アプリ

身近に潜むマッチングアプリの事件5選!安全にアプリを利用する方法

2021年11月30日

summary accident matting app

マッチングアプリを利用してみたいけど危ない事件などが起きていないか心配という方は多いはず。そこでこの記事ではマッチングアプリの事件について紹介します。

マッチングアプリで実際に起きた事件5選

woman smile and smartphone

それではマッチングアプリで起きた事件について紹介します。今回はイメージしやすいように実際に起きた事件を取り上げています。

男性をホテルに誘い窃盗、女2人逮捕(2021年5月)

記事によると逮捕された女性は出会い系のマッチングアプリを悪用し、知り合った男性から現金などを盗んだ女性(31)2人が逮捕されました。

女性は、マッチングアプリで知り合った男性(31)に「今から池袋で会える人はいませんか?」と声をかけてホテルに誘い込み、男性がシャワーを浴びている隙に、現金約4万3千円が入ったバッグを盗み逃走しました。

女性は、男性とホテルの前で待ち合わせをし、その後一緒に入室。現金などを盗んで出てくるまでに約10分しかかからなかったそうです。

(出典:FNNプライムオンライン「甘いワナを窃盗に悪用した女2人逮捕」

男性がシャワーに入っている間に現金を奪うというのはよくある手口のようです。男性はこのような事件が起きる場合があるので気をつけましょう。

仮想通貨詐欺で1000万円の被害(2021年8月)

こちらの事件は仮想通貨の詐欺事件です。札幌市に住む30代女性は、マッチングアプリを通じて台湾人を名乗る男と知り合い、仮想通貨による投資話を持ちかけられました。

男から投資サイト運営者を紹介され、仮想通貨を2回にわたり送ったところ利益を得られたため、さらに3回にわたり計約1000万円分の仮想通貨を送りました。

しかしその後「利益は出ているが、税金分を払わないと引き出せない」などと追加での送付を要求されるだけで、一切返金されなくなったということです。

(出典:マッチングアプリで知り合った“空間デザイナー”にビットコイン約1000万円分だましとられる)

何度か取引をして信頼を得た後に詐欺に合うという事件はよくあるようです。お金のやりとりは極力個人間でしないようにしましょう。

個人情報を偽り、妻子持ちを隠して複数の女性と交際(2018年9月)

こちらの事件は女性が気をつけるべき事件です。2018年9月に婚活アプリ「ゼクシィ縁結び」で知り合った電通社員の男性X氏と、結婚を前提に交際していたA子さん(42)。

2019年7月、横浜でのボランティア活動中に、同じ男性と同時進行で交際していたB子さん(42)と奇跡的な出会いを果たします。そこからX氏が語っていた名前、年齢、仕事、生い立ちなどすべてが嘘だったことが発覚し、妻子がいることを隠してA子さんやB子さんと交際していたことも明らかになりました。

2019年の末に、X氏に騙されたA子さんとB子さんがX氏の妻を訪ね、夫婦関係に悩んでいた妻も含めた3人で被害者の会が結成されました。

その後日本各地の被害者が会に加わり、貞操権侵害を理由にそれぞれ200万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こしました。
(出典:文春オンライン,「《連続不倫訴訟》40代電通マンを“被害女性の会”が追い詰め、ついに初公判! X氏は直撃に「同時進行の恋愛の一環」」)

こちらは男性の不倫問題のようです。既婚者には気をつけないといけませんね。

女性を置き去り、財布から現金引き抜く(2021年8月)

マッチングアプリで知り合った女性をコンビニに行かせた隙に、現金を盗んだ疑いで土木作業員の男(23)が警視庁に逮捕されました。

容疑者(23)は、女性(22)のバッグから現金およそ2万4000円を盗んだ疑いが持たれており、出会いから事件まではわずか2日でした。

被害女性と容疑者はマッチングアプリPairs(ペアーズ)で事件前日に知り合い、LINEでやりとりを交わした後、都内の自宅で落ち合うことになりました。

女性を送る際コンビニに立ち寄り、「自分はマスクをしていないからだめだ」と話して車に戻って女性の財布から現金のみを抜き取って車で逃走しました。

(出典:FNNプライムオンライン「女性置き去り男 財布から現金抜き取りドロン」

こちらは男性が女性のバッグを奪って逃走したようです。あまり親しくない人に対しては貴重品は男女ともに持ち歩くようにしましょう。

omiai 個人情報流出(2021年4月)

こちらの事件は企業の個人情報の流出についてです。

2018年1月31日~2021年4月20日の期間に登録されていた、運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバーカード表面などの画像データ171万1756件が流出しました。

このうち9割超が運転免許証、健康保険証の画像データで、8月11日時点で2次被害などの発生は確認していません。

(出典:日経Xtec「Omiaiで個人情報が流出」)


omiaiの運営会社である株式会社ネットマーケティングは再発防止策を公式文章で発表しています。

これまでは年齢確認書類データを暗号化せず、ユーザーの退会後10年間にわたって保存するポリシーでしたが、12月1日にデータ管理ポリシーを変更しました。

年齢確認書類データはユーザーの提出から72時間で自動削除し、会員の個人情報は退会後90日で削除するよう改めています。

(出典:株式会社ネットマーケティング「会員様情報流出の調査結果と今後の対応について」)

Omiaiを運営する企業が個人情報の流出をしてしまったようです。こちらの事件は個人では気をつけようがありませんが、個人情報の取り扱いは怖いということが分かる一件でした。

マッチングアプリで事件の危険を防ぐポイント

man and woman talking

様々な事件を見ましたが、マッチングアプリでの事件を防ぐ方法について紹介します。

本人確認がない人とはマッチしない

本人確認がない人とはマッチングしないようにしましょう。本人確認ができていないということはなりすましや年齢詐称の可能性があります。プロフィール写真が偽物の可能性もあります。露出度が高すぎる写真にしている人も業者かヤリモクで危険なので注意しましょう。

プロフィールのキーワードで判断する

プロフィールのキーワードで判断するのも有効な手です。詐欺にあわないためには副業、投資などが自己紹介文に書かれていると危険です。真面目に婚活している自己紹介文を見極めるようにしましょう。

すぐにLINEを交換しない

すぐにLINE交換をしないこと事件に合わないために重要です。QRコードやIDが悪用される恐れがあります。マッチングアプリ上でのやりとりで怪しい人かどうかを見抜き、親しくなってから交換するようにしましょう。

LINEで送られてきたURLを押さない

LINEでやりとりが始まったら相手が送ってくるURLに注意です。URLにはウイルスなどが入っている場合がありますし、他のお金がかかってしまうサイトに誘導されてしまう可能性もあります。不審なリンクは避けるようにしましょう。

初デートは一週間以上経ってから

初デートに早くに誘ってきても早くに応じてはいけません。最低でも一週間以上はやりとりをしましょう。すぐにでも相手を騙したい人や体目的の人には時間を置くことで対処することができます。

夜遅くのデートに誘う人と会わない

夜遅くのデートに誘う人は体目的の可能性が高いです。避けるようにしましょう。初めての人にはランチやお茶などでお酒を飲まずに会えると危険度がぐっと下がります。

密室で会わない

密室で会わないというのも重要です。家やカラオケボックス、車の中はもし身に危険が起こっても助けを求めることができません。待ち合わせも人が多い場所にすると安全です。

マッチングアプリは事件に注意して安全に利用しよう

man and woman drinking alcohol

マッチングアプリでは自分の危険は自分で守れるようにしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

PhotojoyMagazine編集部

恋活・婚活のプロフ撮影サービスに特化したPhotojoyが立ち上げたWebメディア。女性に嫌われないための外見と恋活・婚活で上手くいくための情報を総合的にプロデュースしています。

-アプリ