アプリ

「疲れた」との声が溢れるマッチングアプリの対処法を9つ紹介

2021年8月2日

matching app tired

PhotojoyMagazine編集部

累計撮影数17,004人超えの恋活・婚活のプロフ撮影サービスPhotojoyが立ち上げたWebメディア。 全国47都道府県での撮影体験を元にマッチングアプリでモテる写真やメッセージについて紹介します。

「マッチングアプリはもう疲れた・・・」

今日の日本において、マッチングアプリは人々の生活に浸透しています。
しかし、マッチングアプリを使っている人なら共感できる人も多いかと思いますが、マッチングアプリをずっと使っていると「疲れます」。

・思うようにマッチングできない
・メッセージが面倒くさい
・出会えない
etc...

マッチングアプリを利用する中でストレスを感じてしまい、結局パートナーを見つけるまでに至らない人も実際には多いと思います。

そこで本記事では、マッチングアプリで疲れてしまったときの対処法を紹介します。

一度気持ちをリセットして、素敵なパートナーを見つけましょう。

▼この記事のまとめ
・マッチングアプリで疲れた人は8割
・疲れの原因は、「好みの人がいない」「マッチングしない」「メッセージがめんどくさい」
・疲れたら一回離れるのもおススメ

Photojoy

マッチングアプリに疲れを感じる人が8割も

matching app tired experience

提案型マッチングサービス「knew」調べによると、マッチングアプリユーザーの約8割が「マッチングアプリ疲れを感じたことがある」と回答しました。

questionnaire

(出典:PRtimes、「約8割が“マッチングアプリ疲れ”を経験 出会えるようで出会えない「マッチング迷子」に陥る人が増加!」

つまりほとんどの人がマッチングアプリに疲れたと感じたことがあります。

マッチングアプリに向いてないから恋人が一生できないかもと不安になることはありません。

マッチングアプリでなぜ疲れを感じる?

reason

マッチングアプリの疲れに関して400人に取ったアンケート結果から疲れる原因を紹介します。

(出典:PRtimes,「約8割が“マッチングアプリ疲れ”を経験 出会えるようで出会えない「マッチング迷子」に陥る人が増加!」

▼マッチングアプリで疲れる理由
第1位:好みの相手が見つからない
第2位:マッチングしない
第3位:メッセージがめんどくさい

好みの相手が見つからない

マッチングアプリで疲れを感じた人の中で最も多かった原因が、好みの相手が見つからないということでした。

「マッチングアプリなら自分好みの相手を見つけることができる!」と意気込みすぎてしまうと、この原因に陥りやすいでしょう。

マッチングアプリは登録者が数万人以上いるので、多くの人から検索ができるというメリットの反面探すことが大変になっています。

もし、検索をしても良いと思える人がいないのであれば、思い切って条件を厳しくして検索をすることも良いでしょう。

マッチングできない

次に多かったマッチングアプリ疲れの原因は、マッチングできないということです。

マッチングアプリではマッチングしないと何も始まらないため、マッチングできないということは多大なストレスになってしまうと予想できます。

時間をかけて探してもマッチングしないと疲れを感じますよね。

アンケート結果では、一日にかけるマッチングアプリの時間が短いほうが疲れを感じにくいという結果が出ているの、気楽にマッチングアプリを利用するのも良いでしょう。

メッセージがめんどくさい

マッチングアプリで疲れを感じてしまう原因は、メッセージのやり取りが面倒くさいことです。
特に女性に多いと言えるでしょう。

なぜなら、マッチングアプリでメッセージのやり取りをする相手は初対面のため、多少なりとも相手に気を遣ってしまうことによって、気疲れしてしまうことが原因と考えられるでしょう。

マッチングアプリでもメッセージのやりとりが少ないDineを使ってみたり、いっそのことメッセージのやり取りがない結婚相談所へ行くのも良いでしょう。

マッチングアプリが原因で疲れたときの対処法

refresh

それでは、マッチングアプリで疲れを感じてしまったときはどうすれば良いのでしょうか。

マッチングアプリへの意欲がなくなってしまったときの対処法について紹介します。

マッチングアプリを辞める

マッチングアプリのせいで疲れてしまったら、マッチングアプリを一度辞めてみることを検討してみてください。

マッチングアプリが疲れの原因なら、その原因すべてを取り除くことが最も効果的でしょう。

ただし、特定のマッチングアプリは一度退会すると一定期間は再登録ができない仕様になっていますので、注意しておきましょう。

もし少し退会するのが嫌なら、休会という機能もあります。

送るメッセージ内容を決めておく

マッチングをしてから1通目に送るメッセージをあらかじめ決めておくと疲れなくなります。

一人一人に合わせたメッセージを送ることは素敵ですが、考えることに疲れてマッチングアプリを続けられなくなってしまっては本末転倒です。

最初の数通はある程度決まった内容を送っても大丈夫なので、用意をしてみましょう。

メッセージの返信時間を決めておく

メッセージの返信の時間を決めておいて他の時間は開かないようにしてみてください。

マッチングアプリを常に開いてないといけないプレッシャーも疲れの原因です。

お昼休みや夜の21時からだけメッセージを返すなど決めておけば、24時間ずっとストレスを感じないようにできます。

同時にマッチングする人の量を減らす

マッチングアプリでは多くの人とマッチングができてしまうので、メッセージの量も増えてしまい疲れてしまいます。

一度にマッチングをする人数を自分が疲れない程度まで減らすようにしてみてください。

早めに会いたいと伝える

メッセージが疲れるのであれば、早めに会いたいと伝えておきましょう。

プロフィールの欄を「早めに会いたい」と設定したり、自己紹介文に「好きなカフェがあるので一緒にいきたいです」など、会うことを前提としたプロフィールにすることもおすすめです。

緊張しなさそうな人とマッチングする

マッチングアプリで疲れてしまう人の中には、自分に見合わない相手を探し求めていることがあります。

不釣り合いだと分かっていても「マッチングアプリならもしかすると」という淡い希望があるかもしれませんが、結局うまくいかないことが多いです。

誰と会っても疲れてしまうと感じるのであれば、マッチングしている相手の属性を180度変えてみることもおすすめです。

短期間だけ集中してやる

マッチングアプリで疲れを感じない方法には、短期間で集中してやることです。

だらだらとやらずに、自分で期間を決めて短期間で見つけてみましょう。

長い時間をかけてじっくり探すよりも、短期間でがっつり探す方が効率よく相手を探すことができます。

毎日マッチングアプリを開かなくても、1日20分だけはいいねを送る!と決めて利用することもおすすめです。

【撮影業者7社を比較】マッチングアプリ用のモテる撮影はプロにお任せ!

休みの日には休む

マッチングアプリをやっている人なら共感できると思いますが、マッチングアプリに登録すると毎日アプリにログインしてしまいます。

そのため、仕事の休憩の合間や仕事終わり、休みの日までも利用することになり、四六時中マッチングアプリのことばかりを考えてしまうため、疲れを感じやすくなってしまいます。

休肝日のように、休マッチングアプリ日を作ってみましょう。

アドバイスをしてくれる人を見つける

マッチングアプリは、一人でやるよりも悩みを共有できる友人を集めて一緒にやることをおすすめします。

なぜなら、友達と一緒ならゲーム感覚で楽しく利用することができるためです。

悩みは一人で抱えずに誰かと共有して、常にフレッシュな状態でマッチングアプリを利用してみましょう。

マッチングアプリで疲れてしまったら一息つこう

maching app good partner

ここまで、マッチングアプリ疲れの原因とその対処法について紹介しました。

マッチングアプリには普段出会いない人と出会えるチャンスが転がっているのものの、それ以上に失敗やストレスを感じることがあります。

また、マッチングアプリでストレスを感じることなく、全てが上手くいく人はいないため、適度にリフレッシュしながらマッチングアプリを利用するが重要です。

それでは、マッチングアプリで疲れを感じることなく、素敵な相手を見つけてみましょう。

Photojoy

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

PhotojoyMagazine編集部

累計撮影数17,004人超えの恋活・婚活のプロフ撮影サービスPhotojoyが立ち上げたWebメディア。 全国47都道府県での撮影体験を元にマッチングアプリでモテる写真やメッセージについて紹介します。

-アプリ