックすると・されるとどうなる?

youbride(ユーブライド)でブロックすると・されるとどうなる?

youbride(ユーブライド)でブロックする方法を紹介しましたが、ブロックした側やブロックされた側の画面上ではどのように表示されるのかについて説明します。

お互いのプロフィールが見えなくなる

youbride(ユーブライド)のアプリ内でブロックすると、ブロックした側もブロックされた側もお互いのプロフィールが見えなくなります。そのため、どちらかがアカウントを作り直さない限りは、アプリ内で再会することはありません。

間違ってブロックしてしまった場合は、アカウントを作り直して再度マッチングする必要があるので、くれぐれもブロックする際は気を付けましょう。

「退会しました」と表示される

youbride(ユーブライド)でブロックすると、ブロックされた側には「退会しました」と表示されるようです。
そのため、ブロックしたい相手には、ブロックされた事実は通知されない仕組みになっています。

やりとりの履歴が削除される

youbride(ユーブライド)でブロックをすると、過去のメッセージのやりとり履歴が削除されます。

異性から何か嫌がらせをされたり、不快な思いをさせられてブロックすることになった場合、その原因となった会話のやりとり部分はブロックする前にスクショなどで保存しておきましょう。あとあと役に立つかもしれません。

ブロックは解除できない

youbride(ユーブライド)でブロックをすると解除することはできません。しかし、どちらかがアカウントを作り直すと、再度マッチングできるようになってしまいます。

そのため、完全にブロックすることはできないので、アカウントの公開設定を非公開などに設定するなどの工夫も必要になるでしょう。

youbride(ユーブライド)のブロック機能はいつ使うと良い?

それでは、youbride(ユーブライド)のブロック機能はどのタイミングで使うのがベストなのか。
youbride(ユーブライド)でブロックするおすすめのタイミングについて紹介します。

不快なアプローチをしてきた人がいた場合

足跡をたくさん付けてきたり、メッセージのやりとりの中であなたを不快にさせるような人がいた場合です。

そのまま我慢してメッセージを続けたり、マッチングしたまま放置するのではなく、あなたが嫌だと思ったら思い切ってブロックしましょう。

知り合いを見つけたとき

youbride(ユーブライド)で知り合いを見つけた場合は、そっとブロックしてあげましょう。お互いにとって最適な解決策になります。

やりとりを辞めたいとき

youbride(ユーブライド)でメッセージのやりとりをやめたくなった場合、ブロックしてもOKです。相手との会話が盛り上がらなかったり、何度もしつこくメッセージを送ってきた場合などにも使えるでしょう。

youbride(ユーブライド)のブロックと退会の見極め方

youbride(ユーブライド)のブロックと退会の見極め方

実は、マッチングアプリのyoubride(ユーブライド)でブロックされたかどうかを確認する方法があるのはご存知でしょうか。マッチング前とマッチング後で確認方法が異なるので、どちらも紹介します。

マッチング前に確認する方法

マッチング前にブロックされたかどうかを判断する方法は「足跡履歴」が手がかりです。

youbride(ユーブライド)には「足跡」という、あなたのプロフィールを見た異性が分かる仕組みが備わっています。そして、この足跡は、基本的には消すことができません。

もし足跡を消したいのであれば、相手を「ブロックする」しか方法はありません。
つまり、「相手が足跡履歴から消える=ブロックされた」ということです。

マッチング後に確認する方法

マッチング後にブロックされたかどうかを判断する方法は「メッセージの履歴が残っているかどうか」が手がかりです。

相手が「退会」していた場合は、メッセージの履歴は残ったままになる。
相手が「ブロック」していた場合は、メッセージの履歴もすべて見れなくなる。

このようにブロックされたかどうかを確認することができますが、ブロックされたかどうかを調べても時すでに遅しです。ブロックされた事実を確認するよりも、ブロックされないようにするにはどうしたら良いかを考えてみましょう。

youbride(ユーブライド)のブロック機能を使って安全に利用しよう

youbride(ユーブライド)のブロック機能を使って安全に利用しよう

いかがでしたでしょうか。マッチングアプリのyoubride(ユーブライド)のブロック機能について紹介しました。

上手にブロック機能を使って、快適なマッチングアプリライフを過ごしてください。応援しています。

youbride(ユーブライド)の料金や口コミ、アプリの使い方について徹底解説
youbride(ユーブライド)の料金や口コミ、アプリの使い方について徹底解説

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-youbride(ユーブライド)