アプリ

マッチングアプリにサクラはいない?危険人物の見分け方を紹介

fake

「マッチングアプリにサクラっているのかな?」

一昔前に流行った出会い系サイトにはサクラが存在していたとい話も耳にしますが、マッチングアプリにサクラはいるのでしょうか。

この記事ではマッチングアプリにいるサクラや危険人物の特徴について紹介します。

マッチングアプリにサクラはいない?

mask

サクラとは、ユーザーに課金させることや会員を水増しすることを目的としたユーザーのことです。マッチングアプリには基本的にサクラはいません。

多くのマッチングアプリは月額固定制なので、追加で課金させることを目的としたサクラは必要ありません。また、そもそも評判のいいマッチングアプリにはすでに多くの会員が登録しているため、サクラを雇わなくても成立しています。

以上のことから運営がサクラを雇うメリットがないため、マッチングアプリにサクラはいないので安心してください。

サクラではなく業者や危険人物がいる可能性がある

マッチングアプリにサクラはいませんが、業者や危険人物がいる可能性はあるので注意してください。

本来マッチングアプリはFacebookの連携、年齢確認書類による認証、通報機能などの安心機能があるので、で不審な人物がアプリ上にいる確率は低いです。

しかし残念なことに、そういった策をくぐり抜ける危険人物も一定数います。そのため、もし怪しい人物を見つけた場合は、通報機能を利用し接触を控えるようにしましょう。

マッチングアプリにいるサクラのような業者や危険人物

danger (1)

マッチングアプリに存在する業者や危険人物とはいったいどのような人物なのでしょうか。サクラ以外にどんな要注意人物がいるのかこの章で詳しく紹介していきます。

他会社の業者

業者とは他会社や外部組織に属している人の中で、アプリを営利目的として利用しているユーザーのことです。

マルチ商法、メッセージアプリへの課金、サイト紹介等をしてくることがあるので、怪しい勧誘をしてくる人には要注意です。

体目的のユーザー

体目的の危険なユーザーは、無料アプリや若い男女が登録する恋活目的のアプリに多いです。

過度に露出度が高い写真をプロフィールに設定している人や、マッチ後すぐにデートに誘う人、夜遅い時間帯に会うのを提案する人には気をつけましょう。

健全な恋愛を求めている場合は、登録している会員の年齢層が高めの、婚活サービスアプリを使うのもおすすめです。

既婚者

マッチングアプリは基本的に独身でパートナーのいない男女が登録するものですが、中には遊び目的で登録している既婚者もいます。

既婚者は家族に隠して利用している場合が多いので、土日に連絡が取れななかったり、個人情報を教えてくれなかったりします。

マッチングアプリでいいなと思った相手が既婚者だと気づかず数ヶ月経ってしまったという話もよく聞くので、しっかり見極めるようにしましょう。

【サクラはいない】マッチングアプリに潜む危険人物特徴

Dangerous person

マッチングアプリにサクラはいませんが、危険人物は少なからず存在します。危険人物の特徴をあらかじめ知っておくことで、自分の身を守ることができます。

この章ではマッチングアプリに潜む危険人物の特徴を紹介します。

顔が分かりにくいプロフィール写真

危険人物は大半の場合、個人を特定されたくないので、顔が分かりにくい写真をプロフィールに使っています

首から下しか写っていない写真、後ろ姿や遠目の写真、顔がぼかしてある写真は要注意です。

プロフィール写真の顔が整いすぎている

マッチングアプリを使っていると、まれに芸能人レベルの美女やイケメンを見かけることがあります。

中には本物も存在していますが、不自然なほど顔が整っている人物は、偽物や遊び目的の可能性が高いので注意してください。

平日の夜に会おうとする

平日の夜に会おうとするユーザーは、既婚者や彼氏、彼女持ちである場合が多いです。社会人は多くの人が土日休みなので、週末にデートに誘うのが普通です。

もちろんサービス業のように土日が仕事なことも考えられますが、平日にデートに誘う人は、仕事以外の休日会えない理由があることを疑った方がいいです。

土日は家族やカップルで過ごす時間につかい、平日に会える遊び相手を探しているという人もいるので、メッセージをする中で不審点があれば聞くようにしましょう。

自己紹介文が短い

危険人物の特徴として、自己紹介文が短いことが挙げられます。自己紹介文に個人情報を書いていない人は、自分の正体がバレないようにしているか、本気で恋人探しをしていないかのどちらかです。

また、投資、副業、夢、ご縁、人生一度きり、などが書かれてある人は副業させることを目的とした業者である可能性もあるので気をつけて下さい。

メッセージが定型文

危険人物は最初のメッセージが定型文になっていることが多いです。複数のユーザーに同時にメッセージを送るために、定型文を使用して効率よくさばいている可能性があります。

メッセージの内容が誰にでも送ることができるようなテンプレートになっている人はできるだけ避け、真面目に恋人を探している人とやり取りするようにしましょう。

メッセージの返信が早すぎる

メッセージの返信がいつも早すぎるユーザーには気を付けてください。勧誘を目的としたユーザーは常にやり取りができるように日中もスタンバイしていることが多いです。

盛り上がっている時に返信が早くくるのは嬉しいですが、あまりにも早すぎる人や、常にアプリにログインしている人は危険かもしれません。

連絡をメッセージと別の方法でとろうとする

マッチングアプリのメッセージと別の方法で連絡をとろうとしてくるユーザーには注意してください。個人情報を入手することや、別の課金制メッセージアプリへ勧誘することを目的としている可能性があります。

やり取りする中でメッセージからLINE(ライン)へ移行するのは一般的ですが、その他の怪しいメッセージアプリを提案された場合は要注意です。

マッチングアプリは業者や危険人物を見抜いて快適に利用しよう

Hold hands

マッチングアプリに登録しているユーザーにはサクラはおらず、真剣に恋愛をしたいと思っている人がほとんどです。しかしその中に一定数、業者や既婚者等の危険人物がまぎれている可能性もあります。

この記事を参考に危険人物の特徴を見抜いてマッチングアプリを快適に利用しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-アプリ