Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードとは何か、利用方法や料金について解説

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードとは何か、利用方法や料金について解説

Pairs(ペアーズ)は累計会員数1,000万人を超えるマッチングアプリ。「いつか知り合いにバレてしまうのでは?」そんな不安を覚えたり「絶対バレたくない!」という方もいるでしょう。

Pairs(ペアーズ)では身バレを完全に防止してくれる「プライベートモード」という機能があります。どういった機能なのか、身バレが怖いと感じている方はぜひ読むのをおすすめします。

Pairs(ペアーズ)で身バレを心配する声も

Pairs(ペアーズ)で身バレを心配する声も

出会いを求めてPairs(ペアーズ)を始めても、利用者数が多いこともあり身バレを心配する声も。

友達はもちろんですが、特に会社の上司や部下にマッチングアプリに登録していることがバレたくない方は多いでしょう。

Pairs(ペアーズ)の利用はバレる?口コミ・評判は?

Pairs(ペアーズ)の利用はバレる?口コミ・評判は?

そもそもPairs(ペアーズ)で身バレするのか疑問に思う方もいるかもしれません。

実際に利用している方の口コミを調査するために、Twitterで「ペアーズ バレた」などで検索してみました。その結果見つかったツイートの一部を紹介します。

このように、ペアーズを利用してバレた経験がある方は少なからずいることが判明しました。この結果から、ペアーズは身バレする可能性があると言えます。

では、ペアーズで身バレしないための防止策はあるのでしょうか。

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードとは?

Pairs(ペアーズ)の「プライベートモード」とは?

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードは身バレを防ぐ有料の機能です。購入すればプライベートモードが適用され、簡単にON/OFFを切り替えることできます。

プライベートモードは以下の3つの機能で身バレを完全に防ぎます。

  1. 検索結果やコミュニティで自分が非表示に
  2. 足あとがつかない
  3. 自分がいいねした相手にのみ表示される

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

検索結果やコミュニティで自分が非表示に

プライベートモードをオンにすると検索結果で自分が表示されなくなるため、不特定多数の相手から閲覧されることがなくなります。

通常はコミュニティにアクセスすると、参加している会員の閲覧が可能です。しかし、プライベートモードをオンにすればコミュニティに参加していても非表示になるため、身バレを防ぐことができます。

足あとがつかない

Pairs(ペアーズ)は相手のプロフィールを閲覧したときに足あとを残す設定になっているため、知り合いに身バレする可能性が高まります。しかしプライベートモードをオンにすると、足あとがつかなくなるため、相手のプロフィールを見たことが知られません。

また、プライベートモードをオンにする前につけていた足あとも表示されなくなります。

自分が「いいね」した相手にのみ表示される

「一覧に表示されず足あともつかなければマッチングできない」と不安に感じるかもしれませんが、プライベートモードには「いいね」した相手のみに表示される機能があります。
そのため、自分から積極的に「いいね」を送ればマッチングすることは可能です。ただし、間違えて知り合いに「いいね」を送らないように注意しましょう。

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードの料金は?

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードの料金は?

月額の料金は以下のようになっています。

Apple ID決済Google Pay/クレジット決済
1ヶ月4,100円/月2,980円/月
3ヶ月3,400円/月(10,200円)2,560円/月(7,680円)
6ヶ月2,300円/月(13,800円)1,990円/月(11,940円)
12ヶ月1,650円/月(19,800円)1,080円/月(12,960円)

利用するOSによって月額料金が変わるため注意が必要です。

また、より長いプランのほうが、1ヶ月あたりの料金は安くなっています。ただし、いきなり長いプランを申し込むのが不安という方は、短いプランで試してみてください。

また、プライベートモードは男性も女性も料金が発生します。

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードにデメリットはある?

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードにデメリットはある?

どうしても身バレを防ぎたい方にプライベートモードはおすすめですが、様々なデメリットが生じることも把握しておく必要があります。マッチングアプリでは致命的とも言えることなので、しっかりと理解したうえで利用しましょう。

マッチング率が下がる可能性あり

相手に自分の存在を知ってもらうには、自分から積極的に行動しなければならず、結果的にマッチング率が下がります。さらに、プライベートモード同士ではマッチングしないことも大きなデメリットです。

男性の場合は「いいね」を大量に使用することになるため、すぐに「いいね」の数が足りなくなってしまうことも懸念されます。

利用料金が高い

プライベートモードは有料で、毎月料金が請求される課金制です。お試しで1ヶ月使ってみても2,560円がかかってしまいます。

また、男性の場合はプレミアムオプションも購入しなければメッセージなどの機能が利用できないため、最低でも月額6,860円が必要です。マッチングアプリを利用するコスパを考えると料金が高いと感じてしまいます。

Pairs(ペアーズ)でプライベートモードを使うときの注意点

Pairs(ペアーズ)でプライベートモードを使うときの注意点

完全に身バレを防げるPairs(ペアーズ)のプライベートモードですが、いくつかの注意点があります。知り合いや会社の同僚などの身バレが怖いから利用しようとしている方も、後悔しないためにも確認しておくことをおすすめします。

足あとを残すだけなら無料でできる

プライベートモードの「足あとがつかない」機能ですが、無料会員でも足あとを隠すことができます。

各種設定にある足あと設定から「足あとを残す」をオフにするだけ。そのため、足あとを残すだけなら、プライベートモードに課金する必要はありません。
プライベートモードは「プロフィールは最小限の方にだけ公開したい」という方におすすめです。

ほとんどの男性は課金する必要がない

Pairs(ペアーズ)で完全に身バレを防ぐためには、プライベートモードは欠かせません。しかし、その代償として女性とのマッチング率が大幅に下がる可能性もあります。

「いいね」がたくさんくる男性は別ですが、ほとんどの男性はプライベートモードを利用する必要はありません。どうしても身バレを防ぎたいという方は利用することをおすすめします。

無料でPairs(ペアーズ)における身バレを防ぐ方法

無料でPairs(ペアーズ)における身バレを防ぐ方法

Pairs(ペアーズ)では、無料で身バレを防ぐ方法があります。プライベートモードのように完全に身バレを防げるわけではありませんが、マッチング率を下げずに対策可能です。
Pairs(ペアーズ)で知り合いにバレないための2つの方法を紹介します。

Facebookで登録する

Pairs(ペアーズ)の登録には3つの方法があります。ここで知り合いにバレにくい登録方法はFacebookでの登録です。

Facebookで登録すると、Facebookでつながっている友達には公開されなくなります。すでに別の方法で登録している方も登録し直してみましょう。

知り合いは即ブロック

Pairs(ペアーズ)にはブロック機能があります。ブロックすることで、自分の情報が相手に表示されなくなります。

足あと機能をオフにして検索しているときに知り合いを見つけたら即ブロックすることで知り合いにバレる危険性は大幅に軽減されます。

身バレが心配ならPairs(ペアーズ)のプライベートモードはおすすめ

身バレが心配ならPairs(ペアーズ)のプライベートモードはおすすめ

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードは、マッチングアプリを使ううえで多くの方が不安に感じている身バレを完全に防ぐことができます。しかし、プライベートモードを使うことでマッチング率が下がることも理解しておかなければいけません。

Pairs(ペアーズ)は利用者数も多くコミュニティ機能もあるため、アプリ上で多くの方を見つけられますが、どうしても身バレを防ぎたいという方は、課金の必要があることやデメリット知ったうえでプライベートモードを利用しましょう。

Pairs(ペアーズ)の口コミや使い方、料金や機能について徹底解説

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-Pairs(ペアーズ)